« Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(4)「エコーズ」(その1) | トップページ | モノクロ写真の世界(3) »

2008年5月13日 (火)

Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(5)「エコーズ」(その2)

”エコーズEchoes”から始まるピンク・フロイドの挑戦

”Return of The Son of Nothing”(ECHOES エコーズ)は、1971年1月に4人のメンバーから持ち寄られた36種にも及ぶフレーズをスローな4分の4拍子を主体として構築して作り上げられた共同作業の結晶の曲であった。しかし、そうした共作ものであったが故に実験音の挿入とドラマティックな曲展開として音楽的評価が得られたことの裏腹に、ロックとしてのメッセージに欠けていたことも事実であった。(曲のタイトル自身、ビンソンのエコー・ユニットを使用してのライトのキーボード音、そして他の楽器にもエコー音を効かしたことより”エコーズ”に変えられた経過がある)

72floyd  もともと、演奏活動に反体制的批判精神とコンサートそのものに刺激的展開を試みていたロジャー・ウォーターズは、この”エコーズ”の成功こそが、彼にとっての反省と新たな試みへのスタートとなるのであった。

 1971年のNorth American Tour を終えて、1972年1月20日に UK Tourがスタートするに、”原子心母”そして”エコーズ”を中心とした演奏曲構成の冒頭に、彼はついに彼自身の作詞作曲の”Dark Side Of The Moon”をぶつける実験に入った。そして直ちに、”原子心母”を落とし、実験色の強い”Careful With That Axe Eugine”はそのまま継続させ、ピンク・フロイドの性格をロジャーの意志の方向に向け始めた。続いてのJapan Tour も同様であった。そして4月にNORTH AMERICAN TOURにおいても同様の選曲で、疎外感的ニュアンスと人間の狂気をコンセプトに持つステージに変えていく。この”Dark Side of the Moon”は、1973年のピンク・フロイドの歴史的最大のヒット・アルパム(「狂気」)のタイトルであるが、この時よりその試みがスタートしている。そしてこの曲は後の”Brain Damage(狂人は心に)””Eclipse(狂気日食)”となっていく。

 しかし、いずれにしても”エコーズ”はライブにおいても人気曲であり、この後1975年まで彼らのツアーではSet List に入っている。

 1973年は、ライブ演奏曲に、1972年リリースされたサウンド・トラック・アルム”Obscured By Clouds”が加わるが、この当時の彼らのライブは、次第にアルバム「狂気」への変化が窺い知れる。これこそがロジャー・ウォーターズの世界が進行していると言える。又、同時にギルモアのブルージーなギターにも磨きがかかってくるが、ライトの出番は少なくなってくる。

Blackholesinthesky
「Black Holes In The Sky」GDR CD 9101 Wembley,London Nov.16 1974
 「狂気」発売後の彼らの有名な BRITISH WINTER TOUR もの。音質良好、完成された”エコーズ”が聴ける。

Hogsinsmog75 「Hog's In Smogs '75」STTP 108/109 Ap. 27 1975
 既に発売されているアルバム「狂気」の全曲、そしてロジャー・ウォーターズの挑戦はエスカレートして、’74年FRENCH TOURに登場した”Raiving and Drooling””You've Got Be Crazy”(アルバム「アニマルズ」の主曲)が登場しているが、相変わらず”エコーズ”の演奏は続けられ、この時になると Dick Parry のSaxophone が加わり、「狂気」の演奏スタイルに近い”エコーズ”への変化がみれる。

Holeinthesky「HOLES IN THE SKY」HL 097/098 Canada 6.28.'75
 これはかなり観衆のうるさいオーディエンス録音もの。ここにもSaxophone の入った”エコーズ”が聴かれる。そして演奏の主体はアルバム「狂気」この年リリースの「炎」それに加えて”Raving and Drooling”(後の”SHEEP”)、”You've Got Be Crazy”(後の”DOG”)と、後のアルバム「アニマルズ」の展開で、中身も濃い。

Crazydiamond 「CRAZY DIAMOND」PYCD 059-2 USA June 18 1975
 当然、上記内容と同じである。アルバム「狂気」この年の「炎」そして1977年へ繋がる「アニマルズ」に及ぶ演奏。特に”Raving and Drooling””You've Got Be Crazy”の2曲となると、メッセージ性が高くなり、ここでも演奏されている”エコーズ”とは別のハード・ロック的曲展開が目立ってくるものとなっている。まさに、ロジャー・ウォーターズの世界が濃厚となり、特にライトの締める位置はなくなってきている。

 ”エコーズ”は、ピンク・フロイドの存在を繫ぐ大きな役割を果たした4人による共作の最も典型的な曲であった。しかし、メロディー重視のデヴィット・ギルモアとリック・ライト、コンセプト重視のロジャー・ウォーターズ、中庸をゆくニック・メイスンと、それぞれの考え方、生き様の違いは次第に浮き彫りになってゆく。そうした異なった4人のバランスがかえって相互作用により歴史的名曲を作り上げたことも、レトロスペクティブに見れば、間違いないことである。この流れは”エコーズ”で完成し、アルバム「狂気」で結実する。
 しかし、この後のパンク・ロック・ムーブメントの中では、特にロックの世界では、メロディー重視音楽趣向は叩かれ、多くのバンドがつぶれていったことも事実であり、そんな中でピンク・フロイドが唯一存在し巨大化してゆくことが出来たのは、ロジャー・ウォーターズの挑戦的コンセプト主義が最も重要な役割を果たしている。しかし次第にハード・ロックに傾く曲作りの中で、ピンク・フロイド色を失わずに色をつけたのはデヴィット・ギルモアのギターがやはりこれも重要な位置にあったと言えるのだ。

|

« Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(4)「エコーズ」(その1) | トップページ | モノクロ写真の世界(3) »

デヴィット・ギルモア」カテゴリの記事

ピンク・フロイド」カテゴリの記事

ロジャー・ウォーターズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/20937555

この記事へのトラックバック一覧です: Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(5)「エコーズ」(その2):

« Bootlegから見るピンク・フロイドPink Floydの真髄(4)「エコーズ」(その1) | トップページ | モノクロ写真の世界(3) »