« [ハイレゾ音源]  寺村朋子「Capriccio お気に召すまま」 | トップページ | 大人のジャズ・ヴォーカル~デニース・ドナテッリDenise Donatelli 「SOUL SHADOWS」 »

2013年8月11日 (日)

スティーヴン・ウィルソンのライブ映像盤(BD)2枚:「Anesthetize」「Get All You Deserve」

まさに70年代から現代、そして未来へのプログレッシブな総集編
    ~ロックは、やはりステージ・ライブだ!~

 スティーヴン・ウィルソンの音楽エンジニアの活動はさておき、演奏家としての活動は目下「ポーキュパイン・ツリー」から「ソロ・ユニット」への2面に遭遇するが、その両者の映像盤である。

<Progressive ROCK> Stoeven Wilson 「get all you deserve」
                           Blu-ray   Kscope     Ksope514 ,   2012

Bdgetall

 スティーヴン・ウィルソンのソロ・ユニット・ライブ映像。主として近年「Porcupain Tree」から離れての2011年の彼の2ndソロアルバム「Grace for Drowing」リリース直後の2012年4月のメキシコ・ツアー映像。
 従ってメンバーはアルバム制作群:Steve Wilson(Vocals,guitar,keybords), Marco Minnemann (drums), Nick Beggs (bass), Theo Travis (flute and sax), Adam Holzman (keys) and Niko Tsonev (guitars)。

 List は下記、明らかにクリムゾン・タイプのウィルソン世界。6人バンドとしてそれぞれの楽器の繊細さとダイナミックさを見事に取り混ぜての迫力と説得力は素晴らしい。各メンバーの演奏力も高く、ウィルソンにとっては納得ユニットと思われる。はっきり言って全体的には暗い、しかしその暗さが深遠さを増して素晴らしい。”Veneo Para Las Hadas”のようにスローな説得力がある曲、”raidderII”の各演奏陣との連携プレイの妙と静粛な音の間の取り方、一転しての激しさの展開、この大会場の聴衆を彼等に惹きつけてしまう。なかなかプログレッシブなステージは感動もの。彼はこの世界で次のアルバム作りにも進むわけだ(「The Raven That refused to sing 」(2003) 参照①)

Bdgetallstage

1. Intro ('Citadel')
2. No Twilight Within the Courts of the Sun
3. Index
4. Deform to Form a Star
5. Sectarian
6. Postcard
7. Remainder the Black Dog
8. Harmony Korine
9. Abandoner
10. Like Dust I Have Cleared From My Eye
11. Luminol
12. Veneno Para Las Hadas
13. No Part of Me
14. Raider II
15. Get All You Deserve
16. Outro ('Litany')

<progressive ROCK> Porcupine Tree 「anesthetize」
                        DVD+Blu-ray   Kscope     Kscope506  , 2010

Anesthetize

 こちらは2008年のスティーヴン・ウィルソン率いる「Porcupine Tree」 の”Fear of a Blank Planet-Tour”のNetherlandsのステージ模様だ。4人のメンバー(Steven Wilson(v, g,key)、Richard Barbieri(key)、Colin Edwin(bass)、Gavin Harrison(dr.))にお馴染みJohn Wesleyが、Guitarとbacking Vocalsで加わっての5人バンド。
 この後の2009年に彼等のスタジオ・アルバム「The Incident」、ライブ・アルバム「Octane Twisted」(2012年)がリリースされたが、目下活動はそれ止まり、映像はこれが近作。

Anesthetizetracklist
 ステージ演奏はアルバム「Fear of a Blank Planet」全曲+αで135分に及ぶ。彼等のベースにはヘヴィ・ロックのビートをもっていることが解るが、元ジャパンのリチャード・バルビエリのキーボードが重要な役割を果たしている結果、クリムゾン的要素を持っているスティーヴン・ウィルソンでありながら、このバンドはどちらかというとピンク・フロイド、マリリオン流の曲展開をする(参照②)。曲の印象も内省的であるが、意外にウィルソンのギター音はエコーを効かせた方向に行かずやや乾燥感のあるデジタル・ロック傾向にある。しかしJohn Wesleyがなかなか泣きとヘヴィ・メタル両面のギターを効かせて貢献度大(18分に及ぼうとする物語を感ずる”Anesthetize”がたっぷり堪能できる)。
 多分、ウィルソンは、もう少しヘヴィーで攻撃的、クリムゾン的アプローチを期していたのであろう。この後のアルバム「The Incident」にはその方向が見えたし、その後の彼のソロ・ユニットの流れをみるとそんな点が明瞭だ。ウィルソンはこのバンドの20年の歴史をこれからどう生かして行くのであろうか?。

(参照) ① http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/steven-wilson-t.html
           ② http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/porcupine-tree-.html

(試聴)"Luminol"http://www.youtube.com/watch?v=E3MpGBwGdVk
         "Anestthetize"http://www.youtube.com/watch?v=AKeTD8E8Nkg

|

« [ハイレゾ音源]  寺村朋子「Capriccio お気に召すまま」 | トップページ | 大人のジャズ・ヴォーカル~デニース・ドナテッリDenise Donatelli 「SOUL SHADOWS」 »

Progressive ROCK」カテゴリの記事

スティーヴン・ウィルソン」カテゴリの記事

ポーキュパイン・ツリー」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

Howdy, i read your websites often all this i own an equivalent one in conjunction with i were just wondering if however you get a lot of spam experiences? If that’s the how to stop the reasoning behind, any plugin or simply something you can easily advise? I obtain lot nowadays it’s cruising myself loony thus all assistance usually is very considerably appreciated. Nevertheless, in my best language, there ought no lot superior source similar to this.
Cheap Snapback hats http://www.wrpc.cc/cheap-hats.asp

投稿: Cheap Snapback hats | 2013年9月 4日 (水) 17時04分

I enjoy, lead to I discovered just exactly what I was looking for. You've ended my personal 4 day time lengthy search! God Bless a person man. Possess a nice day time. Bye

投稿: Darren Sproles Jersey | 2013年9月 4日 (水) 22時59分

Thank you so much for any sensible criticize. Me & my best neighbor were definitely just preparing to do a bit of research regarding this. We have a snap up a reserve from some of our local choices but It is my opinion I found out more produced by post. My organization is very glad to observe such terrific information appearing shared freely these days.
Wholesale T Shirts http://ycitp.com/t+shirts-c-761.html

投稿: Wholesale T Shirts | 2013年9月 5日 (木) 01時34分

Congrats here. I truly enjoyed that which you had stated. Keep going since you definitely bring a brand new voice for this subject. Very few people might say exactly what youve said but still make this interesting. Nicely, at least it's very interested. Cant wait to determine more of the from a person.

投稿: cheap jerseys china | 2013年9月 7日 (土) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/52805215

この記事へのトラックバック一覧です: スティーヴン・ウィルソンのライブ映像盤(BD)2枚:「Anesthetize」「Get All You Deserve」:

« [ハイレゾ音源]  寺村朋子「Capriccio お気に召すまま」 | トップページ | 大人のジャズ・ヴォーカル~デニース・ドナテッリDenise Donatelli 「SOUL SHADOWS」 »