« トルド・グスタフセンのピアノで聴く女性ヴォーカル・アルバム(2):セリア「nightwatch」 | トップページ | ワルシャワ蜂起を乗り越えて・・・アガ・ザリアンの日本デビュー盤:「LOOKING WALKING BEING」 »

2012年8月15日 (水)

セリアSiljeの最新アルバム : 「UNCLOUDED」

ツイン・ギターをバックに落ち着いた優しき世界

 ノルウェーのトルド・グスタフセンの流れから、何となく行き着いたセリア(Silje Nergaard = シリエ・ネルゴー(ル))であるが、最新アルバムもあるので聴いてみた。

SILJE NERGAARD 「UNCLOUDED」
Sony Music  88691928342  ,  2012

Unclouded

 ノルウェー出身のジャズ系シンガー・ソングライターのセリアは、1989年ロンドンから”tell me where you're going”でシングル・デビュー。日本では翌年1990年に東芝EMIよりこの曲で同様にシングル・デビューして好評だったとか。当時から私は気になるところになく、全くその筋のことは知らなかったが、その後の彼女はインター・ナショナルな方向に向かったが、泣かず飛ばずであったらしい。そしてノルウェーに落ち着いての1995年にリリースしたノルウェー版のアルバム「Brevet」が好評で息を吹き返し、2000年のアルバム「Port of Call」あたりからジャズ路線に落ち着いたようだ。

 過去に12枚のアルバムをリリースしているが、これが最新アルバムで、このアルバムも、かなり彼女の活動履歴から国際的な活動があっての結果、彼女自身の作品を英語歌詞で収められている。

01 – All I Had*
02 – Norwegian Boatsong*
03 – Gods Mistakes*
04 – The Moon’s A Harsh Mistress
05 – Ordinary Sadness
06 – When The Morning Comes (Song For Karla)*
07 – Det Var For Sent*
08 – When Our Tune Is Played*
09 – He Must Have Been Telling A Lie*
10 – I Will Write You Every Day*
11 – Human*
                    *印 Music: Silje Nergaard
Siljenergaard3 Silje Nergaard : vocals
  Hargrimm Bratberg : Guitars
  Hävar Brendikson : Guitars


 メンバーはこのように、バックはツインのアコーステイック・ギターが演じている。曲によっては、サックス、トランペットも聴かれる。
 彼女はデビュー当初はポップな曲を歌っていたようだが、近年はジャズ・ヴォーカルの地位を築いている。そしてこのアルバムもジャズとは言え、ちょっと違いを感ずる。アメリカン・ジャズっぽいところも”gods mistakes”には見え隠れするが、主力は別世界。
 やはりどこか北欧っぽい”静”と”郷愁”と”優しさ”が流れてくる。ちょっと簡単にジャズと言う世界ではない。私には解らないが、彼女の曲というところからノルウェーのトラッドな世界に通ずるものがあるのであろうと推測しているのである。このバックの二人のギタリストはヨーロッパ・ツアーなど同行していて、新しい音を作り上げたともホーム・ページに記している。
 もともと彼女のヴォーカルは、優しさに充ち満ちているし、安堵の世界に導いてくれる。このあたりにファンはやっぱり魅せられているのだろうと想像する。
 デビューから既に20年以上経過しているわけで、力みのない唄い回しからも、円熟期の彼女のアルバムという雰囲気はやはり感じられるところであった。
(参考)セリアSilje Nergaardの過去のアルバム
  • Tell Me Where You're Going (1990)
  • Silje (1991)
  • Cow on the Highway (1995)
  • Brevet (1995)
  • Hjemmefra - From Home (1996)
  • Port of Call (2000)
  • At First Light (2001)
  • Nightwatch (2003)
  • Darkness Out of Blue (2007)
  • A Thousand True Stories (2009)
  • If I Could Wrap Up a Kiss (2010)
  • Unclouded (2012)
  •  

    |

    « トルド・グスタフセンのピアノで聴く女性ヴォーカル・アルバム(2):セリア「nightwatch」 | トップページ | ワルシャワ蜂起を乗り越えて・・・アガ・ザリアンの日本デビュー盤:「LOOKING WALKING BEING」 »

    セリア」カテゴリの記事

    北欧ジャズ」カテゴリの記事

    女性ヴォーカル」カテゴリの記事

    音楽」カテゴリの記事

    JAZZ」カテゴリの記事

    POPULAR」カテゴリの記事

    コメント

    セリアにも魅かれますが、ここは我慢のしどころ。当面ヨペックいのち ・・・。しかし、風呂井戸さんの記事を参考にYOUTUBEなんぞちょっと覗いてみましょうか。

    投稿: 爵士 | 2012年8月16日 (木) 23時41分

     爵士さん、”ヨペックいのち”いいですね。解ります・・・解ります。
     しかし、ポーランドというのは、日本からやっぱり遠い世界なんですね。これだけの音楽の宝庫でありながら・・・。とにかくヨペックを知ったのは、何につけても勝ち組ですね(笑い)。
     そろそろじゃないかと、マルチン・ボシレフスキ・トリオも待っています。
     そうそう、昨年の春に初めて聴いたアガ・ザリアンのヴォーカルも、若干探っているところです。彼女の場合は”ワルシャワ蜂起”そのものにもダイレクトにアプローチしているところが凄い。一方ヨペックもインター・ナショナルな活動にポーランド語を貫いているところは、一つの精神とみているのですが・・・?。

    投稿: 風呂井戸 | 2012年8月17日 (金) 20時21分

    そうですね。レコード会社あたりの意向だったのか、ヨペックの試みだったのか、「secret」を例外として、その後はポーランド語を貫き、スタンダードを一切歌わない。多分意識してのことだと思います。そのことに彼女の芯の強さを感じます。「アガ・ザリアン」の新譜?や、いまだ聴いた事が無いのですが、「マルチン・ボシレフスキ・トリオ」の記事なども楽しみにしています。

    投稿: 爵士 | 2012年8月17日 (金) 22時55分

    爵士さん、マルチン・ボシレフスキ・トリオは、これまたポーランドの民主化の申し子のような魅力あるバンドで以前に(2011年5月に)このブログでとりあげています。よかったら笑って見て下さい。http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/marcin-wasilews.html

    投稿: 風呂井戸 | 2012年8月18日 (土) 22時03分

    私も大分ボケが入ってきましたね。一枚だけですが「TRIO」聴いています。その抒情性に魅かれましたが、ポーランドのトリオだとは全く知りませんでした。いやいや ・・・。

    投稿: 爵士 | 2012年8月19日 (日) 09時53分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/46701694

    この記事へのトラックバック一覧です: セリアSiljeの最新アルバム : 「UNCLOUDED」:

    « トルド・グスタフセンのピアノで聴く女性ヴォーカル・アルバム(2):セリア「nightwatch」 | トップページ | ワルシャワ蜂起を乗り越えて・・・アガ・ザリアンの日本デビュー盤:「LOOKING WALKING BEING」 »