« 久々のロック話 :キャメルが味わえる デビッド・ミナシアンDavid Minasian / 「Random Acts of Beauty」 | トップページ | 3.11東北関東大震災 »

2011年3月11日 (金)

ディナ・ディローズ Dena DeRose : エレガントな本格ジャズのシンガー・ピアニスト

スタンダード曲のみならず、オリジナルも聴かせる抜群のジャズ・センス

 先日、久々にエヴァ・キャシディEva Cassidyのニュー・アルバムに触れる事が出来、そして同時にかっての彼女の”imagine”もよかったこと思い出して、アルバム「imagine」をあらためて聴いた。更にそうしている中で、そう言えばあまり話題にならないが、ジョン・レノンのこの曲”imagine”に、かってオリジナルと違ったジャズとしての醍醐味を感じ取れたディナ・ディローズDena DeRose の名演奏と歌があったことを思い出したのだ。

Awalkin 「DENA DEROSE / A WALK IN THE PARK」 MAXJAZZ MXJ-502 , 2005

 ピアノの演奏の質も高く、又ヴォーカルも抜群のセンスを発揮するディナ・ディローズDena DeRose は、やっぱりここで一度は取り上げておかねばなるまい。
 彼女は活躍の場はニュー・ヨークだが、米国ニュー・ヨークはBinghamton にて1966年に生まれている。従ってこのアルバムのリリース時は(彼女の5thアルバムとなると思われるが)、39~40歳という円熟時だ。しかし1stアルバム(「Introducing Dena DeRose」Sharp Nine Records)は1998年の32歳という遅咲きであった。
 それには彼女がもともと幼少時よりピアノに接し、クラシカル・ピアノを身につけ、その後広いジャンルに活動したが、1980年代半ばに右手の関節炎、手根菅症候群を煩い、不幸にも活動が不可能となってしまったのだ。しかし数年後に彼女はジャズクラブでヴォーカルに挑戦して、頭角を現すことになる。
 そうこうしているうちに、幸いにも彼女の手の回復もみられ、本来のピアニストとしての技能とヴォーカリストとしての才能が開花することになったのだ。

Denaderose2  ここに挙げたアルバムは、かっての私にとって女性ジャズ・ヴォーカルの良さを教えてくれた(開眼させてくれた)一枚でもある。とにかく知性とセンスと優しさという面ではピカ一。もともとのピアニストとしての味が、全ての曲にそのセンスが生きているのだ。そして冒頭に触れたジョン・レノンの”imagine”を、このようなジャズ曲として生まれ変わらせたセンスに驚きを感じさせてくれたのであった。

(members)
   Dena DeRose : Vocals, Piano & Moog
   Martin Wind : Bass
   Matt Wilson : Drums

                    ・・・・・・・・・のトリオ構成、そして彼女のピアノが快く響く。

(List)
   1. meditation
   2. all my love
   3. how deep is the ocean
   4. home(with you)
   5. all the way
   6. the lonely ones
   7. in the glow of the moon
   8. imagine
   9. a Walk in the park(with james)
  10. i could've told you
  11. i concentrate on you

 全曲、彼女のアレンジであり、4.、7.、9. の3曲は、彼女のオリジナル。この3曲の中では”home(with you)”と”in the glow of the moon” の2曲は特に静かに歌われ、ピアノ・タッチは更に心の安らぎを導き私好み。特に後者は彼女のピアノ演奏が冴える。
 Duke Ellington の6.”the lonely ones”の、ベースからスタートしてドラムスの抑揚そしてピアノとのマッチングが見事で、スローな演奏の中の緊張感は素晴らしい。
 そして、”imagine” は、ジョン・レノンの曲が、こうも昇華してジャズに特化しての味付けがされるのかと驚かされるのだ。この”imagine”は忘れられない。
 冒頭でスウィングし、2曲目の”all my love”で美しいピアノの調べと美しい歌声に圧倒されて、このアルバムの世界に没入するというパターンである。私にとってはジャズ名盤中の名盤。

 このディナ・デローズは近作は昨年のカルテット作「STARS」というアルバムであるが、これもなかなか見逃せない。次回に触れたい。

|

« 久々のロック話 :キャメルが味わえる デビッド・ミナシアンDavid Minasian / 「Random Acts of Beauty」 | トップページ | 3.11東北関東大震災 »

ディナ・ディローズ」カテゴリの記事

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

親愛なる風呂井戸さま
 東北地方は壊滅状態になっていますが、土曜日には新潟、長野でも地震がありました。風呂井戸氏のところは大丈夫ですか。天災は如何ともしがたいところがありますが、ご無事であることを願っています。また被災された方々には心からお悔やみ申し上げます。

投稿: プロフェッサー・ケイ | 2011年3月13日 (日) 00時52分

プロフェッサー・ケイさん、コメントと言いますか、お見舞いのお言葉といいますか・・・・どうも有り難うございます。私の所は幸いにして揺れは感じていましたが、大きな問題もなくきています。
 ほんとに、今回の大地震には日本挙げての被災地への援助が大切と思っています。我々は出来るところから地道にやってゆきましょう。

投稿: 風呂井戸 | 2011年3月13日 (日) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/39165273

この記事へのトラックバック一覧です: ディナ・ディローズ Dena DeRose : エレガントな本格ジャズのシンガー・ピアニスト:

« 久々のロック話 :キャメルが味わえる デビッド・ミナシアンDavid Minasian / 「Random Acts of Beauty」 | トップページ | 3.11東北関東大震災 »