« 残雪撮影2010 | トップページ | ジェフ・ベック とデヴィット・ギルモア、イメルダ・メイの競演 »

2010年4月 8日 (木)

ジェフ・ベックとイメルダ・メイ・バンドの競演

イメルダ・メイ・バンドに客演としてのジェフ・ベックの味

最近、少々ブートから離れていましたが、やはり私の関心のあるミュージシャンのライブ活動が盛んであると、ついついそっちの方面にも手がでてしまう。ジェフ・ベックのニュー・アルバムとの関係で、このブートを紹介する。

Shakerattleroll1 「JEFF BECK LIVE / SHAKE RATTLE & ROLL with IMELDA MAY BAND」 Live at Indigo2,The O2,London U.K. Sept.21st 2009  NTSC JBD101cd

 アイルランド出身の女性ロッキン・スウィンギン・シンガー・ソングライターのイメルダ・メイとジェフ・ベックの競演が2009年9月にロンドンはO2アリーナで行われたが、その模様を収録しているCD2枚+DVD1枚のブート。
 ここでは、ベックのギターとイメルダ・メイ・バンドが、まさにスウィングし、特にリラックスしたジェフのロカビリーやジャズ・スタンダード・ナンバーのギター演奏が楽しい。

Shakerattleroll2  このCD盤2枚のほうには、当日演奏された25曲が完全収録されている。(左収録曲リスト、クリックにて拡大)
 一方DVD盤は、客席からの人影の間からの撮影で、かなり無理もあるが、何とかクローズ・アップも行われ、ステージの様子は取り敢えずは収録されたといった代物である。ベックやイメルダ・メイの表情も一応解るので、良いとしておこう(22曲収録)。

 サウンドは、オフィシャル盤とまでは行かないが、それなりに厚いサウンドで、ブートとしてはまあ良い方だ。
 とにかく、イメルダ・メイ・バンドは50年以上前のロカビリー・スタイルを現代に生かすことによって、新鮮味を持たしたことは恐れ入る。そしてイメルダ・メイの歌唱能力の高さと魅力のある声が売り物と言っていい。ベックがこのバンドのライブに客演したものであるが、殆どの曲にベックのギターの音が、いつものベックのライブとは明らかに緊張度が違って、かなり気持ちよく楽しんでいるという雰囲気が伝わってくる。しかし客演と言っても、ベックのライブそのものの活躍ぶりである。

 今回のベックのニュー・アルバムの”corpus christi carol”、”lilac wine”も登場する。更に日本盤ボーナス・トラックの2曲も登場して、特に”cry me a river”はイメルダ・メイのヴォーカルが入る。比較してみると面白い。又、イメルダ・メイのアルバム曲”Love tattoo”なども当然登場。しかし、こうして映像で観ると、彼女は新進気鋭といっても貫禄十分にベックと渡り合っている。
 その他、なんと懐かしの”Apache”が登場して驚いた。これで私の若き時が甦った。こんな曲も忘れていた曲の一つだ。そして最後は例のごとくベックのギターで”over the rainbow”で幕を閉じる。

(ブート採点=★★★★☆(4/5)) 

|

« 残雪撮影2010 | トップページ | ジェフ・ベック とデヴィット・ギルモア、イメルダ・メイの競演 »

イメルダ・メイ」カテゴリの記事

ジェフ・ベック」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/34134587

この記事へのトラックバック一覧です: ジェフ・ベックとイメルダ・メイ・バンドの競演:

« 残雪撮影2010 | トップページ | ジェフ・ベック とデヴィット・ギルモア、イメルダ・メイの競演 »