« エリック・クラプトン「クロスロード・ギター・フェスティバル」 Eric Clapton/CROSSROADS Guitar Festival 2007 | トップページ | モノクロ写真の世界(2) »

2008年2月28日 (木)

モノクロ写真の世界(1)

 かって、「パソコン通信」という時代があったが、今となると懐かしい時代でもある。当時はNiftyとPC-VANが主たるものだった。時代は変わってインターネットの時代となり、メール、ホーム・ページ、ブログなど一般人が誰でも参加して交流が行われている。
 そうした中で、かってのバソコン通信時代の趣味の会の残党で、現在も存続しているある写真仲間で、特にモノクロ写真の交換による供覧・批評しての自己の写真の向上を目指している。そんな会に入って月に一回送りあう写真(小生のもの)の公開をします。
 モノクロ写真仲間は、言わずと暗室作業が主となりますが、フィルムの現像、そしてプリントを自己のレベルで行うことにより、写真のその奥深さの追求に魅せられたものの集まりでもあります。(公開写真の所有権は小生に所属します。無断転用は禁じます。なおクリックにより拡大して見れます)

第一回(135フイルム・スナップ)

21 タイトル「2ケのスクエア・フォーマット」
ヘキサーRF SUMMICRON-M 35 ASPH  Kodak400TMY

古い屋敷の二階でのスナップ





Web タイトル「亀裂」
ヘキサーRF SUMMICRON-M 35 ASPH Fuji 400-PR

土蔵の壁の亀裂が面白い。右に毒林檎が貼ってあるのが意味深長。















Web_2   タイトル「青春」
LEICAM6  SUMMICRON-M 35 ASPH Fuji 400-PR
この「青春」というタイトルの不可思議、トリミングの必要性など、ご意見を頂きました。この像を無視してゆくの現代の「青春」を描きたかったんですが・・・・、それならば次のようなトリミングが良かろうと指摘あり、私自身は納得した経過があります。


Web_4
確かに、左のようなトリミングのほうが意味は分かるように感じました。

今回は以上のようなモノクロ写真を供覧しましたが、今や、便利・使いやすさ・迅速性・性能などにおいてのデジタル写真が主流の時代ですが、モノクロ・フィルムの味わい、撮影工夫やプリント工夫の楽しさは、これまた一つの世界があることを私としては訴えたい。


Web_3 タイトル「街角」
LEICAM6 SUMMICRON-M35 ASPH Kodak 400TMY

|

« エリック・クラプトン「クロスロード・ギター・フェスティバル」 Eric Clapton/CROSSROADS Guitar Festival 2007 | トップページ | モノクロ写真の世界(2) »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノクロ写真の世界(1):

« エリック・クラプトン「クロスロード・ギター・フェスティバル」 Eric Clapton/CROSSROADS Guitar Festival 2007 | トップページ | モノクロ写真の世界(2) »