« 私の映画史(2):今だからこそ「硫黄島の砂」 | トップページ | ピンク・フロイドそしてロジャー・ウォーターズを語るときの参考文献3(輸入本imported special volume) »

2007年1月23日 (火)

ピンク・フロイドそしてロジャー・ウォーターズを語るときの参考文献2(輸入本imported special volume)

Pink Floyd : in the Flesh the complete performance history  GLENN POVEY and IAN RUSSEL 1997  BLOOMSBURY

Flesh97

 

1962年からのCAMBRIGEそしてLONDONをスタートしてのピンク・フロイドPink Floydの原点である学生ロック・バンドとしての活動から、かなり綿密な記録をもとに分析をしている。貴重であるのは彼らのライブ記録も行き届いている。この発行年からも解るとうり、1996年までの記録である。
11期にこのバンドを整理している(↓)。

Abdabs① SIGMA6(autumn 1963): Nick,Roger,Richard,Clive,Keith and Seilagh

② THE ABDABS(or The Screaming Abdabs)(spring-summer 1964):  Juliette,Nick,Clive,Keith,Roger and Richard

③ THE SPECTRUM FIVE(autumn 1964.):Roger(Syd),Bob,Nick,Roger and Richard

④ LEONARD’S LOGERS (winter 1964) : Roger(Syd),Bob,Mike,Nick and Roger

⑤ THE PINK FLOYD BLUES BAND /THE TEA SET / THE PINK FLOYD(january-winter 1965) : Roger(Syd),Bob,Chris,Nick,Roger and Richard

Pinkfloyd1 PINK FLOYD(january 1966-December 1967) : Syd,Nick,Roger and Rick    ソーホー地区ワーダー・ストリートにあるマーキー・クラブでアンダー・グラウンド・グループとして知られるようになる。その後、サイケデリック調のポップ・グループとして注目。ピンク・フロイドの基礎の確立がなされて来たとき。

Pinkfloyd2 ⑦ PINK FLOYD (january-March 1968): Syd,David,Nick,Roger and Richard  シドの状態悪く、ロジャーはここでデイブを誘い、5人バンドとなる。

Pinkfloyd3 ⑧ PINK FLOYD (march 1968-79):David,Nick,Roger and Richard    シドの精神状態悪化でグループ脱退し、こうして頂点を迎える4人グループがここに形作られる。しかし真の4人による活動は、この後1979年までの12年間のみであることに気づくとおり、この12年間の後半はロジャーの構想によるアルバム作りをするグループと化し、サウンド面におけるデイブ、リックの協力体となる。最終的にはロジャーのコンセプト、デイブの音作りのバンド化した。しかしこの1969年の「The Man / The Journey」の組曲は、ブートのみでしか聴かれないが、彼らのロックの世界に組曲を導入した歴史的功績は注目される。

Pinkfloyd4 Pinkfloyd5

⑨ PINK FLOYD (1979-85) : David,Nick and Roger   リックは あの「THE WALL」においては彼の協力的役割の低下より、ロジャーから追放扱いとなり、既に正式メンバーから脱落、ライブにおいてはゲスト参加あつかいとなっている。3人バンド化。

Rogerout ⑩ PINK FLOYD (1986-93):David and Nick   1985年リーダー・ロジャーの正式脱退宣言により、2人のバンドとなる。ここでロジャーとのピンク・フロイドの所有権を巡って、血みどろの戦いが始まる。なんとしてもソロ・アルバムの空しさを早く知ったデイブ・ギルモアは、このビック・ネームに固執して、脱退していたリックも呼び込んで、ピンク・フロイド名を自己のものにする。この時のデイブはまさにロジャーがイメージしたあのアルバム「アニマルズ」に描いた”PIG”と化したことは皮肉である。

Pinkfloyd6 Rogerwaters

⑪ PINK FLOYD (1994-) : David,Nick and Richard     リックの復帰により3人バンドとして現在に至る。

*ロジャーの脱退後の”アンチ・ピンク・フロイド活動”はすざまじい。まさにここに彼の対抗意識が、新しい創作活動に繋がる勢いがあった。(エリック・クラプトンとの共作「The Pros and Cons of Hitch Hiking」、「ロジャー・ウォーターズとブリーディング・ハート・バンド」結成、ベルリンにおける”THE WALL LIVE”、ジェフ・ベックとの共作「Amused to Death」等)

|

« 私の映画史(2):今だからこそ「硫黄島の砂」 | トップページ | ピンク・フロイドそしてロジャー・ウォーターズを語るときの参考文献3(輸入本imported special volume) »

デヴィット・ギルモア」カテゴリの記事

ピンク・フロイド」カテゴリの記事

ロジャー・ウォーターズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/5046784

この記事へのトラックバック一覧です: ピンク・フロイドそしてロジャー・ウォーターズを語るときの参考文献2(輸入本imported special volume):

« 私の映画史(2):今だからこそ「硫黄島の砂」 | トップページ | ピンク・フロイドそしてロジャー・ウォーターズを語るときの参考文献3(輸入本imported special volume) »