« デヴィット・ギルモアのDVD「覇響」 | トップページ | Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(3)「原子心母」 »

2007年12月21日 (金)

ターヤ(Tarja)の新アルバム「My Winter Storm」

Tarja / 「My Winter Storm」

Mywinterstorm Nightwishの前女性リードヴォーカルのターヤTarja Turunen新アルバムの登場である。Nightwish脱退後の初アルバムということで否が応でも注目を浴びている。先日新リードヴォーカル採用ののNightwishの新アルバムがでたばかりで、なにか対抗的ニュアンスが感じられないこともない。それはそれとしてさてこのターヤのアルバムはヴィデオ・クリップのDVD付きというサービスで登場。とりあえず聴いてみての感想である。まず、ターヤの歌唱力はやはり凄い。高音への迫力は健在というか見事である。音域と線の太さはお見事。特にメイン曲である”I Walk Alone”気合い十分、聴かせてくれる。そして彼女がこれから一人で音楽界を行く決意が、この曲から感ぜられる。このあたりはNightwishの”Bye Bye Beautiful”でターヤとの決別を唱うのと対比して面白い。
Mywintstorm2 アルバムのスタートはクラシック調で、おや彼女は原点回帰か?と思いきや、ポップ調の曲が現れ、更に中盤ではメタル調の曲の出現。おやおやこれはNightwishの2番煎じというか、あのパターン狙いか?と思わせる。多分これはその線である。と、するとあのNightwishのドラマティックな展開にはほど遠い。そして中途半端。リズムの刻みと変調も中途半端。やっぱり物足りなさが全面にでる。彼女の方向性が見えてこない。私にとっては残念ながらNightwishの「Dark Passion Play」を聴いた後では喝采はお預けになった。
Mywintstorm3 Mywintstorm4        もう一つの物足りなさは、やっぱりマルコMarcoとの掛け合いや彼の歌との対比がないのがこう感じさせるところがあるからか?。多分このままであるなら彼女はNightwishで歌うべきだったんだろうと思わせる。
 もう一つ、このアルバムの全体的印象は”暗い”、極めて暗いのである。それはどこから来ているのか?>いずれにせよ、彼女は音楽観でもNightwishとは決別の時と判断したと伝えられている。としたらこのアルバムはどう位置付けられるのか?。何か疑問の多いアルバムであった。
 とにかく、しかしここで健在なターヤのお披露目は、喜ぶべきであろう。しかし、これだけ旨い歌手をして圧倒してしまうNightwishの大黒柱のトーマスTuomas Holopainenの曲作り、アルバム作りは凄いことを逆にターヤのアルバムから感じてしまうのであった。 

|

« デヴィット・ギルモアのDVD「覇響」 | トップページ | Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(3)「原子心母」 »

ターヤ・トゥルネン」カテゴリの記事

ナイトウィッシュ」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

POPULAR」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/9505212

この記事へのトラックバック一覧です: ターヤ(Tarja)の新アルバム「My Winter Storm」:

« デヴィット・ギルモアのDVD「覇響」 | トップページ | Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(3)「原子心母」 »