« さようなら「写真工業」 | トップページ | ウィズイン・テンプテーション「Black Symphony」 »

2008年11月29日 (土)

ジェフ・ベック Jeff Beck ニュー・ライブ・アルバム「ライブ・ベック3」

「Performing This week...live at Ronnie Scott's」

でましたねぇ~~~、ジェフ・ベックの究極のライブ・アルバム。「ライブ・ベック’06」(Official Bootleg USA '06)でもかなり納得していた私ですが・・・今回の、まさにオフィシャルなロニー・スコッツ・クラブのライブ録音アルバムには感動しているのです。
Jeff <日本盤SICP2111>                       昨年のCROSSROADS のジェフには多くの者が感動したんですが、そしてCDもしくはDVDのリリースを期待していた。(ブートDVDでは、全12曲は見ているものの、やはり画像、サウンド面にどうしても不満が残る)しかし、それを十分納得させる同一メンバーによる2007年11月~12月のロンドンのクラブにおけるライブものだ。曲は全16曲、そしてなんと言っても録音がいい。ベックのギターは、既に定評どおり、あれだけの多くの音を聴かせるギタリストはいない。ある人に言わせると”マジック”という表現に至る。それをものの見事に録音している。彼のストラトキャスターはここまで泣くのかと、トレモロ・アームを操ってのアーミングは出色だ。もともとジェフはピックは多用せずの指弾きであるが、そのテクニックはCROSSROADSの映像でもしっかりと拝見できている。
(メンバー)
 Jeff Beck : guitar
  Tal Wilkenfeld : bass
  Vinnie Colaiuta : drums
  Jason Rebello : keyboards
今回の選曲は、彼の歴史を見るがごとくのライン・アップで、聴くものを堪能させる。評判になった可愛い女性タル・ウィルケンフェルドTal Wilkenfeld(22歳)のベース・プレイも手に取るように聴ける。(彼女に関しては、アルバム「TRANSFORMATION」参考に)
Jeffband   
しっかりとしたオーディオ装置で、めいっぱいボリュームを上げて聴いて欲しい。クリアで、しかも繊細な高音にして、暖かい厚みのある低音で非常に好感の持てる音に仕上げてある。彼のアルバムでもベストに近い。
 まさに格好良くて、サウンドがスリリング、そして説得力のあるリズム。ジェフ・ベックは、やはりナンバー1のギタリストだと断言できる。このCD盤に続いて映像物のDVDも近々発売されると言われている。楽しみなことだ。
更に、来年2月には来日公演が決まっている。今度は生の音に酔いたい。

|

« さようなら「写真工業」 | トップページ | ウィズイン・テンプテーション「Black Symphony」 »

ジェフ・ベック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/25761831

この記事へのトラックバック一覧です: ジェフ・ベック Jeff Beck ニュー・ライブ・アルバム「ライブ・ベック3」:

« さようなら「写真工業」 | トップページ | ウィズイン・テンプテーション「Black Symphony」 »