« サラ・ブライトマンの「シンフォニー~ライブ・イン・ウィーン~」 | トップページ | モノクロ写真の世界(7) »

2009年2月27日 (金)

ハリー・ウォーターズ・バンド Harry Waters Band

古典的ジャズを演ずるハリー・ウォーターズ(ピアノ)

Harry_w_b_1  ハリー・ウォーターズ Harry Waters は、あのピンク・フロイドを造り上げたロジャー・ウォーターズの息子である。近年父親の世界ツアー(特に大成功に終わった”The Dark Side of The Moon LIVE”での活躍にて注目される)に同行し、ジョン・カーリンとともにキーボードをダブルで担当した。その彼が、やはりこのツアーに同行したサックス奏者のイアン・リッチーとともにカルテットを形成してジャズを演奏し、アルバム作りをしていることは伝えられていたが、ここに「Harry Waters Band」というアルバムがリリースされた。

 まず驚くのは、まさに古典的ジャズ・ピアノを展開しているところだ。彼はそもそも父親との関係はあまり語られていないが、8歳よりピアノを弾き始め、その後は多彩なスタイルのピアノに傾倒し、20歳にはジャズに興味を持ったようだ。しかし当初はロック・バンド(Hubble Deep Field というバンドらしい)でキー・ボードを担当したが、ロックからやはりジャズに向かってビル・エヴァンス、オスカー・ピーターソンに傾倒してゆく。
Harrywaters そもそも10代からピアノ教師にラグタイム、ブギウギそしてブルースなどの奏法を学んだようで、そうしたジャズの原点に近い30年代から50年代を思わせるスタイルを構築して、今回のアルバムを造り上げている。
 いずれにしても、彼のPianoに、イアン・リッチーIan RitcheのTenor Saxを中心としたカルテットにClarinet やTrumpetが加わって6人編成のジャズを展開している。
 このアルバムにも記されているが、オスカー・ピーターソン、ビル・エヴァンス、キース・ジャレットやランディー・ニューマンにインスパイヤーされての作品作りであることのようだ。
 主として彼が書いた曲で構成されているが、彼のピアノがあまり前面に出ないでバンドとしての作品となっている。私はジャズにそれほど精通しているわけでないために、評価は若干あやしいが、ラグタイム、ブギウギの色とスウィング、ビバップの味付けもあって、久々によき時代のジャズを感じさせてもらった。
 ボーナス・トラックにチェスター・カーメンのアコースティック・ギターが加わっての”Jarretts Dream”という曲があるのも興味ある。

1.Blues in G
2.jumping
3.Petersons Bounce
4.juggling for Beginners
5.Scholars Mate
6.Rum and Coca Cola
7.Blues in F
8.Garden Party
9.spring Stepping
10.Alligators Funeral
Bonus Track
11.Jarretts Dream

 いずれにしても、彼はこうしたジャズの世界を父親のロジャー・ウォーターズのロック(死語で言えばプログレッシブ・ロック)とは異なった音楽への探求のようであるが、あるところで競演することは両者にとって又面白いのでは?という事も想像してしまう。実際、ロジャーの世界・ツアーでの同行はかなりハリーの音楽にも影響は必ずあったであろう。 
 ハリーの母親にとってみれば、ロジャーは離婚しているが、ロジャーの人生で最も長く共に苦労を分かち合って歩んだパートナーであるだけに、親子がこうして協力して頑張っていることの姿は歓迎していることであろう。

|

« サラ・ブライトマンの「シンフォニー~ライブ・イン・ウィーン~」 | トップページ | モノクロ写真の世界(7) »

ピンク・フロイド」カテゴリの記事

ロジャー・ウォーターズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。僕もハリー・ウォーターズ・バンドのCD買いました。良かったです(笑)またよろしくお願いします。

投稿: 西山智(さとる) | 2010年4月27日 (火) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/28394552

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ウォーターズ・バンド Harry Waters Band:

« サラ・ブライトマンの「シンフォニー~ライブ・イン・ウィーン~」 | トップページ | モノクロ写真の世界(7) »