« ウィズイン・テンプテーション「Black Symphony」 | トップページ | ピンク・フロイドPink Floyd の到達点「アニマルズ」 »

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年/「原子心母」

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします


今年の干支は「原子心母 Atom Heart Mother」ですね。・・・・目下今年の初聴きものとして当然これを選びスタートさせました。

Photo (左)当時話題のジャケ
 Pink Floyd 「ATOM HEART MOTHER 原子心母」 1970 Lp:Harvest SHVL-781

 日本においては、今は死語みたいなものですが、当時のいわゆる”プログレッシブ・ロックという世界”を知らしめた重要なアルバムでもあると言ったほうがいいだろう。当初はチェロ、ブラス・オーケストラ、混成合唱入りで話題になったのでしたが、この私のブロクで何度も書かかせていただきましたが、是非チェロ、オーケストラ、合唱抜きの”Atom Heart Mother” を聴いて欲しいです。まさにそこには PINK FLOYD のロック・バンドとしての原点の一つを見い出していただけるでしょう。(もちろん1971年来日、アフロディーテにても、当然オーケストラ、合唱はない)

Livewinterlanoct70 「LIVE AT WINTERLAND」 tsp-cd-170-2  21,0ct,1970  San Francisco

Grantchester Meadows/ Astronomy Domine/ Cymbaline/ Atom Heart Mother/ Embryo/ Green Is Colour/ Carful With That Axe,Eugene/ Set The Controls For The Heart of The Sun/ Asaucerful Of Secrets



Retsonnotnov71 「Return of the Sons of Nothing」 Gold standard,  16,Nov,1971, Washington,D.C

Embryo/ Fat Old Sun/ Set The Controls For The Heart Of The Sun/ Atom Heart Mother/ Careful With That Axe,Eugine/ Looking Through The Knothole In Granny's Wooden Leg AKA Echoes

これらの2枚のブートCDは、チェロ、オーケストラ、合唱なしのピンク・フロイド4人の”原子心母”の演奏が聴ける。比較的好録音であり、ロック・バンドとしての原点を窺い知るものとしても貴重。そしてこの後のあの”エコーズ”も脳裏に浮かぶ演奏が聴ける。

|

« ウィズイン・テンプテーション「Black Symphony」 | トップページ | ピンク・フロイドPink Floyd の到達点「アニマルズ」 »

ピンク・フロイド」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/26705973

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年/「原子心母」:

« ウィズイン・テンプテーション「Black Symphony」 | トップページ | ピンク・フロイドPink Floyd の到達点「アニマルズ」 »