« イタリアン・ロックの軌跡(5) : P.F.M. 「幻想物語」、「友よ」 | トップページ | ジェフ・ベックJeff Beck は、やっぱりライブ映像で・・・・”Classic Rock Roll of Honour”etc »

2013年1月 9日 (水)

ポーランド・プログレ・バンド BELIEVE : 「WORLD IS ROUND」

ポーランドを探っていての一枚。

<ROCK> BELIEVE 「WORLD IS ROUND」
                 Metal Mind     MMP CD 0682 ,  2010

Worldisround  もともと私は音楽において、ロック、ジャズ、クラシックと特別ジャンルは問わない(ただしある時期は、なんとなくどれかの分野に没頭する傾向はあるんですが)。いずれにせよ、まぁ自分で聴き惚れれば良いと言うことから、・・・・どうもここで取り上げるのも多種多様、そんなことから今年からバンドなどアーティストの頭にジャンルを記すことにした。

 このところ結構病みつきになっているポーランドのミュージック。ロックにも・・・・何か面白い物は?と、諸々を探っていたら、なんとなく行き当たったバンドがこの”BELIEVE”。どちらかというとシンフォニック・プログレの範疇かとも思うが、ハードな面もあって面白い。

Believemembers  6人編成によるポーランドのバンド。
 ( members )
  Karol Wróblewski : vocal
  Mirek Gil : Guitars
  Prezemas Zawadzki : Bass
  Satomi : Violin
  Vldi Tafel : Drums
  Konrad Wantrych : Keyboads

 どうゆう経過かは知らないが、ヴァイオリンが入るが、それがなんと日本人女性が担当している。いずれにせよ、ギターのMirek Gil を中心にしたバンドであるというが・・・・・、彼はかってポーランド・シンフォニック・プログレ・バンドのコラ-ジュCOLLAGEで名作を残した男だ。この世界では重要人物。
 このアルバムどちらかというとポーランドそのものというよりは、UKっぽいと言っていいだろう。あまり仰々しくないキーボード、取り敢えず曲をリードしてゆくギターの音が流れ、そこにヴァイオリンが、なんとなく哀愁のムードを盛り上げるタイプ。昔のクリムゾンのデヴィット・クロスのようなスリリングなヴァイオリンという面はない。リズム隊のドラムスはどちらかというとドスン、バタン系の音で重く響く。プログレといってもインスト系でなく、結構ヴォーカルの比重が大きい。

Worldisroundlist  収録曲は左のような10曲。このアルバムは彼等の4作目で2010年にリリースしたもの。1stは2006年の「Hope to See Another Day」だ。どのアルバムもインターナショナルを目指してのことだろうと思うが、英語による作品だ。
 このアルバム、冒頭のアルバム・タイトル曲”world is round Part1”からヴォーカルの印象の強い曲としてスタート、このヴォーカリストは3rdより変わったようだ。そしてどちらかというと癖のない唄いっぷり。男性的という太い声でもなく、そうハイトーンでもなく中庸を得たマイルドというのが良い表現だ。
 全体に非常に聴きやすい。シンフォニックといっても結構ベースとドラムスの刻むメロディーが強調されていて、キー・ボードがぐんぐん世界を広げていくシンフォでなく、これは紛れもなく比較的原点的ロックの世界、ギターは結構私好みに泣いてみせる。
 4曲目の”cut me paste me”あたりはメタリックなヘビー・ロックという面もみせてメリハリが効いている。又最後の”poor king of sun/return”は9分以上の曲で中近東風の異国ムードが感じられ、ヴァイオリンももの悲しく響きピアノも美しい。
 取り敢えず評価をしてみると、トータルに上出来のアルバム ★★★★☆。

(試聴) http://www.youtube.com/watch?v=CEyzr-f8tcY  (取り敢えず、BELIEVE のサウンドを聴いてください)

<Today's PHOTO>
(今年から、一枚ずつ私の拙いフォト作品を掲載することにしました。よろしくお付き合い下さい。出来ればアーティクルと関連があれば良いのですが、なかなかそうは行きそうにありません。今回はこのシーズンにマッチしていると言うことでご容赦を)

Monoblogsig 
(Hasselblad 503CX, planar2.8/80, PL)

|

« イタリアン・ロックの軌跡(5) : P.F.M. 「幻想物語」、「友よ」 | トップページ | ジェフ・ベックJeff Beck は、やっぱりライブ映像で・・・・”Classic Rock Roll of Honour”etc »

Progressive ROCK」カテゴリの記事

ポーランド・プログレッシブ・ロック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。ポーランドといえばコラージュというバンドを思い出します。もう解散していますが、90年代の半ばに「ムーンシャイン」という素晴らしいアルバムを発表しています。
 またジョン・レノンの歌を集めた「ナイン・ソングス・オブ・ジョン・レノン」というアルバムも発表しています。

 いずれも国内盤が発表されていましたが、今はネットで安く買えます。

 実はこのBelieveというバンドのギタリストミレック・ギルは、元コラージュのギタリストです。ですからかなりのベテランでかつ実力派だと思います。コラージュについては私のブログにも載せています。

 新しいバンドを紹介してくれてありがとうございました。ニュー・アルバムが出ましたらまた教えて下さい。

投稿: プロフェッサー・ケイ | 2013年1月10日 (木) 20時37分

プロフェッサー・ケイさん今晩わ。コメント有り難うございます。このBELIEVE のギタリストMirek Gilは、元はCOLLGEというバンドにおり、SATELLITEというバンドとこのBELIEVEに分派したというところは解っていましたが、そのCOLLGEは聴いてなくて私は知りませんでしたので、トラック・バックを頂いて参考になりました・・・・・どうもどうもです。
 いやはや、世界は広くて楽しいですね。

投稿: 風呂井戸 | 2013年1月10日 (木) 21時35分

 こんばんは、このテーマとは関係ないのですが、ポーランドのジャズ・ロック・バンドにピンク・フロイトというどっかで聞いたような名前のバンドがあります。

 かなり高度な音楽性とテクニックを持っているようで、近々来日公演を行うようです。私よりも風呂井戸さんの守備範囲だと思われますので、もし機会があれば詳細を教えて下さい。

投稿: プロフェッサー・ケイ | 2013年1月26日 (土) 21時42分

プロフェッサー・ケイさんこんばんわ。
 ピンク・フロイトというバンドは確かにあります。既に過去にも来日していますね。
 「PINK FREUD」ですね。ジャズ・バンドといっていいのでしょうか?、ちょっとパンクっぽいロックも加味されていて、ちょっと私の世界とは???・・・・と言うところです。ギター、ドラムス、トランペット(サックス)というところにエレクトリック・プログラミング・サウンドを混ぜたりしているようですが、私は詳しくはありません。ちょっと興味とは別物でして・・・・。

投稿: 風呂井戸 | 2013年1月26日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/48627254

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランド・プログレ・バンド BELIEVE : 「WORLD IS ROUND」:

» コラージュ [ろくろくロック夜話]
 最近はイギリス以外のプログレッシヴ・ロックを紹介しているが、ドイツ、フランス、 [続きを読む]

受信: 2013年1月10日 (木) 20時49分

» Believe - Hope to See Another Day [ロック好きの行き着く先は…]
Believe - Hope to See Another Day (2006)  一人の人間が続々とその才能を世界に誇示することでシーン全体のボトムアップが図られるってことが起こっている事が面白いとも言えるし驚異とも言える。それ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月25日 (木) 17時37分

« イタリアン・ロックの軌跡(5) : P.F.M. 「幻想物語」、「友よ」 | トップページ | ジェフ・ベックJeff Beck は、やっぱりライブ映像で・・・・”Classic Rock Roll of Honour”etc »