« マーラー Gustav Mahler の世界(2) : さらなる交響曲第十番嬰ヘ長調の考察 | トップページ | マーラー Gustav Mahler の世界(3) : 第五交響曲(その1)~人間模様~ »

2011年1月17日 (月)

久々の大雪

 猛暑であった2010年の夏、そして冬となり、この2011年になって例年にない冬型の大雪が日本列島を襲っている。私の生息している信州も例外ではない。特に北部はその雪の世界に埋もれ白銀の世界だ。かってはこうした冬型の気圧配置による大雪は例年のことであったが、ここ何年かはむしろ低気圧による大雪が時としてみられ、こうした本来の冬の気象現象はちょっと忘れられていたように思う。ちなみに昨年及び一昨年は殆どなかった。
 異常気象と騒がれて久しいが、そうした地球環境と関係があるのか?その点は解らないが、この冬型はこのあと数日は続くと言われており、やはり何か尋常ではないものが感じられるのは私だけであろうか?。

Dsc_1822mono_2                        
                                     (今日の善光寺にて-クリック拡大)

|

« マーラー Gustav Mahler の世界(2) : さらなる交響曲第十番嬰ヘ長調の考察 | トップページ | マーラー Gustav Mahler の世界(3) : 第五交響曲(その1)~人間模様~ »

趣味」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、すごい雪ですね。こういう芸術的な写真もいいですね。日常との乖離が大きいほど、より印象的だと思います。
 ところでロジャー・ウォーターズは、やっぱり来日はしないのでしょうか。

投稿: プロフェッサー・ケイ | 2011年1月17日 (月) 21時40分

 プロフェッサー・ケイさん、こんばんわ。私はどうゆう訳か、雪景色が好きなんです。雪が降るとなんとなく気持ちが高揚するんです。別室のExciteの専門ブログでその一部を見てもらっています。
 ロジャー・ウォーターズは、3月からヨーロッパ・ツアーですね。DVD用の収録もO2アリーナで決まったようで、見事な映像も観たいところです。
 日本はどうも・・・・目下難しそうですね。

投稿: 風呂井戸 | 2011年1月17日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の大雪:

« マーラー Gustav Mahler の世界(2) : さらなる交響曲第十番嬰ヘ長調の考察 | トップページ | マーラー Gustav Mahler の世界(3) : 第五交響曲(その1)~人間模様~ »