« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月21日 (金)

ターヤ(Tarja)の新アルバム「My Winter Storm」

Tarja / 「My Winter Storm」

Mywinterstorm Nightwishの前女性リードヴォーカルのターヤTarja Turunen新アルバムの登場である。Nightwish脱退後の初アルバムということで否が応でも注目を浴びている。先日新リードヴォーカル採用ののNightwishの新アルバムがでたばかりで、なにか対抗的ニュアンスが感じられないこともない。それはそれとしてさてこのターヤのアルバムはヴィデオ・クリップのDVD付きというサービスで登場。とりあえず聴いてみての感想である。まず、ターヤの歌唱力はやはり凄い。高音への迫力は健在というか見事である。音域と線の太さはお見事。特にメイン曲である”I Walk Alone”気合い十分、聴かせてくれる。そして彼女がこれから一人で音楽界を行く決意が、この曲から感ぜられる。このあたりはNightwishの”Bye Bye Beautiful”でターヤとの決別を唱うのと対比して面白い。
Mywintstorm2 アルバムのスタートはクラシック調で、おや彼女は原点回帰か?と思いきや、ポップ調の曲が現れ、更に中盤ではメタル調の曲の出現。おやおやこれはNightwishの2番煎じというか、あのパターン狙いか?と思わせる。多分これはその線である。と、するとあのNightwishのドラマティックな展開にはほど遠い。そして中途半端。リズムの刻みと変調も中途半端。やっぱり物足りなさが全面にでる。彼女の方向性が見えてこない。私にとっては残念ながらNightwishの「Dark Passion Play」を聴いた後では喝采はお預けになった。
Mywintstorm3 Mywintstorm4        もう一つの物足りなさは、やっぱりマルコMarcoとの掛け合いや彼の歌との対比がないのがこう感じさせるところがあるからか?。多分このままであるなら彼女はNightwishで歌うべきだったんだろうと思わせる。
 もう一つ、このアルバムの全体的印象は”暗い”、極めて暗いのである。それはどこから来ているのか?>いずれにせよ、彼女は音楽観でもNightwishとは決別の時と判断したと伝えられている。としたらこのアルバムはどう位置付けられるのか?。何か疑問の多いアルバムであった。
 とにかく、しかしここで健在なターヤのお披露目は、喜ぶべきであろう。しかし、これだけ旨い歌手をして圧倒してしまうNightwishの大黒柱のトーマスTuomas Holopainenの曲作り、アルバム作りは凄いことを逆にターヤのアルバムから感じてしまうのであった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

デヴィット・ギルモアのDVD「覇響」

David Gilmour「Remember That Night」
          live at the royal albert hall

 ギルモアの最新ライブ(2006年5月ツアー)映像のDVDが発売になった。もともと昨年リリースされた彼のソロ・アルバム「On The Island」のライブものであるわけですが、このDVD日本盤は6000円以上と輸入盤の2880円に比して非常に高い。これも日本の商魂逞しい儲け商売の結果なのであろうか?。(私は当然輸入盤を仕入れましたが、US,カナダのリュージョン1ですから、それが見れる方にはお勧めです)
Gilmoura まず、ピンク・フロイド「the dark side of the Moon」からの”speak to me”からスタート。そして”Time”などを経て近作「On The Island」を流し、後は再びピンク・フロイドの曲群の演奏の展開となる。このあたりはロジャー・ウォータースと同じ手法だ。目立ったのはシド時代の”Arnold Layne”をDavid Bowieの参加で、彼にヴォーカルを担当させている。これはこの収録の日の特別版で、通常はリック・ライトに歌わせたようだ。
Gilmourb Gilmourcもともと、今回の彼のアルバムの重要な役をしていたPhil Manzaneraが参加している。やはりこのライブの見所ははギルモアのギターということになる。確かにロジャー在籍時のピンク・フロイドにおいても、種々の葛藤の中で、ロジャーのコンセプト主義に彼のギターの色づけがあって、両者の対立的緊張感により、後生に残る名作が作れたと言って良い。ギルモアが取り上げるライブでの曲群は、ロジャー・ウォーターズの場合はその時の主張を中心に選んでいる(今回のロジャーのツアーでは、イラク戦争に対してのブッシュ批判を中心に、反戦精神に包まれている)ことと比較すると、むしろかってヒットした曲群を演奏するというスタイルでここに両者の違いが歴然としてくる。今回の目玉は”Echoes”だと思うが、このあたりはかってのリック・ライトが貢献度の高い時代のものだ。そもそもプログレッシブ・ロックと60-70年あたりに言われたのは、インテリ的キーボードの登場が一つの因子でもあった。
Onanisland 最後は、例のお決まりの「THE WALL」かの”comfortably Numb”で締めるのだが、このLiveの映像をみても、ギルモアのソロ・アルバムの曲よりは、圧倒的にロジャー在籍時代のピンク・フロイド時代の曲に聴衆の反応は大きい。如何にLP時代のピンク・フロイドが受け入れられたが、今として知らされることになる。ギルモアがロジャーのフロイド解散宣言の後、ピンク・フロイドの名に固執したところはそこである。ピンク・フロイドという世界は、4人のメンバーにより作られ、そしてその結果は、メンバー個々を超越した世界に作り上げられていってしまった。
 しかし、今こうしてデヴィッッド・ギルモアの世界、一方ロジャー・ウォータズの世界が、かってのLP時代のピンク・フロイドを両者の異なった感覚で再現し、それに迫ろうとしていることは、我々にとってはむしろ楽しいことでもある。簡単に言うとサウンド中心主義のギルモア、反体制的ロック魂コンセプト主義のロジャー、この両者が健在で古きピンク・フロイドのイメージを引きづりながらも、自己の音楽活動を進めていることにむしろ喝采をあびせたい。
 このDVDは、スタジオ録音風景もDisc2で見られるが、偶然にも(?)隣のスタジオはロジャーが使っていて、そこからロジャーが出てきてギルモアと交わす風景が撮られている。両者が別の世界での活動の価値観をお互いに認め合っていると・・・・・言おうとしているのか?>今後も又彼らが歳を超えて健康でアクティブであることを祈らざるを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »