« Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(3)「原子心母」 | トップページ | エリック・クラプトン「クロスロード・ギター・フェスティバル」 Eric Clapton/CROSSROADS Guitar Festival 2007 »

2008年2月 3日 (日)

サラ・ブライトマンSarah Brightmanのニュー・アルバム「Symphony」(神々のシンフォニー)

過去のイメージに原点復帰か

Symphony1 サラ・ブライトマンのニューアルバム「Symphony」登場。これがなかなかCDケースとブックレットの出来が凄い。アートに力が入っている。まずそのあたりをここに紹介しますので、クリックして拡大して見て下さい。と言う話からのスタートは、"それじゃ~~、問題の曲はどうなんだ?"ということへの回答をあまり書きたくはない。何故か?そこはお解りでしょう”インパクトがない”という一言に尽きます。
Symphony2 残念ながら、あのアルバム「Harem」の時のようなインパクトが感じられないのです。オープニングの曲”GOTHICA”あたりは極めて優しく、お上品にという初期のサラの再現です。歳とともにDVDで見ても露出度が増して、ポピュラー色のなかでもそれなりに新しさを追求していたサラなんですが、今回のアルバムは明らかに新鮮度においては、期待度を裏切っています。
Symphonya Symphonyb        
しかし、これも一つの商法か?、それともサラの望んだところなのか?、いずれは解ってくるところであろうし特にああだのこうだのと言うのは止めよう。かって耳にしたクラシックが聞こえてくるところは、私にとっては若干安らぎという面においては意味のあるアルバムであるとしておきたい。”SCHWERE TRA"UME”なんかは、その意味において最高と言っておきましょう。(皮肉にとらないで下さい)私の好むマーラーなどとオーバーラップさせるところです。
しかし、ほんとに繰り返しますが、ここまで力を入れたCDケースとブックレットのアートには頭が下がりました。まあ、結論的にはかっての清純な美しい歌声のサラということのイメージへの回帰とみました。これもこれからの一つの発展のステップとなることに期待するというところか?。

|

« Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(3)「原子心母」 | トップページ | エリック・クラプトン「クロスロード・ギター・フェスティバル」 Eric Clapton/CROSSROADS Guitar Festival 2007 »

サラ・ブライトマン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

POPULAR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/10238315

この記事へのトラックバック一覧です: サラ・ブライトマンSarah Brightmanのニュー・アルバム「Symphony」(神々のシンフォニー):

« Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(3)「原子心母」 | トップページ | エリック・クラプトン「クロスロード・ギター・フェスティバル」 Eric Clapton/CROSSROADS Guitar Festival 2007 »