« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月30日 (木)

マデリン・ペルー Madeleine Peyroux (2) : 何故か気になるノスタルジック?な世界

マデリン・ペルーの音楽は、技巧に走らない姿が魅力

Madeleine_peyroux2 ジャズでありながらフォークでありブルースでありカントリーでもあるマデリン・ペルーの作り上げる音楽は、”ビリー・ホリディの再来”、”女性版レナード・コーエン”、”ポスト・ジョニー・ミッチェル”などなどと言われるようだが、私の聴くところでは単にそのように表現できない世界であって、そこに更にシャンソンも加わっての彼女独特の世界なのだと言っていいと思う。
 もともと音楽ファンの父親の聴くジャズを中心とした音楽が、子供であった彼女に影響を及ぼしていたようで、ジャズの範疇において作り上げられたものとして捉えていいのだろう。
 そして両親の離婚となり、母親がフランス語の教師であったことからか?フランスはパリに住んで少女期から音楽に目覚めて、そして作られてきたもの。 

 私にとっては、のめり込んで聴くというわけではないが、何故か気になるマデリン・ペルーの世界なのだ。そして既にここでも10月27日に3rdアルバム「Half the perfect world」を中心に彼女の世界にアプローチしてみたわけであるが、それを見た友人が有り難いことに彼女のライブDVDをプレゼントしてくれた。
 
Madeleinesumethingranddvd 「madeleine peyroux / SOMETHIN' GRAND」 UNIVERSAL UCBU-1028  2010

2009年1月ロサンゼルスのクラブにおけるライブ録音。大会場でないだけに、バンドやマデリンの一挙一動がよく映像に捉えられていて、これも彼女の音楽にマッチングした映像アルバムとなっている。
 収録曲は17曲で、最新作アルバム「bare bones」より9曲、3rd「Half the perfect world」より3曲、2nd「careless love」から4曲、1st「Dreamland」から1曲となっている。

(パーソネル)
 マデリン・ペルー (vo. g)
 ラリー・クライン (b)
 ディーン・バークス (g)
 ジム・ビアード (key)
 サム・ヤエル (org)
 ジョーイ・ワロンカー (ds)
 リサ・ジェマーノ (vln)

 2ndアルバムからのレナード・コーエンの”哀しみのダンス Dance me to the end of love” からスタート。そもそも彼女はギターを演奏してのシンガー・ソングライターではあるが、アルバムでもカヴァー曲が圧倒的に多い。しかしこのライブでは2曲目から彼女とその他のシンガー・ソングライターとの共作の曲が主体をなしている(彼女の好きなボブ・ディランの曲”私はさびしくなるわ”が登場するけれど)。そしてこれらがあのややかったるいというか、やや暗めに感ずるものもあるが、しかしどちらかというと郷愁を呼ぶ心の安堵感を導いてくれるものに仕上がったものが多くなっている。4曲目の”down the circumstances”なんかは歌った後で、ちょっと暗くなったので次の曲”悲しみにさよならI'm all right”は明るく歌うと語りながらのライブで、自分でもそのあたりは意識しているのかも知れない。ブルース調やフォーク調など比較的スローな曲群も歌われ、それなりにマデリン節になっている。
 もともと歌い方は軽く流すようなタイプで、力みやシャウトはなく聴くものにとっては刺激は少ない。それが場合によっては、特に引きつける印象もなくさらっと聴きながしたという感想をもつ人がいる原因であろうか?。しかしこうしたスタイルは、このご時世ではある意味では新しい世界と言ってもいいのかも知れない。我々のようにそれなりに年輪を重ねたものにとっては懐かしさをふと感じてしまうところだ。
 私が思うにマデリンのジャズ畑におけるこの彼女なりきの特殊性は、シャンソンの因子が大いに働いての結果とみている。そこがポイントだ。

 この映像に納められた彼女をみると、気取りもないがもともとそんなに愛想のいいタイプではないといわれているようだが、やや大柄に見える姿で結構オーディエンスに語りかけているところは愛嬌もある。そしてアコースティック・ギターを奏でながらの唄う姿は、ストリート・シンガーでの経験から形作られたパターンなんだろうと想像してしまう。

 このDVDのライナー・ノーツを担当している渡辺亨によると、マデリンを”ノンシャラン(nonchalant)”と言う言葉が似合うと言っている。この言葉は、気ままな、無頓着な、のほほんとした、というような意味らしい。確かにこの映像ものにも、歌い始めてとちって、もう一度歌い直すというシーンも納められていて、普通ならカットするところであろうが、平気で納めているところは結構親近感をもって見て取れる。
 いずれにしても、バック・バンド・メンバーも充実していて、2nd以降プロデュースを担当しているラリー・クライン(Bass)など、どうもこの収録ライブの為の特別メンバーと推測される。私には興味ある映像ものだ。

Calesslove2 そんなマデリンの方向性が良く出たアルバムがある。

2ndアルバム「Careless Love」Rounder Records  Rounder-11661-3192-2   2004  (左)

 1996年デビュー以降8年ぶりにリリースされたもの。レナード・コーエン、ボブ・ディラン、ハンク・ウィリアムス、などのカヴァー集だが、マデリン流ジャズ・ミュージックが花咲いている。全体的にスローな展開が多く日光の下で輝いて聴くというものでなく、深夜にゆったりとした気持ちで聴くに向いている。
 なにかジャズによって、よき時代を思い起こさせてもらい、そして現実社会での奮闘を癒してもらうには良いのかも知れない。

 世界でも100万枚以上の売り上げがあったというアルバムである。ラリー・クラインのプロデュースだ。彼女はルイ・アームストロング、ボブ・ディラン、ビリー・ホリディが最も敬愛する3人だと言っている。そうした流れを感じながら、聴き流すぐらいの気持ちで聴いているといいアルバムである。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

フレドリカ・スタールFredrika Stahl 「Sweep Me Away」

FREDORIKA STAHL ~フランスからのポップ・ジャズは粋だった

Photo1  フランス発のジャズ・シンガーということで、何となく聴くことになったフレドリカ・スタール Fredrika Stahl。彼女は1984年スウェーデン生まれの今年26歳の若手新進歌手。しかし幼少期はフランスで育ち、感受性の高い12歳には故郷に帰り、そして17歳にはスウェーデンの学校を卒業して、歌手を志して故郷を離れフランスはパリに再び住むことになる。2005年21歳で名門ジャズ・クラブ”ニュー・モーニング”に出演するようになり注目を獲得。ピアノを演ずるシンガー・ソング・ライター。2006年に1stアルバム「A Fraction of You」をリリースし好評得る。

Sweepmeaway 3rdアルバム「SWEEP ME AWAY」 Sony Music 88697647572  , 2010

 彼女はフランスのジャズ畑からの日本デビューであったようだが、このアルバムを聴くと、1stアルバムのジャズ色は消えて、もはやジャズとは言い難い。イントロを入れて14曲納められているが、全て彼女の作詞作曲。こんなところにも才能を感ずるが、彼女自身でピアノをも演じている。
 なんとなくシャンソンのような語りムードがあったり、ラグタイムragtimeぽかったり、フランスとスウェーデンの両国の異なった文化により形成された彼女により築かれたメロディー・ラインである。どちらかというとここまで来ると、ポップ系と言って良いのではと思う。

 そしてトータル感覚の上にアルバムが作られたようで、彼女のハミングの多重録音ハーモニーと語りの入るイントロからスタートするという手法で、なかなか粋なアルバムに仕上がっている。
  1. intro
  2. sweep me away
  3.fast moving train
  4. rocket trip to mars
  5.altered lens
  6. M.O.S.W.
  7. adrop in a sea
  8. she & i
  9. fling on boy
10. what if ?
11. in my head
12. Fading away
13. song of  july
14. so high

Live1  曲の演奏は彼女のPiano に加えて、Drums, Bass, Guitars, Wulitzer そして Strings が入る。
 そして歌声は、可愛らしさの残るクリアーなヴォイス。力みのない歌声。高音になるに従い優しい声になる。とにかく疲れない歌唱で印象は良い。
 既に来日ライブも行っているが、なかなか評判も良かったようだ。

1stアルバム「A Fraction of You」 (2006年)
2ndアルバム「Tributaries パリで見つけた12の贈り物」 (2008年)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

女性ジャズ・ヴォーカル:ダイアン・ハブカ Diane Hubka

7弦ギターを操り、くせのないヴォーカルのダイアン・ハブカ

Photo  私が時として手に入れる雑誌として「ジャズ批評」(左)がある。最近は、「20世紀のCDコレクション」という特集にひかれて、今年の11月号(No153)を購入した。
 これに目を通していて、ウンウンとうなづいてしまった記事があった。それは=”Swingin' Beauties ~いかした美女達~”第38回:清楚な美人歌手にして7弦ギターの名手、ダイアン・ハブカ=という後藤誠一の5頁の記事である。
 その中に~私は彼女のファースト・アルバム「Haven't We Met」を1998年ごろにリアル・タイムに購入しながら、あまり聴く機会もなく、CD棚に眠らせていた。彼女の歌は自己主張があまりなく、さりげなさが前面に出て、それだけ当時の私の駄耳には印象が薄かったのである~と書かれていた。


Goestothemuvies  あれ、私もダイアン・ハブカって聞いたことあるなぁ~~、おやもしかしたら私もと、・・・CD棚を覗いてみると、なんとちゃんとあるではないか。それは彼女の1stアルバムという古いものでなく、2007年のアルバム「DIANE HUBKA Goes To The Movies」18th & Vine , Allegro Corporation 18V-1054  2007  (左)であった(これは日本盤はタイトルが異なっている)。

 後藤誠一氏の彼女のアルバムの印象が、全く私の場合も同様であったことに非常に親近感を持ったというのが偽らざる私の感想である。

 確かにこの私の所持しているアルバムも、彼女のヴォーカルは近年の一般的な流行と異なって、全く癖のないそして素直な発声でしかもやさしくさわやかな歌声。ある人に言わせると透明感の高いのびのびとした声という表現にもなる。
 このアルバムは、日本盤タイトルはセルジオ・メンデスやダイアナ・クラールで有名な映画「カジノ・ロワイヤル」からの”ザ・ルック・オブ・ラブ”の曲名だったと思うが、映画音楽を題材としての彼女ならではの選曲集なのである。

(members)
    Diane Hubka : Vocals, Guitar
    Christian Jacob : Piano, Arranger
    Carl Saunders : Trampet
    Larry Koonse : Guitar
    Chris Colangelo : Bass
    Joe Labarbaera : Drums

  このようにメンバーもなかなかの揃いかたで、質の高い演奏を聴かせる。

Dhubka1 (曲目)
  1. All god's chillun got rhythm
  2. Double rainbow
  3. The look of love
  4. Lovers in New York
  5. He's tramp
  6. The bad and Beautiful
  7.  I'm old fushioned
  8.  The long goodbye
  9. Close enough for love
10. You only live Twice
11. Wild is the wind
12. Manha' de Carnaval
13. Invitation

 3.は「カジノ・ロワイヤル」、10.は「007は二度死ぬ」、5.は「わんわん物語」、12.は、「黒いオルフェ」等々である。
 私の好みとしてはスローな曲になるが、”the long goodbye”、”Close enough for love”、”You only live twise”、”the look of love”などが魅力的。
 そして、これだけのものでありながら、やはり癖のなさが逆にインパクトに欠ける面があると言っていいのか?。とにかく安心して何も思わずに聴けるのである。こうしたレベルも高く良盤であるにもかかわらず私の場合も棚に収まっているままになっていた。そのあたりが不思議なところ。
 この12月には日本ツアー中、新しい発見があるかも知れない。

 ダイアン・ハブカはチェコからの移民の子孫らしい。米国ニューヨーク近郊出身。年齢は不詳とのこと、30-40歳というところか?。ギタリストとしての腕も評価があり、7弦ギターを操る。この紹介したアルバムの12.は、彼女のギターで録音されている。ジャズの研鑽も深いようだ。デビュー・アルバムは1998年、近作は2008年のライブ盤である。
 
 このような実力者であるだけに、日本でも結構ファンはいるようだし、今後どう発展してゆくか?、日本でもどんな形で支持を獲得してゆくか、若干興味のある女性ヴォーカリストである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

ZERO CORPORATION= ロックの一つの花:キングストン・ウォール Kingston Wall

哀しき’90年代のあだ花 : キングストン・ウォール

 先日あるところで、1990年代の日本のレコード・レーベルであるゼロ・コーポレーション ZERO CORPORATION (配給は東芝EMI)に触れたんですが、このレーベルはヘヴィメタル系のアーティストの発掘に努力して契約アーティストは100以上に及んだようである。
 私にとっては、英国を中心としてのプログレッシブ・ロック衰退の後、イタリアを始めとしてのユーロ・プログレに関心を持ち、それも一段落して何を何に求めて良いか暗中模索していた時に、このレーベルのリリースしたアルバムに、若干の関心を抱いていた。しかし残念ながら1999年に閉鎖となってしまっている。しかしこのレーベルのリリースした中で、当時いやに気になったバンドがあった。今ふとそれを思い出したのである。

Kingstonwall2_2 キングストン・ウォール Kingston Wall 「Kingston Wall II」 ZERO Corporation XRCN-1067  1993

 これが日本初お目見えしたアルバム。キングストン・ウォールというバンドの2ndアルバムである。
 フィンランドはヘルシンキのトリオ・バンド。Petri Walli というギタリストがリード・ヴォーカルでリーダー、 Jukka Jylli (Bass, Backing Vocals)、 Sami Kuoppama"ki (Drums) のメンバー構成。
 
Members_5   1. We cannot move
   2. Istwan
   3. Could it be so?
   4. And it's all happening
   5. Love tonight
   6. Two of a kind
   7. I feel love
   8. Shine on me
   9. You
  10. Pale'kastro

 もともとキング・クリムゾン、ピンク・フロイドに傾倒した私であるので、おおよその想像は付くと思うが、彼らのサウンドはキーボードはないのだが、プログレッシブのニュアンスを持ち、そしてサイケデリックであるハード・ロックといっていい。
 しかし、その独特のアラビアを思わせるメロディーと、なんかサイケデリックなそして一種の特殊な世界に導かれるようなサウンドは、過去に類をみない。
 もともとJimi Hendrix やLed Zeppelin の影響を受けつつ、Pink Floyd に傾倒したらしいから不思議な世界になってくる。スタートから中近東を想わせるリズムが流れる。そして”And it's all happening”や”Shine on me”の曲 あたりはギルモアのギターの音にも通づるところも感じて、私なんかはぐっぐっと引っ張り込まれる。アコースティック・ギターも登場するが、ドラムスとともに演じられるカッテイング奏法が面白い。最終曲”Pale'kastro”では、波のようにうねって迫り来るバンドの集中演奏は頼もしいインスト・ナンバー。
 彼らの素晴らしいところは、彼らの編み出した世界に我々を引っ張り込んで行くところである。こんなバンドが’90年になって生まれたことが、非常に不思議だった。

Kingstonwall1 キングストン・ウォールKingston Wall 「Kingston Wall I」 ZERO Corporation XRCN-1084  1993

 日本盤初登場の「Kingston II」の注目度が高かったことにより、すぐさま出された彼らの1stアルバム。彼らはライブを非常に好んで、インプロヴィゼーションを非常に大切にしていると語っている。そしてそんな世界を2nd以上に聴かせるアルバムだ。ちなみにこのアルバムでは中盤の”Tanya”そして”I Prelude”あたりのインスト曲がなかなか深遠で私は好きです。そして終盤の盛り上がりは見事と言いたい。

Kingstonwall3キングストン・ウォール Kingston Wall 「Trilogy」 ZERO Corporation XRCN-1200 ,  1994

 彼らの3作目のアルバム。ここに来て明解になるが、1st と 2nd と この3rd で3部作になっている。従って、この3作バック・スリーブ・デザインが全く同じである。そしてこのアルバムに来て、ピンク・フロイドのシド・バレット流でなくロジャー・ウォーターズが試みたようなサウンドのサイケデリックな面が強調されてくる。又大作傾向で1曲目から10曲目まで切り目無しの40分の曲が作り上げられている。
 1stはサイケ・ハード・ロックの色彩が濃く、2ndはミステリアスで宇宙的で、そして独特のリズムが刻んだプログレ感覚が強かった。
 そんな訳で私は2ndを最も愛聴したわけですが・・・3rdリリース後、彼らはどのように発展するかが楽しみでしばらく待ったが、音無しの状態であった。そして哀しくもこの キングストン・ウォールは既に存在していないことを知ることになる。

 実は、3rd発表後の1995年8月、このバンドのリーダーPetri Walli が死亡。死因については明確な情報がないが自殺が推測されている。従ってこの3枚のアルバムのみが彼らの独創的なサウンドの極みであったことになった。実に残念であるがそれが事実であった。

 ふと、約20年近く前のロック界における一つの私が注目したバンド(宝物といっていい)をここに紹介した。そしてその世界を未だに継げるものがない事も彼らの特異性を示していることなのだ。

 最後に、このキングストン・ウォールは伊藤政則が外盤で知りZEROに持ちかけたことにより、日本盤リリースということになったという。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

手塚治虫漫画全集(その1) : 「おお!われら三人」

講談社 「手塚治虫漫画全集」全400巻
(1977年-1997年の20年越しの完結品

 秋も過ぎ冬を迎えると夜長はますます顕著となり、午後5時というと既に暗い世界となってしまう。こんな時にふと昔の少年時代の漫画も恋しくなる。

Photo  私が大切にしている漫画全集がある。それは講談社がかなりの気合いを入れて発刊したもの。

「手塚治虫漫画全集」

 目下、全400巻左のように安置してある(B6判であるため、本棚の一段に奥と前面と2列で収納)。
 これは1977年6月より当初300巻の予定で、第1期1977年6月~1979年8月、第2期1979年10月~1981年11月そして第3期1982年2月~1984年10月と一期100巻の計300巻を7年かけて発刊した。

About_main_phototr もともと手塚治虫ファンであった私は、この全集購入に踏み切ったのは、1950年代の彼の作品を改めて手に入れたかった事による。それは1956年から57年にかけて「中学生の友」という雑誌に連載した「おお!われら三人」という作品を、なんとしても20年経た1970年代になって再び見たくなった事による。この作品数回連載したのみで中断してしまったもの。

 もともと手塚治虫の全作品を網羅したいという構想からの「全集」発刊であった為、毎月4巻発刊されるものを7年間かけて1巻も漏らさず購入したわけだ。あの最も代表作「鉄腕アトム」は全18巻+別巻2巻の20巻で完全に納めた。
 しかし残念ながらこの300巻には、私の目当ての「おお!われら三人」は登場しなかった。非常に残念な思いをしたわけであるが、そうこうしているうちに10年近く経過し、手塚治虫死後になっての1993年になって、なんと第4期100巻の刊行が始まったのだ。そしてそれには5年近くかけて1997年12月に全400巻が完結したのである。

Photo_2  そして316巻「流星王子」左)に・・・・

この「おお!われら三人」(1993年4月発刊)が併載されたのだ。なんと私の26年目の夢がかなった瞬間であった。

 この作品は当時の中学生を対象とした学習雑誌「中学生の友」(小学館)に昭和31年(1956)4月号~昭和32年(1957)1月号に連載した。この雑誌は戦後の日本における子供にとっての重要な役割を果たし、1949年1月から1957年3月まで発行された雑誌である。
 手塚治虫の話によると、原稿の提出が遅く、もうダメだということで切られてしまったのだという。しかしその直後にこの雑誌も廃刊となったのは偶然であろうか?。

Photo_3

Photo_5  日本に於いて、第二次世界大戦(太平洋戦争)開戦時の年に旧制中学校に入学した3人の少年の姿を中心に、当時の世相や大人社会と子供の純粋な世界の矛盾を軽快に描き、全く性格と環境の異なる3人の男子が心を一つにして生きてゆくドラマである。

 手塚治虫の回顧によると、かなり大作のつもりでスタートしたらしい。しかし先の話ようなことで中断してしまったわけであるが、私にとっては返す返すも残念であった。彼の記したものでには「戦争が終わるまでの話を描くつもりであった。 3人が出征して戦地に行き、そして戦争直後まで3人共生き残るのです。バラバラになって、一人は捕虜になり、一人は横井さんみたいに逃げまわり、そしてもう一人は疎開してそこで学校の先生になり、子供達と空襲にあいながら生きるわけです・・・そこで”日本の武士道とは何か”ということをずっと描いてゆくつもりだった」と言っている。

 一人が予科練に入っての生き様、残った二人は戦争勃発の日本の社会にうごめく社会悪(軍需産業家や特高)と戦うところで終わってしまう。

 非常に私の子供心に焼き付いた作品であった。多分その後、手塚治虫はまだ延々と2~3年は続けるつもりであったと思われる。 非常に残念な作品であった。

 ふと、彼の全集400巻を眺めつつ、古い話に回顧してみた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »