« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

ジェフ・ベック映像で迫る「Live at RONNIE'S SCOTT'S」

ここまで観れるのはまさにこの一枚のみ「JEFF BECK / Performing this week.......LIVE AT Ronnie Scott's」 SIBP 123

Ronnie1  既に発売されている同題のCD「Performing this week...Live At Ronnie Scott's」sicp 2111 の映像版と言っていいDVD映像の登場 。しかもCDの16曲に+α加えての21曲が収録されている。あの200人収容というロンドンの小ジャズ・クラブでの収録。CDもなかなかの好録音で、しかも彼のテクニック満開の音の世界は圧巻であったが、更に映像が迫ってくるこのDVD盤はDTS5.1surroundでも聴ける代物。かってジェフ・ベックのオフィシャル・ライブ映像はどうした訳かまさに彼の名義のものはなく、ブートレグにてお茶を濁してきた私であるが、ついにここに手に入れることが出来たわけだ。
 幸いにして、小クラブでの収録で大観衆のステージとは違って、彼の操るギター・テクニックが、手に取るように見れる。
 ライナー・ノーツの細川真平も書いているが、彼のピックを使わない指弾きの妙技とデリケートなアーミングにまさに溜息をつく。
Ronnie2  そしてこれには、エリック・クラプトンの2曲の参加がしっかり収録されているし、やっぱり、あのCROSSROADSで話題になった可愛い女性ベーシストのタル・ウィルケンフェルド Tal Wilkenfeld の存在が、このドラムス(ヴィニー・カリウタVinnie Colaiuta)とキーボード(ジェイソン・リベロJason Rebello)に囲まれて、なんともいえないこのグループの楽しさを醸し出している。特に例の曲”哀しみの恋人達”の彼女のソロ・パートは、ジェフの頼もしげな表情を生み出して、実に訴えてくるところがある。
Ronnie3  更に、イギリス出身のかなりソウフルな歌声のジョス・ストーンJoss Stone が登場する。彼女はハービー・ハンコックやサンタナとの競演もあった実力派で、映画女優としても確か活躍したはずだ。R&Bソンガーと言っていいと思うが、2007年には日本公演もあった。このライブにおいても"peaple get ready"をジェフのギター・サウンドを見事に唄いきっている。
Ronnie4  更に更に、オルタナティブ・ロックと言った範疇になろうと思うが、美人マルチ・プレイヤーとして知る人ぞ知るイモージェン・ヒープ Imogen Heap が登場する。あの独特の一種の息を漏らす喘ぎのような歌声は、ジェフの刻み込むサウンドと妙にマッチングして面白い。このあたりもCD盤にはなかった楽しめる場面だ。
 やはりライブものは映像があってこそ楽しめるというのは事実である。ここにジェフ・ベックが、おしげもなくギター・テクニックをお披露目したことは、彼が一つの境地から一つ超えての世界に入ったのかも知れない。このDVDは私にとっては貴重盤となることは間違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

モノクロ写真の世界(15)

by *floyd (風呂井戸) | KODAK 400TMY , FUJIFILM GA645Zi professional FUJINON 55-90mm

10546sq

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

アメリア・ブライトマンに期待

 サラ・ブライトマンSarah Brightman のこの2月リリースのDVD「Symphony LIVE IN VIENNA」が好評であるようだが、彼女も既に43歳、このDVDの印象をここに書いた中で、若干声量に後退があるように感じた話をした訳ですが・・・私が最近気になっているのは”GREGORIAN”の聖歌隊に紅一点登場するアメリア・ブライトマンAmelia Brightmanだ。

Ameliabrightmenwebpic 彼女はVIOLETの名で登場したソング・ライターで、言わずと知れたサラ・ブライトマンの最も下の妹。なんと19歳も歳の差がある。ネームはEve という仮の名前を経過して、VIOLETそしてAMELIA BRIGHTMAN に落ち着くわけであるが、「solo (無名)」アルバムがあるようだが聴いていない。いずれにしても私は”GREGORIAN”で彼女の歌声を聴いているわけだ。
 そして映像的には、サラ・ブライトマンのDVD「LIVE FROM LAS VEGAS - The HAREM world Tour」で、Backing vocalを務めている。やはり姉妹と言うだけあって、サラの歌声に若干似ている美声が味噌。そして近作DVD「Symphony」でも、キー・ボードとBacking Vocal を担当して、ちらっとその姿が映し出される。

Violet22amelia
 とにもかくにもあのエニグマ・サウンドを持って聖歌とポピュラー・ミュージックの融合を成し遂げたドイツのフランク・ピーターソンが主宰するグレゴリアンは、それなりに魅力のある音楽的一つの世界であるが(何故、イギリス出身のアメリアがこの世界に入ったのかは知らないが)、アメリアはそこに止まらず一歩前進して、これから登場するところであって、姉のサラを超えての活躍を期待したいところだ。

 ただ、売れた曲”the moment of peace”などは、姉のサラの歌っているモノと比較してみると、やはり表現力で百戦錬磨の姉のサラに軍配は挙がる。まあ当然と言えば当然であるわけだが、単に姉の世界を追うのでなく彼女の世界が作れれば、魅力も又倍増するのでは?と思うこの頃である。

(参考視聴)http://www.youtube.com/watch?v=MxD-W2Cf8DQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

モノクロ写真の世界(14)

by *floyd(風呂井戸)  |  KODAK400TMY , FUJIFILM GA645Zi professional  FUJINON 55-90mm

11641sq  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

モノクロ写真の世界(13)

by *floyd(風呂井戸) | KODAK 400TMY , FUJIFILM GA645Zi professional FUJINON 55-90mm

11451sq3  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

モノクロ写真の世界(12)

by *floyd (風呂井戸) |KODAK 400TMY , Hasselblad503CX Planar CF80mm

12952p

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

モノクロ写真の世界(11)

by *floyd (風呂井戸) | KODAK 400TMY , FUJIFILM GA645Zi professional  FUJINON 55-90mm

11353blogup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

モノクロ写真の世界(10)

by *floyd(風呂井戸) | KODAK 400TMY , FUJIFILM GA645Zi professional FUJINON 55-90mm

15353sp

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

モノクロ写真の世界(9)

by *floyd(風呂井戸) | FUJI 100 ACROS , Hasselblad503CX  Planar CF 80

1413pblog_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

モノクロ写真の世界(8)

by *floyd(風呂井戸) | KODAK 400TMY , Hasselblad 503CX , Planar CF 80

15547c_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

モノクロ写真の世界(7)

by *floyd(風呂井戸)|FUJI np400PR , Hasselblad 503cx DistagonCF50

2013b3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »