« マシュー・ボーンMatthew Bourne のピアノ・ソロにみる前衛性「MONTAUK VARIATIONS」 | トップページ | ブラッド・メルドーBrad Mehldau の映像もの : 「JAZZ BALTICA ~SALUSA 2006」 »

2013年2月 8日 (金)

大人の女性ジャズ・ヴォーカル~モニカ・ボーフォースMonica Borrfors 「a certain sadness」

北欧スウェーデンからの夜の和みを演出してくれる耽美なジャズ

<JAZZ> Monica Borrfors & Sweet Jazz Trio
       「a certain sadness」

          arietta DISCS   SOL J-0007  ,  2002

Acertainsadness

 ひょんなことから知った北欧スウェーデンの実力派ベテラン女性ジャズ・ヴォーカリストであるモニカ・ボーフォースMonica Borrfors。これがなかなか味わい深く、今になって感動しているわけであるが、その彼女の10年前のアルバムを掘り起こしてみたら、これまた納得の名盤。そしてこのジャケが又いいですね(このボケ味は見事です)。私のお気に入りに当然入ったわけで、ここで取り上げることになった。

Monicaborrfors2_3  彼女は調べてみると1954年5月生まれであることが解った。このアルバムの録音は2001年であるから年齢は推して知るべしといったところ。ストックホルムで歌手としてのデビューは1980年というから、まあ遅咲きと言っていいと思う。夫君はイョスタ・ニルソンGösta Nilssonというピアニストで、彼のピアノに魅せられて歌手となったという。2004年には来日(このアルバムのスイート・ジャズ・トリオと)も果たしている。
 彼女のアルバムとしてはこれが4枚目で、日本では始めて2002年に国内盤として登場したという記念すべきもの。そして現在もストックホルムを中心に活動中である。そしてヴォーカルは全て英語でこなしている。

Sweetjazztrio  このアルバムは、スウェーデンのスイート・ジャズ・トリオとの共演が特徴だ。このトリオは構成が、コルネット(Lasse Törnqvist)、ギター(Mats Larsson)、ベース(Hans Backenroth)という珍しいチェンバー・ジャズ・ユニットで、その演奏の描くところはソフトでメロウで品を感じさせる耽美な世界は何とも言えない深遠な幸福感がある。トリオ・ジャズを好む私にとっては、ピアノレス、ドムスレスというところは意外性に満ちているが、これが又聴いてみるとそれなりに良さは十分であるところが驚きだ。

Acertainsadnesslist  さて、Track-Listは、左のようで、内容はスタンダード集というところ。
 彼女の声は中低音はややハスキーで、高音部はそれに引き替え透明感あるところが魅力的。もともとアップテンポでスイングするジャズを唄うと言うが、このアルバムは全く異なって、私好みのバラードをしっとりと語り聴かせるがごとくに唄って聴かせる。これはスイート・ジャズ・トリオとの共演が一つの因子であるところは間違いないのであろう。ただ彼等との共演の結果というのでなく、これは紛れもなく両者の生んだもであると思う。

Slowfox_3  ・・・・・なぜなら、私が彼女を知ったのは、1995年の「Slowfox」 (右:試聴 http://www.youtube.com/watch?v=yIlqZC4MhzM ) というアルバムであったからだ。このアルバムはGösta NilssonやLars Janssonのピアノ、Lars Danielssonのベースが登場するもので、彼女がスタンタード曲を唄ったものである。これが又立派なバラード集で、何とも言えないスウィートでソフトでデリケートな唄い回しが素晴らしく、魅力的なアルバムなのである。
 
 さて話は戻って、このアルバム「a certain sadness」には、曲によってTrumpet(track 2,9,12) や、Baritone Saxophone(track 5) も登場する。しかしスイート・ジャズ・トリオの耽美な演奏がバックの中心で、そこにモニカ・ボーフォースのしっとりとしたバラードの唄声は北欧の詩情の世界と言えるものなのであろう。そんな代表的曲が”once upon a summertime”だ。ベースとギターの静かな中に描く詩情、そしてコルネット、サックスとの味が加味し、モニカの唄が素晴らしい。又”my foolish heart”も米・英とちょっと違った節回しが妙に魅力的。いやはやスウェーデン恐るべしといったところだ。

 北欧のこうした”夜の和みを唄うデリケートな歌の世界”は、雪の降る冬の夜の暖かい部屋で聴くのは最高である。

<Today's PHOTO>

P1282169monoblog2
(Olympus PEN E-P3,  M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm 1:4-5.6)

 
 

|

« マシュー・ボーンMatthew Bourne のピアノ・ソロにみる前衛性「MONTAUK VARIATIONS」 | トップページ | ブラッド・メルドーBrad Mehldau の映像もの : 「JAZZ BALTICA ~SALUSA 2006」 »

モニカ・ボーフォース」カテゴリの記事

北欧ジャズ」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

試聴しました。これいいですね。私好みの大人のジャズ ・・・。

投稿: 爵士 | 2013年2月 8日 (金) 21時28分

 爵士さん今晩わ。
 最近このモニカ・ボーフォース2枚のアルバムを手にして感動している私でした(*゚▽゚)ノ。しかし知らないで来てしまった良いアルバムって結構あるんですね。
 爵士さんにも気に入っていただけそうですか、・・・・と言うことはやっぱりこりゃ良いんですね(笑)。是非聴いてみてください。

投稿: 風呂井戸 | 2013年2月 8日 (金) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/49170050

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の女性ジャズ・ヴォーカル~モニカ・ボーフォースMonica Borrfors 「a certain sadness」:

« マシュー・ボーンMatthew Bourne のピアノ・ソロにみる前衛性「MONTAUK VARIATIONS」 | トップページ | ブラッド・メルドーBrad Mehldau の映像もの : 「JAZZ BALTICA ~SALUSA 2006」 »