2018年8月18日 (土)

中国製品に納得出来るか・・・カメラ用周辺アクセサリー器具

巷に溢れる中国製品を有効に使う

 しかし面白い時代だ。いつの間にか今の日本で、「Made in Japan」という製品は、間違い無しの優良品の代名詞になっているのだ。
 ところが爆発的人気のミラーレス・カメラ「Sony α7Ⅲ」は日本の優良品と信じているだろうが生産は中国で"Made in China"である。こうした精密機器に近いものでも例えばニコン・カメラも"Made in Thailand"が多い、その他諸々の製品も"Made in Philippines "、"Made in Laos"などなど巷には満ち溢れている。と、言うことは"日本"、"日本"と言うけれど、既に日本近隣の韓国、台湾は勿論、東南アジアでも、既に日本と同等あるいはものによってはそれ以上の品質の生産能力を持っているのだ。

 そこで、最近カメラ関係の周辺アクセサリー器具を「Made in China 」で買ってみたのである。どうしてかというと、お解りのように価格は日本生産製品の1/2 からものによって1/10なんてこともあって、その点では魅力なんだなぁ~~。
   
 ① 「SmallRig  Sonyα7Ⅲ、 Sony α7RⅢ、Sony α9 専用ケージLブラケットキット」
710smkidysl__slw
 
これがなかなか使用感が良いし、見た目もそれなりの質感を持って出来ていて重宝している。特にSony αシリーズは小型が売り物であるだけ、グリップを握って持った時に少々小指のひっかかりが少なく固定感がやや不安。このブラケット・キットを装着すると、これが快適なんですね。
815vcyfqetlw
 そして国際基準のArca Swissで出来ているために、三脚への取り付け時そのシューへの装着も楽という代物。又これに撮影諸機器の取り付けも出来る。これに関しては価格も含めて中国様々であるのだ。なんとその価格は日本製の類似品の明らかに1/3位で、品質も負けていない。

② 「INPON  汎用L型クイックリリース・プレート・ブラケット アルカスイス互換」

71ogyjrcgfl__slw


 これは、Canon, Nikon, Sony, Pentax, Fujifilm, Olympus,Panasonic などなど全てに対応したL型ブラケットなのだ。これによって三脚への固定はどうかと思ったが、全く問題ない。そして驚くなかれ、価格は税込み1,000円少々なのである。駄目でもともとと思って買ってはみたが、驚きの価値あり品だった。

「自由雲台econtrolly ボールヘッド クイックシュー付 」
  
71b2rhgavll__slwjpg
  360度回転可能、耐荷重量8Kg以上、アルミ製というところ。これが購入してからよく見たのだが、製品名ロゴが入っていない。自由雲台のボールの動きが無抵抗の完全スムーズ運動というわけには行かないが、使用に当たって全く問題なし。3コントロール・ノブ固定で良好。水準器も二方向に付いている。
  撮影時の三脚固定において、フルサイズのビックカメラは問題だろうが、ミラーレス機であれば全く固定もしっかりしていて文句なし。立派に役目を果たしている。3/8→1/4変換パーツも付いている。
  そしてこの規模のモノは20,000円ぐらいするのだが、なんと1/10位の値段。それじゃ文句も言えないというところ。

④  「INPON クイックリリース クランプ アルカスイス互換 」

71wkn7kl0xl__slw
  これは私は三脚でなく一本足にカメラを固定するに使ってます。もともと一本足は、私の技法では、きゃしゃなもので十分目的を果たしてくれるので、カメラ固定はこれで十分。なんとお値段税込み1,000円少々というもの。
 


⑤ その他、レンズ・マウントなど・・・

61dwqzvcxflw
 私の場合は、レンズ・マウント・アダプターを多用しているのですが、それが殆どレンズごとに1ヶづつ付けるという贅沢使用の為、かなりの数が必要となるも、K&F Conceptはじめ殆ど中国製で賄っている。これがかなり私の財政を援護していてくれるのです。この場合の注意は、有用な品探しに、使用したユーザーの報告を十分耳に入れて購入する。数ある中から選ぶのも楽しいもので、この努力は結構有効で、暇つぶしには最高のこと。

 見てのお解りのように、カメラの肝心の究極のポイントもの例えばレンズそのものとかカメラ本体に関するもの等にはこうした製品は買っていないというのが、私の現状。しかしこのようなアクセサリー用品をこのところ買って使用していると、かってのように全く使い物にならないというものは殆ど無くなってきている。従ってこれからは、もっと対象が広がるだろうと思っているのだ。

 昔は米国や欧州などでは、「Made in Japan」と言えば、安物、半端物ということの代名詞の時代もあった。しかし今や全く逆の展開、カメラや自動車に関しては最も世界で信頼がある。時代は流れているのだ、中国製品をバカに出来ない時は、刻々と迫っているようにも思うのであるが・・・・それは私だけであろうか。日本もうかうかしていられない時代が迫っていると私は感じている。

(参考)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

ホリー・コールHolly Coleの映像版「40. Internationale Jazzwoche Burghausen 2009」

重量級の存在感でのヴォーカル・パフォーマンス

<Jazz>
HOLLY COLE 「40. Internationale Jazzwoche Burghausen 2009」
Live at 40. Internationale Jazzwoche Burghausen 2009, Germany

Bjazz

Holly Cole – vocals
Aaron Davis – piano
John Johnson - tenor/soprano/baritone sax, bass clarinet
Marc Rogers – bass
David Direnzo - drums, percussion

 2009年ドイツにおけるライブをプロショット収録した映像版で、最近ブートで配布され、YouTubeでもお目見えしている。決して新しくないが、Holly Colleの場合、10年近く前という印象は無い。彼女は1963年生まれでこのライブは45歳位だが、既に貫禄十分。カナダ出身の彼女はあの”コーリング・ユー”(1991年)でもう25年以上も前に日本でもブレイク、なんと女性ファンが多く支持したところがちょっと異色だった。その後の彼女はやっぱりジャズ・ヴォーカルとしてはなんとなく異色の範疇に入るのだが、その存在感は重量級で、アルバムも寡作だがしっかりファンは根付いている。先日来日し又久しぶりのアルバム『HOLLY』もリリースされここでも取りあげたところだ。

Fc2trw_2(Tracklist)
01. Frank's Theme
02. Tango Till They're Sore
03. Down, Down, Down
04. Shiver Me Timbers
05. Little Boy Blue
06. Good Old World / Take Me Home
07. Train Song
08. (Looking For) The Heart of Saturday Night
09. Walk Away
10. Invitation to the Blues
11. Closing Time
12. Jersey Girl
13. Soldier's Things
14. Black Market Baby
15. The Briar and the Rose
16. Whistlin' Past the Graveyard
... e n c o r e ... 17. Love Lies

 不思議にこうゆうパターンってあるんだなぁ~~と、このホリー・コールって惚れ込んだってことは無いのだが、なんとなく彼女のアルバムとか映像版となると、聴いたり観たりしてみたいって感じになるところにあるのだ。
 このライブものは、冒頭の" Frank's Theme"もステージのバックで表に出ずに歌い始めるという手法で、途中でステージに就くともう圧巻で、バックのカルテットも霞んでしまう。相変わらずの節回しはホリー・コール節で特徴がある。声もスモーキーであり、そうはいっても高音は伸びる。発声がちょっと癖があるが彼女そのものというところで容認してしまうのだ。
 選曲もそれほど一般的というか、ポピュラーなものに絞っているのでなく、やはり彼女のアレンジを施してのホリー・コール世界に特化したものを演ずるといったなかなかの主張派でもある。

Hc3w
                                   (Japan Live)

 私の好みからすると. "Invitation to the Blues"のやや前衛がかったバック陣の演奏としっとりしたヴォーカルのこのタイプがいいですね。その他インストゥルメンタル演奏で "Closing Time"は、 John Johnsonの哀愁がかったサックス演奏もなかなか聴かせてくれる。
   "Soldier's Things"のような語りかけるようなヴォカール、又 " The Briar and the Rose"のようにソロに近い歌い込みなどを聴くと、やっぱり上手い歌手であることが解る。
 とにかく大人のジャズ世界ムードは貫かれていて、なかなか魅力あるライブである。

(評価)
□ 演奏・歌     : ★★★★☆
□ 映像・サウンド : ★★★★☆☆ 

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

懐かしの海外スナップ集(6) ペーチュ(ハンガリー)第6集

ペーチュPécs(ハンガリー)スナップ最終編    

Mamiya645afd_2

2000年5月撮影

撮影機器:Mamiya 645 AFD , Mamiya ZOOM AF 55-110mm 1:4.5
フィルム: posi-film KODAK E200

「青春」

Pecsktrw


「歴史に耐える」

Pecsltrw


「生活の道」

Pecsjtrw

 これらを撮影した今から18年前の当時、やはり35mmカメラは少々物足りないと言うことで、ブローニー版のカメラを結構使いました。しかしブローニー版(120、220フィルム)の6x9、6x7、6x6、6x45版撮影となると(最も小さい6x45でも、135フイルムを使う35mm版に比べると撮影フィルム面積は2.7倍と大きくなる)、操作はマニュアル機が主力であった。そこでオートフォーカスによるスナッピンク撮影に耐えられるカメラとしてこの「Mamiya 645AFD」を結構使ったのです。しかしこれが思いの外、重量級である。それでも頑張ってこのペーチュを訪れた時には併行したのでした(この55-110mmのズーム・レンズも重い)。今思うによくこの重さのカメラを持って行ったものだと感心するというところなんです。
Mamiya_645df_500
  このカメラは、フィルムバックは交換式になっており、それがその後デジタル・バックの開発が進んでデジタル機としても使えるカメラに変身(当初からそれを見据えて開発されていた)、その為プロには結構使われた。
 そして現在は「Mamiya DF+」(→)と進化して、完全な中版デジタル機となっている。今や、APS-Cからフルサイズ(35mm版)とデジタル機も画像センサーが大きくなる方向にあるが、この6x45サイズの更なる大きなセンサーの中判デジタル機もここに来て話題になっているのである。

☆この「懐かしの海外スナップ集」は・・・
  私の別室ブログ「瞬光残像」
http://photofloyd.exblog.jp/と連携しています

(視聴)

*        *

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

ジェフ・ベックJeff Beckの映像版「JEFF BECK BARCELONA 2018」

ジェフ・ベック・ニュー・グループはチェロの導入でムード倍増

<Rock>
[DVD] Jeff Beck「JEFF BECK BARCELONA 2018」
            Festival Jardins Pedralbes 2018


Barcelona2018

Live at Jardins del Palau Reial de Pedralbes, Barcelona, Spain 28th June 2018

 Jeff Beck - Guitar
Rhonda Smith - Bass
Vinnie Colaiuta - Drums
Jimmy Hall - Vocal
Vanessa Freebairn-Smith - Cello

Vannssaw この春、欧州公演(19公演)をこなしたジェフ・ベック、そのついこの間の2018年6月28日の「バルセロナ公演」の映像版だ。これは勿論、ブートの世界だが、なんと最前席でのオーディエンス・ショット。こうゆうのがどんどん出てくる今日は、昔を思えばなんと有り難いことか。

 今回は、なんと言ってもこのところのジェフのお得意のアイルランドの民謡である曲" Mna Na hEireann (アイルランドの女達)"をチェロを交えての演奏だ。ジェフのこと、やっぱり美人チェロリストを連れてきた。それはヴァネッサ・フリーバーン・スミスVanessa Freebairn-Smith だ(→)。彼女はアメリカ人で、私がなんとなく知っているのは美女ヴァイオリニストのリリ・ヘイデンとの共演がかってあったというところだ。もともとこの曲は、2011年には、やはり美女ヴァイオリニストのシャロン・コア-Sharon Corrとも演じていて、とにかくジェフの美女共演シリーズのお得意曲。アイルランド民族運動で死んでいった悲しき女性達を表現豊かに描き訴えてくる。ヴァネッサは、この曲ばかりでなく全曲にチェロを演じている。いやはやジェフのロックはまだまだ進化しているのである。

16_0728_stevehefterw(Setlist)
1. Intro
2. Pull It
3. Stratus
4. Nadia
5. You Know You Know
6. Morning Dew
7. I Have to Laugh
8. Star Cycle
9. Lonnie on the Move
10. Mna Na hEireann
11. Just for fun
12. Little Wing
13. A Change Is Gonna Come
14. Big Block 
15. Cause We've Ended As Lovers
16. You Never Know
17. Brush with the Blues
18. Blue Wind
19. Superstition
20. I Want to Take You Higher (with Ruth Lorenzo)
21. A Day in the Life
22. You Shook Me
23. Going Down

 ここ数年若さは全く変わりの無いジェフ・ベック、ここでも往年のキャリアを誇る曲群を展開。"Stratus" 、"Big Block"、  "Nadia"そして愛すべき曲"Cause We've Ended As Lovers "、更にオーディエンスからも拍手の多い" Brush with the Blues "などサービス満点。
 又メンバーではVinnie Colaiuta のDrumsが復活、 それとこのところお決まりのRhonda SmithのBassだ。Jimmy Hall のVocalも入る。 しかし今回はチェロを加えてのなんとも不思議な異色バンドとなっている。

Ruthlorenzoactuandow やっぱり、"You Know You Know" が結構楽しい演奏であり、Rhonda Smithのベース・ソロ、Vinnie Colaiuta のドラム・ソロも交えてくれる。私の注目曲。
 先にも話にあげた"Mna Na hEireann" が目玉だが、今回のもう一つの目玉曲は" I Want to Take You Higher" だ。この曲ではスペイン出身の女性シンガーのルート・ロレンソRuth Lorenzo(→)の登場。この歌手私は知らなかったが、歌も聴き応えあるが、更にアクション共々その激しさは見応え十分。ちょっと注目してしまった。
 そして最後には"A Day in the Life" を聴かせ、アンコールへといった内容。

 全体にちょっと残念なのは、カメラの位置から美女のチェロリスト・ヴァネッサが十分とらえられていなかったことだ。まあブートとしてはジェフは完璧に捕らえた期待に答えた映像だから、許すといったところであろう。これは次なるオフィシャル映像版にでも期待を持たせられたと言うことで、もう一つの楽しみを残してくれた。

(評価)
□演奏 :       ★★★★☆
□映像・サウンド : ★★★☆☆

(視聴)

① With Vanessa Freebairn-Smith  "Mna Na hEireann"

② With Sharon Corr  "Mna Na hEireann"

③ Ruth Lorenzo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

懐かしの海外スナップ集(5) ペーチュ(ハンガリー)第5集

ペーチュPécs(ハンガリー)にて  2000年5月 

ミノルタ名機TC-1(nega-film : Fuji Reala ace 100)スナップ集

 ハンガリーは陶器でも有名な国。日本にもかなりの影響をもたらして来たという。そしてこの町ペーチュも陶器製造でも世界的に有名なのだ。それは1853年に陶芸家であるZsolnay Vilmos(ジョルナイ・ヴェルモシュ)によって設立されたもの。有名な陶器「ジョルナイZSOLNAY」の製造本拠地である。その他芸術的センスも溢れた町だ。

ペーチュの郊外にて-5- 「ジョルナイ陶器工場」

Pecs32trw


ペーチュの郊外にて-6-  陶器の絵付け(1)

Pecs16trw_2


ペーチュの郊外にて-7-  陶器の絵付け(2)

Pecs18tr2w


ペーチュの郊外にて-8-  

Pecs22trw

 

ペーチュの郊外にて-9-  卵の殻への彩色

Pecs28trw

ペーチュの郊外にて-10-  卵の殻への彩色(作品)

Pecs27trw

MINOLTA TC-1,  Minolta G-ROKKOR 28mm  1:3.5
NegaColor-Film : Fuji Reala ace 100

Pecs29trmzw このペーチュのシリーズも残すところあと1回、右は当時(もう18年前と言うことになりますが)ペーチュの郊外の農家を訪れた筆者である。ベルトにミノルタTC-1のケースがみえる。お恥ずかしなからこんな格好で歩いていたんです。

☆この「懐かしの海外スナップ集」は・・・
  私の別室ブログ「瞬光残像」http://photofloyd.exblog.jp/と連携しています

(参考視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

懐かしの海外スナップ集(4) ペーチュ(ハンガリー)第4集

ペーチュPécs(ハンガリー)にて   2000年5月 

ミノルタ名機TC-1(Fuji Reala ace 100)スナップ集

Img_1104trw_2 超小型35mmフィルムカメラの頂点に君臨したこのMinoltaTC-1は、ROKKORレンズの優秀性から愛用された。そして2000年前後は、海外旅行には打って付けの小型で、便利に使わせてもらったカメラである。

ペーチュの郊外にて-1-  ハンガリー民族舞踏のメンバー

Pecs13trw


ペーチュの郊外にて-2-   ハイキングの少年少女

Pecs14trw


ペーチュの郊外にて-3-   農家の一角

Pecs20trw


ペーチュの郊外にて-4-  学校のバンド

Pecs23trw

MINOLTA TC-1, Minolta G-ROKKOR 28mm 1:3.5
Nega-Color Film : Fuji Reala ace 100

 ハンガリーのこの都市ペーチュを訪れて解ることは、郊外に行ってみると、欧州独特のワイン作りは勿論だが、彼らは人間性を大切にする農業をベースにした生産業に非常に充実感を持って従事していることだ。経済力としては日本は圧倒的に優位にあるが、人間重視というところでどうも敵わないと行ったところではないか。

10000w 余談だが、デジタル機時代になって、このスナップに用いたフィルム・カメラMinoltaTC-1も、いつの間にかなんとなく除湿箱に鎮座することが多くなり、最近はそれに変わって、やはりデジタル機としてスナップ用に、ほぼ同じ小型の Canon  PowerShot G9X mark II(→)の出番が多くなった。しかしそうは言ってもこの両機を腰に付けてのフィルムとデジタルの欲張り散歩は、結構楽しい時となっている。

 

☆このシリーズは・・・・・
私の別室ブログ「瞬光残像」http://photofloyd.exblog.jp/)と連携しています

(参考視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

ジェシカ・ウィリアムズJessica Williams復刻盤「Some Ballads, Some Blues」

技量の高さに驚かされる女流ピアニスト

<Jazz>
Jessica Williams 「Some Ballards, Some Blues」

JAZZ FOCUS RECORDS / US / JFCD038 / 2016

Someballads1

Jessica Williams(p)
Dave Captein(b)
Mel Brown(ds)

White Horse Studios, Portland, OR, on April 12 & 13, 1999

 女流ピアニスト、ジェシカ・ウィリアムズJessica Williams の1999年録音ピアノ・トリオ版の再発盤。
 彼女は1948年生まれ(米国、マリーランド州)で今年は70歳。これは50歳代の円熟期の演奏。既に何十枚のアルバムを残している超ベテランにしてその技量の評価も高いのだが、意外に日本では広く浸透していない。 そして現在の演奏活動はどうなんだろうか、このところはニュー・アルバムは登場していない。
 このアルバムは、下のリストに見るように、自身のオリジナル曲(*印)が中心だが、一方" You Don't Know What Love Is"や"My Foolish Heart"、"When I Fall in Love"といったリリカルなスタンダード曲も登場する。特にこれらを聴いてみて解るのは、彼女独自のピアノ・タッチがあることで、そしてその技量と洗練されたインプロにも驚かされる。

15654388735_cc7f85079d_o(Tracklist)
1. You Don't Know What Love Is
2. Blue Miles *
3. My Foolish Heart
4. For You Again *
5. When I Fall in Love
6. Mr Johnson *
7. Dark One *
8. Simple Things *

 どうも基本的にはネオ・ハードバップなタイプと評価されているようだが、ちょっとフリーキーfreakyな印象も受けるところも多いタイプ。なかなかこれは難物かと思いきや、伝統的ともいえるオーソドックスな演奏も展開するという個性に満ちた演奏だ。その為飽きさせずに、そう難解と言うこともなく繊細なところも感じつつ面白さも感じ取った。
 ピアノ・トリオなのだが、私の聴き方のせいか、どうも彼女の多彩な、変幻自在なピアノ・プレイに圧倒されて、ピアノ・オンリーが完全に前面に出ているソロを聴いている気分のトリオ・アルバムとして聴いた。
 冒頭の"You Don't Know What Love Is"で、美しく演奏するところと攻めるところの混在に聴く方も油断できずに構えるのだが、"My Foolish Heart"なんかはほっとして聴くことが出来た。
 このような盤を再発したのには、それなりの目的があろうが、ハードバップから一歩前進を試みているこの当時のエネルギーを知る意味に於いても、又その味わいからいっても聴き応え十分のアルバムである。

(評価)
□曲・演奏 : ★★★★☆
□録音   : ★★★★☆

(参考視聴)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«懐かしの海外スナップ集(3)=ハンガリー・ペーチュ(3) & 「教会音楽」