« ヘイリー・ロレン Halie Loren (3) : ニュー・アルバム「After dark」登場 | トップページ | ロジャー・ウォーターズ「2010 THE WALL Live」 裏話 (1): 映画”空軍大戦略” »

2010年10月29日 (金)

ターヤ・トゥルネン Tarja のニュー・アルバム「WHAT LIES BENEATH」

今作はかなり気合いの入ったメタル色の加味したヘヴィ・ロック・アルバム

 もう前作から3年近く経過しているんですね。ナイトウィッシュからの離脱は、どんな事情があるにしてもちょっとがっかりでしたが、ソロとしてのターヤ名義の前作「My Winter Storm」は若干方向性に迷いのあるアルバムだった。ソロとしての道に暗中模索していたのであろう(そして本家ナイトウイッシュはその後の一枚でまだニュー・アルバムはない。目下トーマスが練りあげているようだが)。もともとクラシックにも通じている彼女であるだけに、ソロとしての方向性は難しいところであったと思う。

Whatliesbeneath 「Tarja / WHAT LIES BENEATH」 The END records TE-165-2 , 2010

 今回のアルバム、スリーブ・デザインはターヤの顔写真だが、三通りあり購入におやっと思ったが、私の買った左のものはデラックス盤のようでCD二枚組である。しかし一枚目が今回のアルバムで、もう一枚はボーナス盤のようだ。(このアルバムの日本盤のリリースはこれからの11月の予定)
 
 さて、このアルバムだが、オープニング曲”anteroom of death”にはSEが入り、ハープシコードと2バイオリン・1ヴァィオラ・1チェロの弦楽四重奏の加わった出で立ちでスタートするため、おやっクラシック調?と思うが、ヘヴィ・ロックなサウンドが炸裂する。そして彼女の歌声と混声合唱が加味して進行する。なかなか味なスタートである。
 2曲目”until my last breath”になると非常に聴きやすいヘヴィ・メタルに変化する。これにキー・ボードも入ってエレクトリック・ギターもまさにナイトウィッシュ調になる。はは~~ん、やっぱりターヤはこれなんだなぁ~と、今回の彼女の方向性がここで見えてくる。

 (収録曲)
    1. anteroom of death
    2. until my last  breath
    3. dark star
    4. under neath
    5. little lies
    6. rivers of lust
    7. in for a kill
    8. montanas de silencio
    9. falling awake
   10. the archive of lost dreams
   11. crimson deep

Tarjat  ”Little lies” ベヴィなサウンドが結構快感だ。そしてその後に”River of lost” では、彼女の説得ある歌唱を披露。そして再びヘヴィ・メタル・サウンドに”in for a kill” で展開、彼女の例の凄みすら感ずるヴォーカルが迫ってくる。バック・バンドもオーケストラと共に奮闘。
 ”montanas de silencio”は、女性コーラスをバックに静かな世界。このあたりは彼女の歌唱力で聴かせてくれる。
 最終曲”crimson deep”はゆったりと重厚にそして壮大に締めにふさわしく展開、ターヤも思い存分歌い上げている。

 このアルバムはなかなか気合いの入った作で説得力もある。やはり歌唱力は最大の武器だ。今年の後半のロック界の名作にもなりそうな出来だ。こりゃ~~ナイトウィッシュもうかうかしていられない。
 取り敢えず、彼女も今年多分33歳になると思うが、クラシックかポピュラーかの道に多分悩むところはあろう、しかしこうしてヘヴィ・ロックに帰ってきたターヤ(Tarja Soile Susanna Turunen)を歓迎して、このアルバムに乾杯しておこう。彼女の国フィンランドでは当然喝采を浴びせていることであろう。

|

« ヘイリー・ロレン Halie Loren (3) : ニュー・アルバム「After dark」登場 | トップページ | ロジャー・ウォーターズ「2010 THE WALL Live」 裏話 (1): 映画”空軍大戦略” »

ターヤ・トゥルネン」カテゴリの記事

ナイトウィッシュ」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

アコースティックやクラシックカバーをやるなら、サラ ブライトマンで十分なので、ターヤ トゥルネンがこっち方面に帰ってきたのは喜ばしい事です。あとは、アルバム全体の統一感でしょうかね。

投稿: nr | 2010年10月29日 (金) 23時39分

 nrさん、お久しぶりです。コメント有り難うございます。ターヤもやはり我々にとってはやっぱりこっちのタイプがいいですね。nrさんも色々とこなしているんでしょうが・・・・やっぱり、この世界は一生足は洗えないと想像しています(笑)。
 ナイトウィッシュも新作に向かっているようですから・・・久々に楽しめそうです。アネッテは無事出産したのでしょうか?

投稿: 風呂井戸 | 2010年10月30日 (土) 16時18分

This is such a great resource that you are providing and you give it away for free. I enjoy seeing websites that understand the value of providing a prime resource for free. I truly loved reading your post. Thanks!

投稿: opthamologist | 2010年11月11日 (木) 08時14分

My cousin recommended this blog and she was totally right keep up the fantastic work!

投稿: information technology | 2010年11月17日 (水) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/37443173

この記事へのトラックバック一覧です: ターヤ・トゥルネン Tarja のニュー・アルバム「WHAT LIES BENEATH」:

« ヘイリー・ロレン Halie Loren (3) : ニュー・アルバム「After dark」登場 | トップページ | ロジャー・ウォーターズ「2010 THE WALL Live」 裏話 (1): 映画”空軍大戦略” »