« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月26日 (水)

イモージェン・ヒープ の ニュー・アルバム「ELLIPSE(楕円)」

4年ぶりの新作で迫るIMOGEN HEAP

 グラミー賞候補やジェフ・ベックとの競演、そしてラプトップ・コンピューターを携えてのプレイ。更にマルチ・プレイヤーであり独特の発声で話題のイモージェン・ヒープの4年ぶりの新作アルバムの登場だ。
Ellipse 「ELLIPSE(楕円)」Magaphonic Records 88697-50605-2  2009.8

期待の新作、さっそく聴いてみた。アルバム・タイトルが如何にもイモージェンらしい。今作も13曲全曲彼女の作品。

    first train home
    wait it out
    earth
    little bird
    swoon
    tidal
    between sheets
    2-1
    bad body double
    aha!
    the fire
    canvas
    half life

 スタート曲”first train home”は意外にミドル・テンポで、彼女とすれば比較的オーソドックスに唄う。相変わらずエレクトリック・サウンドでバック・リズムを刻む中、彼女の高音部への変化は独特の世界だ。続く”what it out”では、重録音での歌声を響かせ、5曲目”swoon”、6曲目”tidal”あたりで、軽快なテンポの彼女の世界が全開する。 そして7曲目の”between sheets”で特異の浮遊感の世界に聴くものを引き込んでくる。8曲”2-1”と9曲”bad body double”は、曲としてはスローに、そして異様な雰囲気を醸し出す。
 そして11曲目の”the fire”は多分彼女の演奏と思うが、2分間の静かな中にピアノの音色が流れ、その中に我々は浸れる。それが次の曲”canvas”に流れ、アコースティック・ギターとピアノの演奏に変わり、そしてヴァイオリン、チェロのストリングスの音色がピアノと合体して、彼女の低音部から独特な高音部へのハスキーでいて美しい生きた歌声と共に聴くものの心に浸透する。このあたりがこのアルバムの聴きどころか。
 最後の曲”half life”では、最終章らしく静かに美しく自己のハーモニーで流して結ぶ。
 
 いずれにしても、独特のイモージェン・ヒープの世界は相変わらずで、若干大人向きになったオルタナティブ・ロックの世界を堪能できる。
 今回は、ジェフ・ベックのエレクトリック・ギターは聴かれないが(2曲で若干エレキ・ギターが登場するが)、私としてそのあたりの世界も実は期待したいところであった。しかし、まああまり欲張ってもいけないでしょう。
 とりあえず、しばらく聴き込んでみたいアルバムであることは事実である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

フェイツ・ウォーニングの魅力(2)

 物語がある世界が魅力

Parallels  フェイツ・ウォーニングの前回取り上げた5thアルバム「PerfectSymmetry」(1989)に続いて、2年後に6thアルバムが登場した。

「Parallels」 Metal blade 9 26698-2 1991

 この2枚はジャケからみると、共通性があり、ある意味では2部作であったのか?、いずれにしてもメンバーは前作のRay Alderのヴォーカル、そしてリード・ギターと全曲作曲しているJim Matheosと他3人の変動なく、このバンドのある意味での頂点にあった作品とみる。このメンバーは次作まで継続するわけで、この3作は、彼らのロックにおけるHM/HRを造り上げてきたバンドとしての発展方向に、プログレッシブな感覚と手法を導入、そしてここに彼らの世界の一つの形を造り上げたといっていいのだろう。いずれにしても Jim Matheos=フェイツ・ウォーニングのパターンが確立している。
 複雑なテクニカルにすぐれた曲づくりと、醸し出す知性的なムードはプログレッシブ・メタルと表現される原点であろうし、けっして忘れていないヘヴィメタル奏法を展開するところもにくいところだ。この頃になると、私は彼らの新作を楽しみにするバンドの一つになっていた。そして何にも勝る彼らの曲には、私はlyricsの理解は不十分ではあるが、なにか物語を感ずるところであると断言する。当時は彼らに触発されたと思われるドリーム・シアターが成功の道を歩んでいるところで、その影になっていたところであるが、作品的質は高い。

Insideout_2  7thアルバム「INSIDE OUT」 XRCN-1148 1994

この作品を聴くと、前作に比して聴きやすくなってきたことがわかる。 そして面白いことにRayのヴォーカルも初期のハイトーンのスタイルが変化して語りかけるものに変わりつつある。全体にヘヴィメタル・スタイルは後退している。前作はラッシュを手がけたことのあるテリー・ブラウンのプロデュースによるものであったことにもよるのか、不思議にこの作品になって、ふとラッシュを思い起こすところが見え隠れするところが面白い。多分彼らのどこかにはラッシュの姿は当然あるのであろうし、それは不思議なことではないと想像する。
 曲では”inward bround”という2分少々のインスツゥメンタルのギターをゆったり聴かせる短い曲も挿入されていたり、それに続いての”Monument”では、テンポのあるそしてテクニカルな演奏で聴かせる曲を展開させ、彼らの力みのない余裕を感じさせる作りとなっている。
 しかし私の好みからは、プログレッシブ・メタル感覚の強い前作アルバムの「Parallels」 のほうになる。

 どうも彼らを語ると多くなってしまう。このあとに彼らのバンドも一つと言わず、少なくとも二つの山がある。そのあたりは又次回に譲ることとする。

 参考までに、フェイツ・ウォーニングの1984年のオリジナル・メンバーは以下の通りである。John Arch (Vo), Jim Matheos (G), Victor Arduini (G), Steve Zimmerman (Dr), Joe DiBiase (B) 
 そしてこの91年,94年の2枚のアルバムでは、Jim Matheos(G), Joe Dibiase(B)の二人 のみが残っており、vocal は4thアルバムからの Ray Alder、 もう一人の Guiter は Frank Aresti で、drums は Mark Zonder という布陣になっている。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

ネオ・プログレッシブ・メタルの雄:フェイツ・ウォーニング(1)

地道な歴史を踏むことになったプログレッシブ・ヘビー・メタル・バンド

 プログレッシブ・メタルと言われるドリーム・シアターがニュー・アルバムを発表した事で、日本ではファンも多い彼らを先日取り上げた訳ですが、と・・・・なると、やはりフェイツ・ウォーニング FATES WARNING を改めて考察しておかなければ・・・と思うのである。今こうして彼らとの接点は何だったのか?、と思い起こしているのであるが・・・どうしたことか思い出さない。オリジナル・メンバーは5人のツイン・ギター、ドラムス、ベース、ヴォーカルとオーソドックスな構成だ。
Awakentheg  とにかく、私がこのフェイツ・ウォーニングは、あのマリリオンと共に愛してきたことは事実である。その入り口は、左のアルバムだった。

「Awaken The Guardian」 Metal Blade Records 1986

 彼らは米国コネティカット州出身のヘヴィメタル・バンドと言っていいのだが、既に変調子を駆使して異様なバンドとして知ることになった。考えてみるともう20年以上前の話で、当時あまり情報もなく外盤で接していた。

Noexit_2  そして私をして虜にしたのは、4thアルバムだ。

「NOEXIT」 Metal blade records 1988

 
これも外盤で手に入れ、特に”In A Word”という曲がメタルでありながらも、旋律とリズムの綾に聞き惚れた。そして”The Ivory Gate Of Dreams”の8パート分かれた22分にも及ぶ大曲に、プログレッシブなアプローチを感じさせられたのだ。このアルバムからヴォーカルは現在のレイ・アルダーに変わるが、最近のライブから比較してもかなり当時は立派な高音の持ち主だ。
 ここで、何故彼らを取り上げるのか?と言うと、今やプログレッシブ・メタルという分野もある意味では確立している。そしてその代名詞的バンドがクィーンズライク(当初は日本ではクィーンズライチと言った)であり、ドリーム・シアターであるが、その両者に多大な影響を与えたと言われるのが、このフェイツ・ウォーニングなのだ。

 ここで、彼らのディスコグラフィーをみてみると

  ① Night On Bro"cken   1984
   ② The Spectre Within    1985
   ③ Awaken the Guardian 1986
   ④ No Exit                    1988
   ⑤ Perfect Symmetry    1989
   ⑥ Parallels                  1991
   ⑦ Inside Out                1994
   ⑧ Chasing Time (compilation) 1995
   ⑨ A Pleasant Shade of Gray  1997
   ⑩ Still Life (live)          1998
   ⑪ Disconnected          1998
   ⑫ FWX                     2000
   ・・・・・・と、なる。(近年ライブもののDVDアルバム「LIVE IN ATHENS」を出している)

Perfectsymmetry  そして彼らのアルバムを期待して迎えるようになったのが、この5thアルバム。

「Perfect Symmetry」Metal blade Records 1989   Pccy-00007

 彼らのアルバムをネオ・プログレッシヴ・メタル・バンドとして、その進化に期待しつつ待って迎えたこの5thアルバム。そしてポニー・キャニオンから日本盤もリリースされた。
 (メンバー)
   Ray Alder : lead Vocals
   Jim Matheos : Guitars
   Frank Aresti : Guitars
   Joe DiBiase : Bass
   Mark Zonder : Drums
            
 曲では”at fates hands”とか”Chasing TIME”(弦楽器なども入る)などが印象に残る。そして私にとっての極めつけは最後の8曲目の”nothing left to say”だ。これぞ彼らの典型的美しいギター・サウンドと激しいリズム隊の交錯。Alderのヴォーカルも説得力がる。見事であった。
 このアルバムにて、彼らのバンドとしては第2期を極めたと言っていい。
 彼らのプログレッシブ・アプローチは、その哲学的なところが魅力的で、内容は奥深い。又、このスリーブ・デザインもそんな意味からも引きつける優れものだ。しかし全体の印象としてどうしても暗い印象が出てくるバンドで、それがこの時代、日本ではヒットに結びつかないで来たのかも知れない。
 
 このバンドは実はメンバーの入れ替わりも多い。脚光を浴びたというものでない苦難の歴史の中ではやむを得ないところか。いずれにしてもバンド結成以来のメンバーは実は現在では、ギタリストのジム・マテオスのみであるのだ。

 このアルバム以降も、ご当地では一目も二目もあるバンドとして評価されているが、それにも関わらず日本では脚光はあまり浴びずに今日に来ている。しかし私に言わせるとなかなかの名盤が更にリリースされている。それは次回に検証する。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

ケイティ・メルアKatie Melua の世界(3)

O2a  あのグルジア生まれの英国の若き女性歌手のケイティ・メルアのライブ・アルバムが今年の春にリリースされている。これが彼女の最新盤であるので聴いてみた。
「KATIE MELUA LIVE AT THE O2 ARENA」 DRAMATICO 2009
 アルバム「The Collection」にて観られたDVD盤のライブと同じ2008年の”KATIE's pictures World tour”であるが、このCD盤は11月8日、ロンドン郊外の世界最大と言われるドームにての収録。演奏し唱われた曲も、ほぼ「The Collection」と同じであるが、一部カットされて全19曲。
O2b 曲目は左参照(クリックにて拡大します)。
 こうしてみると、Pictures Tuor といえどもアルバム「Pictures」からの曲というよりは、過去の話題曲、ヒット曲のオンパレードだ。特に私が推薦するアルバム「PIECE BY PIECE」からの曲がメインと言ってもよい。もともとこのDRAMATICOレコードは、彼女の過去の4アルバムとも、なかなか低音が豊かに録音されていて疲れない音であり、メルアの歌声も適度のホール感の残響があり好録音と言っていい。そしてこのライブ盤は若干派手な音に録音されているが、ライブものとしてもクリアでよい部類に入る。
O2c  そして、このライブ・ステージは左右にライブ・カメラ画像の投影と、中央にコンピューター画像5枚を並べて動画で演出するというかなりの凝りようで、そのあたりは「The Collection」のDVDで見て取れる。
 曲は、彼女作の”PIECE BY PIECE”からじっくり聴かせるパターンでスタートする。そしてグルジアのフォーク・ソング”Yellow Leaves”や、例のサイレント時代の女性映画スターを歌う”Mary Picford”など、更に”Spider's Web”、”The Closest Thing To Crazy”、”Nine Million Bicycles”などなどヒットを唱い上げる。そしてアンコールに入って、あの乗りの良い”On The Road Again”、その後にジャニス・ジョプリンの”Kozmic Blues”をカヴァーする。これにはやはり彼女のブルース心と、ジャニスの熱唱とが混在して面白い。最後は”I Cried For You”で締めくくっている。
 バック・バンドも良質で6人の健闘が光る。Luke Potashinick のギターもいいし、Frank Gallagher のViolin、Pipes が印象的だ。

Katie_melua3  いずれにしても、これだけの観衆(24歳という若年の彼女としては、40代以上の多くを集めることが出来ることに脱帽する)を集め、そして堂々とステージいっぱいに展開する演技と歌には驚かされるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

ケイティ・メルアの世界(2)

Pictures3 Katie Melua ケイティ・メルアの3rdアルバム「picturesDRAMATICO 2007

 先日、1st、2ndアルバムに触れたが、彼女のブルースやジャズ色のロック&ポップスといったスタイルは、その歌声とともに精神安定剤的効果を発揮するところは、このアルバムも同じだ。内容的にはタイトルどおり映画というものを意識したもの。オープニングの曲は、ライブでも結構力を入れている”mary pickford”。これはチャーリー・チャップリンと共にサイレント時代の女優であるピックフォードを取り上げている。
2曲目に入って”it's all in my head”は、やや大人っぽくなったケイティが見えかくれする。4曲目”what i miss about you”は語りかけるように、そして”dirty dice”はリズムに乗っての歌ではあるが、同様に大人の世界も臭わせる。
 いずれにしても彼女独特のあどけなさの残る声は魅力的であり、その唱い方の聴きやすさが出色である。
Katiemeluab  そして彼女のこれぞケイティというパターンは10曲目”if you were sailbot”で頂点を迎える。12曲目”in my  secret life”では、なんとなく色気のある歌い方もみせるところが面白い。13曲目”when you taught me how to dance”は映画「ミス・ポター」の主題歌で、映画のエンディングに登場する曲。この映画DVDで持っていたので、改めて観てみた。意外にスッキリとこの曲は歌い上げる。締めくくりはあのヒット曲”the closest thing to crazy”のアコースティック・バージョンが登場する。
 こんな感じのアルバムであるが、この3rdアルバムに至って、ロック調であれフォーク調であれ既にケイティ節は出来上がっていることが解る。このあたりは、ちょっと恐ろしいくらいだ。

Collection  ■ CD+DVD(ライブ)盤で登場の4thアルバム「The Collection」DRAMATICO 2008

 これは、過去のアルバムからの曲のコンピレーション盤といってよい。内容は過去のアルバムからの曲群14曲とニュー・トラックとして3曲が追加されている。
 いきなり”The Closest Thing To Crazy”が登場して、一気にケイティの世界に引っ張り込む。飽きずにあっという間に17曲が聴かされる。とにもかくにも買って損のないアルバム。
 そして、DVDはケイティの2008年tourでのRotterdamのLIVE90分が見れる。彼女の歌声、アクションはもちろんギター、ピアノ・プレイが堪能できるし、バック・バンドもギター、ベース、ドラムス、ピアノ、パーカッションを主体にヴァイオリンその他も登場しての充実ぶり。会場の観衆は、彼女の年齢からしては立派な大人が多い。支持者はかなり年齢層の幅が広そうだ。
 このCD+DVD盤は結論的には、楽しめると同時になんとなくやはり精神安定剤的に気持ちも救われるアルバムである。
 これは一応の集大成盤であり、これを聴くといよいよ次のアルバムからは、どうした新展開があるのか?と、ついつい期待してしまうのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

ドリーム・シアターの新作「Black clouds & Silver Linings」

進化はあるか?マンネリか?

Blackclouds  ロードランナー移籍の前作「systematic chaos」から既に2年経過しての彼らの第10作となるニュー・アルバム「Black Clouds & Silver Liningsブラック・クラウズ・アンド・シルヴァー・ライニングス」 ROADRUNNER Records 1686-178835 2009の登場。
 プログレッシブ・メタルというジャンルも定着している現在、この世界を構築した彼らは結構偉大と言えば偉大である。その彼らの1stに引きつけられて以来の10作目となると、それなりに結構感動もある。
Blackclouds2  今回のアルバムは、CD3枚組で1枚目はこのアルバムのオリジナル全6曲。そしてボーナスCDとして、2枚目はカヴァー曲6曲、3枚目はこのアルバムのインスト・ヴァージョン6曲という構成である。(左パック裏面を参照:クリックにて拡大)
 まず、前作があまり記憶に止まらない程度の作であったことから、今作に期待する気持ちが大きかったこと、そして又今回のヒュー・サムのカヴァー・アートが秀作であることからこのアルバムに接することは実は大きな喜びでもあった。
 ドリーム・シアターは、あのリフそしてフレーズの多彩さは類を見ないし、展開のドラマティックさはトップクラスであることは誰もが認めようが、いかんせん最近はマンネリ化に陥っていたことは事実だ。彼らは器用であるが故に、ピンク・フロイドを筆頭にカヴァーも見事で、それが実は逆効果を及ぼしていたのではないか?。
 そんな中での今作、アルバムとしてのまとまりは十分納得する。オープニング”A Nightmare To Remember”は極めて彼ららしいスタートで期待を持たせ、救急車のサイレンが何か不安な一つの世界を想像させるところは頂きだ。1曲目が16分の大作、このハードな曲展開はむしろ私は歓迎した。それは4曲目”The Shattered Fortress”にも繋がってこの曲の疾走感はいい。ただし、今回登場するマイクのデス声は頂けない。これらの曲をむしろネガティブに作用している。それが不安だったのか?、CD3枚目にインスト曲として披露している。これが実は彼らのマンネリからの脱却を計りたい暗中模索の姿とみた。かってある意味での美しさを描いた中のヘヴィネスが取り柄であったと言えるが、どっかのバンドのようなデス声は全くのマイナスだ。そもそもインスト盤をカップリングすること自体、彼らの曲作りに不安があったのだろう。これはサービスでなく、受けを求めてのナンセンスな抵抗だ。
 それはさておき、5曲目の”The Best Of Time”のストリングス、ピアノ、ギターからの入りは美しい。
 アルバム全体のラブリエの声も大人っぽくなった。これは賛否両論あろうところだ。しかし、結論的にはこのアルバムはマンネリ感の中の集大成といったところ。けっして駄作ではないが進化は見られなかった。であるが、ニュー・アルバムとしてこうして新曲を聴けるところは嬉しい複雑な気持ちになる。当然今後の頑張りはなんといっても期待するバンドであることには間違いない。
 そうそう、2枚目CDのカヴァー集、レインボー、クイーン、アイアン・メイデンになんとキング・クリムゾンと来るから器用な彼らのサービスだ。しかし、よく聴いてみるとクリムゾンの”太陽と戦慄パート2”だって、なんかあのクリムゾンのスリルと不安感が出ていない。どっか違うのだ。クリムゾンをフロイドが演奏したような変な世界である。

 もう一度結論的には、ドリーム・シアターのニュー・アルバムは歓迎する。音の単純化の方向にはどうしてもゆけない彼らのスタイルを、今後如何に進化するかの課題を残したアルバムといえるが、アルバムのまとまりは良くさすがと言っておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »