« 2006年 記憶に残る音楽DVD(ROCK)   -3- | トップページ | 2006年 記憶に残る音楽DVD(POPULAR)  -5- »

2006年12月31日 (日)

2006年 記憶に残る音楽DVD(ROCK)  -4-

「End Of An Era」 / NIGHTWISH SPINEFARM records

End_of_an_era

  昔のパソコン通信といわれた時代の仲間はいいもので、その仲間より教えてもらったのが、このフィンランドのNIGHTWISH。女性ヴォーカルを擁したメタルバンドで、いわゆるゴシック・メタルといっていいのかも知れない。とにかくこのヴォーカルのターヤTarja Turunenはクラシック畑での修行を経てきていると言うだけあって、歌唱力はなかなかのもの。リーダーであるキーボードのツォーマスTuomas Holopainenがほとんどの曲を作曲しているようだが、メリハリの効いた曲は見事。私にとっては近年一番の獲物でした。

Onceb  私のこのバンドの入り口は右の4thアルバム「ONCE」であるが、このアルバムでは、彼らのシンフォニック・メタル・バンドとしての完成度が高く、又ターヤはオペラを学んだ歌唱法が更に活きているし、一方ネイティブ・アメリカンのジョン・トゥー・ホークスをゲスト参加させての伝統的なフルートを効かせての曲を織り交ぜての会心作である。

Tt2

 このDVDは、タイトルどうり、NIGHTWISHというバンドからヴォーカルのターヤが解雇されることになったが、その最後のライブ映像を納めている。
  しかし、イメージの大きな役割を果たしてきたターヤの解雇は、次作には新女性ヴォーカルでどこまでファンの心を掴むことが出来るか?大変な第2期のスタートであるようだ。まあとにかくシンフォニックでヘヴィで、聴くものに大いにアタックしてくるこのバンドは、今後も頑張っていくでしょう。そう期待したいものです。お勧め度の高いDVDでした。

|

« 2006年 記憶に残る音楽DVD(ROCK)   -3- | トップページ | 2006年 記憶に残る音楽DVD(POPULAR)  -5- »

ターヤ・トゥルネン」カテゴリの記事

ナイトウィッシュ」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/4743184

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年 記憶に残る音楽DVD(ROCK)  -4-:

« 2006年 記憶に残る音楽DVD(ROCK)   -3- | トップページ | 2006年 記憶に残る音楽DVD(POPULAR)  -5- »