« ロジャー・ウォーターズ(genuine Pink Floyd)の世界に何を見るか?-5- | トップページ | 私の映画史(2):今だからこそ「硫黄島の砂」 »

2007年1月17日 (水)

ピンク・フロイドそしてロジャー・ウォーターズを語るときの参考文献1(単行本special volume) 

 PINK FLOYD そして ROGER WATERS を語るにあたり、私が結構よくみる日本又は日本版の書籍を紹介しよう。まずは単行本(Special Volume )です。

Miles82 ①Pink Floyd a visual documentary by Miles. =編者:マイルズ、訳者:アルバ・フォーラム、発行所:株式会社CBS・ソニー出版、1982

1965年から1982年までのピンク・フロイドの活動ぶりを全て網羅している。特に初期4人シド、ロジャー、リック、ニックの生い立ちから解説し、この17年間のライブ日程や、その際の主なる出来事を記録している。アルバムその他の記録はソロを含め、主なる話題になったBOOTLEG海賊版に至るまで記録され、写真も豊富。貴重盤。

Karldallas88 ②PINK FLOYD ピンク・フロイド BRICKS IN THE WALL = 著者:カール・ダラス、訳者:広河泰家、発行所:株式会社CBS・ソニー出版 1988

ピンク・フロイドがロンドンUFOクラブに出演していた頃からの親交のある評論家カールのピンク・フロイドの歴史と事実、そしてロジャーの脱退分裂にいたる経過と新たな彼らの出発に至るまでを歌詞の分析まで考察しピンク・フロイドに迫る。

Lyrics90 ③ピンク・フロイド詩集 PINK FLOYD "LYRICS" = 訳者:肥田慶子、発行所:株式会社シンコー・ミュージック 1990  

1stアルバム「夜明けの口笛吹き」から「鬱」までの歌詞(詩)を精力的に和訳している。文学的訳の評価は一目置くが、いかんせんピンク・フロイドそのものの知識が浅く、訳に不満も感ずる。しかし非常に評価されたものである。

Saucerful93 ④ピンク・フロイド神秘 saucerful secrets the pink floyd odyssey = 著者 :ニコラス・シャッフナー、 訳者:今井幹晴、発行所:株式会社宝島社 1993

音楽ライター、映画・ミュージカルの作詞・作曲家として活躍していたニコラスのシドやロジャーの行動分析を含めてかなり詳しく入り込んだものとして話題になった。こうしたものに対してもロジャーは決して良いこぶっての詳細な会話の対応はしてくれなかった事も書かれている。ピンク・フロイド分析は著者にとっても非常に難解で興味ぶかかったことが読み取れる。シドの1990年の撮影写真の公開もあった。

Meigu97 ⑤ピンク・フロイド 幻燈の中の迷宮 = 今井荘之助・高橋伸一 共著、発行所:株式会社八幡書店 1997

ピンク・フロイド・ミュージュックの懐疑と魅力、フロイドの核であるロジャーの思想的因子の分析とその偏屈性から生まれる魅力。魔術師・異端児ロジャー、音楽的魅力のギルモア、テクノロジーのニックなどの評価が面白い。

Storydisco99 ⑥PINK FLOYD STORY&DISCOGRAPHY ピンク・フロイド = 著者:和久井光司・松井巧・菅岳彦・岩本晃市郎・池田聡弧子、ストーリー翻訳:吉田香織、発行所: 株式会社エクシード・プレス 1999

ピンク・フロイドの”メンバー個人”と”作品バンド”にそれぞれ迫ろう。彼らの真実を後生に伝えようと・・・。アルバム解説とバンドの奇異性などの分析に見るものがある。

Pinkfloyd02 ⑦ピンク・フロイドPINK FLOYD solo,groups & session (地球音楽ライブラリー= 発行: TOKYO FM 出版 2002

アルバムそれぞれの解説に力をかけている。SESSIONSにも及んでいるところが一つの価値。

File05 ⑧PINK FLOYD File = 監修:中村直也 発行所:株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント 2005

ピンク・フロイド・ストーリーからそれぞれメンバー個人の歴史、CHRONOLOGY、アルバムそしてライブ、話題と内容は豊富。SESSION WORKS, BOOKS, 映像物などにも及んで解説。資料物としての価値もあり現在手に入る物としては最右翼。

|

« ロジャー・ウォーターズ(genuine Pink Floyd)の世界に何を見るか?-5- | トップページ | 私の映画史(2):今だからこそ「硫黄島の砂」 »

デヴィット・ギルモア」カテゴリの記事

ピンク・フロイド」カテゴリの記事

ロジャー・ウォーターズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/4970714

この記事へのトラックバック一覧です: ピンク・フロイドそしてロジャー・ウォーターズを語るときの参考文献1(単行本special volume) :

« ロジャー・ウォーターズ(genuine Pink Floyd)の世界に何を見るか?-5- | トップページ | 私の映画史(2):今だからこそ「硫黄島の砂」 »