« 2012年ROCK界の回顧~私的偏見的~フロイド、クリムゾンなど | トップページ | イタリアン・ロックの軌跡(5) : P.F.M. 「幻想物語」、「友よ」 »

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年  Jan.1.2013 (シゼル・ストームSidsel Storm)

 明けましてお目出度うございます
 今年もよろしくお願いします     
風呂井戸

Pc032058tr1blog
                     (2012.12 Kagamiike,Togakushi)

    *        *

Swedishlullaby SIDSEL STORM 「Swedish Lullaby」
calibrated CAL1106 (Disk UNION DUJ-062) , 2010

 今年は北欧からスタートです。
 とにかくバックがラーシュ・ヤンソンLars Janssonのピアノということ、そしてこのジャケですから・・・・・・昨年手に入れた女性ヴォーカル・ジャズ・アルバム。
 まずはポイントは、スウェーデン・ジャズを堪能できるというところである。このシゼル・ストームSidsel Stormという女性は、コペンハーゲンの大学で心理学を学んだとか。そしてなんと言っても、彼女の声は私にとっては懐かしい声・・・、と言うのは、ふと昔のあの魅力の歌声、ルネッサンスのアニー・ハズラムを思い起こさせたのであった(と言えば、おおよそ想像がつくことでしょう)。

Swedishlist  収録曲は左の10曲。そしてポイントは、やっぱりラーシュ・ヤンソンがトリオ編成で全曲バックでピアノを聴かせてくれる。それに加え曲によりトランペット、ヴァイオリン、チェロ、ハモンド・オルガンなどが加わり、単なるヴォーカルもののバック演奏というのでなく、本格的ジャズを演じていることだ。これに彼女のヴォーカルが乗るのであるが、いやはやなかなかの歌い手だ。

member
Sidsel Storm(voc)
Lars Jansson (p/Rhodes)
Morten Lund (ds)
Jesper Thorn(b)

Guest
Gunnar Halle (tp)
Alexander Kraglund (Vn/Harmonica)
Carl-Oscar Osterlind (Vc)
Peter Otto (Hammond Organ)

 なお参考までに、このジゼル・ストームは、昨年ニュー・アルバム「Nothing In Between」をリリースしている。

(試聴)http://www.youtube.com/watch?v=yO_Ie04y_VM

|

« 2012年ROCK界の回顧~私的偏見的~フロイド、クリムゾンなど | トップページ | イタリアン・ロックの軌跡(5) : P.F.M. 「幻想物語」、「友よ」 »

シゼル・ストーム」カテゴリの記事

北欧ジャズ」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。昨年同様今年も宜しくお願い致します。
今年は雪が多そうですね、また戸隠シリーズ(のモノクロ)期待してます。そうそう、ボケシリーズも。

投稿: /ten | 2013年1月 1日 (火) 22時12分

/tenさん、今年もよろしくお願いします。
 そろそろ撮影会もやりたいですね、ご都合はいかがでしょうか。

投稿: 風呂井戸 | 2013年1月 2日 (水) 15時22分

 風呂井戸さま。あけましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い致します。
 自分の聞く音楽ジャンルは狭くて、どうしても独りよがりになってしまいます。風呂井戸氏のブログを参考にしながら今年も更新していくつもりですので、よろしくお願いします。

投稿: プロフェッサー・ケイ | 2013年1月 2日 (水) 23時34分

 プロフェッサー・ケイさん、今年もよろしくお願いします。いやはや私の若き時代の「反抗と破壊」のROCK魂には、歳をとっても決して感動は薄れていません。このROCKをベースに今年も大いに広くアプローチしたいです(ジャンルを問わず)。ケイさんの探求力に敬意を持って接しさせてください。よろしくお願いします。

投稿: 風呂井戸 | 2013年1月 3日 (木) 10時39分

I needed to compose you that tiny observation to finally thank you yet again for those exceptional knowledge you have documented here. It was simply shockingly generous with you to provide freely exactly what many of us would have advertised as an e book to help make some bucks for their own end, most notably now that you could have done it if you wanted. These advice likewise acted as a good way to fully grasp other people online have similar desire much like mine to figure out more and more regarding this matter. I know there are thousands of more enjoyable periods up front for individuals who look over your website.

投稿: logo design Duabi | 2013年1月 7日 (月) 05時01分

Needed to post you the little bit of remark to finally thank you so much as before over the wonderful guidelines you have contributed here. It is quite shockingly generous with you to provide freely all that a few people could have advertised for an ebook in order to make some dough for their own end, principally considering the fact that you could possibly have done it if you wanted. Those techniques additionally served to provide a fantastic way to comprehend other people have similar zeal like mine to find out great deal more on the subject of this problem. I am sure there are thousands of more fun sessions ahead for people who check out your blog post.

投稿: web design uae | 2013年1月 7日 (月) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/48550418

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年  Jan.1.2013 (シゼル・ストームSidsel Storm):

« 2012年ROCK界の回顧~私的偏見的~フロイド、クリムゾンなど | トップページ | イタリアン・ロックの軌跡(5) : P.F.M. 「幻想物語」、「友よ」 »