« ブログの製本化=「ココログ出版」終了に思う~アンジェイ・ワイダ、ロジャー・ウォーターズ | トップページ | アレクシス・コールAlexis Cole : 「Close Your Eyes」 »

2013年9月28日 (土)

ターヤTarja のニュー・アルバム「COLOURS IN THE DARK」

”The Queen of Heavy Rock” の3rdアルバム登場 & (別話題)Within Temptationとの共演

 Nightwishを離れてのフィンランドのターヤ・トゥルネン、「WHAT LIES BENEATH」以来2年ぶり3rdアルバムが登場。

<Rock> Tarja 「COLOURS IN THE DARK」
       ARMOURT Records    ARM251092 ,  2013

Coloursinthedark
 クラシック・アルバムとは別に、前作から完全にシンフォニック・ヘヴィ・メタルに復帰しての今回3作目。これも彼女のナイトウィッシュ時代に築き上げた世界の延長とみる。彼女自身はクラシックにも未練があるようだが、やはりアルバム・リリースとなれば大衆受けはこのパターンであろう。そして彼女はこのヘヴィ・ロックには”Tarja”で通していて、クラシック・アルバムは”Tarja Turunen”を使い分けている。
 私としては、やっぱりナイトウィッシュ時代に未練があるが、近作のライブ映像アルバム(「ActⅠ」をみると、彼女はフリーになって、やりたいことを楽しんでやっているようで、それで良かったのかも知れない。
 私の予想としては、ナイトウィッシュもターヤも、それぞれ離れてからは低空飛行になって、結局のところ又もとの鞘に戻るのではと踏んでいたのだが・・・・、意外にそれぞれいろいろとあるが、結局のところ健闘していて、どうやらそのパターンは目下なさそうだ。

Coloursinthedarklist_2
 さてさてその内容だが、左の如く10曲。ターヤのバックには10人以上のロック・バンド+オーケストラなどなどかなりの重装備で、その力の入れようも感じ取れる。
 シングル・リリースした”VICTIM OF RITUAL”からスタート、まさにラヴェルの”ボレロ”のメタル盤(笑)。まあこれもご愛敬というところで・・・・。

 ターヤのヴォーカルは、相変わらずソプラノ歌手の面目躍如で、クラシック調に唄ったり、ゆったりささやく調であったり芸達者というか聴き応えは十分。
 しかしベースはシンフォニック・ヘヴィ・メタルであって、十分迫力と疾走感とを描ききっている。とにもかくにも彼女の歌唱力がドラマチックに仕上げた曲を一層壮大に仕上げていて魅力あるアルバムとなった。

Tarjay
 しかも中盤の”Mystique voyage”、”Darkness”はスローチューンで、彼女の説得あるヴォーカルが聴けるところも嬉しい。
 曲としては、ナイトウィッシュのツォーマスTuomas Holopainenによる作品の魅力に軍配は上がるが、これはこれとして十分な出來である事は事実。やはりこうしたヘヴィなサウンドがバックにあって、そこで彼女のミスマッチと思えるクラシック発声法が、実は曲を面白くしているのだ。まだまだ頑張って欲しいターヤであった。

 そうそう最近オランダのウィズイン・テンプテーションWithin TemptationのシャロンSharon Den Adelとも共演して話題を振り舞いている。かってのゴシック・メタルの二大女王が頑張ってくれているのである(日本限定CD : Within Temptation 「PARADISE」)。

(試聴) "Victim of Ritual"http://www.youtube.com/watch?v=7PHr2NHfCjo
          "Darkness"http://www.youtube.com/watch?v=B1unpJ4C2yQ

|

« ブログの製本化=「ココログ出版」終了に思う~アンジェイ・ワイダ、ロジャー・ウォーターズ | トップページ | アレクシス・コールAlexis Cole : 「Close Your Eyes」 »

ターヤ・トゥルネン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

来ましたね♪
名前の使い分けはそういう事か、と納得…。それにしてもゴージャスな音の作りやまずまずの作曲陣とターヤ的にはNightwqishを離れて今のところ正解状態が続いてますね。本家の方はFloor嬢を入手した今、ターヤが戻る必然性もないし、こんなアルバム作れるなら本人たちもそう思わないだろうしと、めでたく2つの良質な音が聴けると感謝すべきなのかもしれないですね。

投稿: フレ | 2013年9月29日 (日) 08時23分

 フレさん、今日わ。
 おっしゃるとおり、我々にとってはNightwishとTarjaの2つの世界が聴けるというところで、両者が競って素晴らしい音の世界を作り上げてくれれば、むしろ感謝というところですね。
 そうそうちょっとタイミングは遅れましたが、外盤はかなりお安くて得した気分でいます。
 シャロン嬢との共演CDも日本限定盤がでますね。
 トラック・バツク有り難うございました。

投稿: 風呂井戸 | 2013年9月29日 (日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/53415011

この記事へのトラックバック一覧です: ターヤTarja のニュー・アルバム「COLOURS IN THE DARK」:

» Tarja - Colours in the Dark [ロック好きの行き着く先は…]
Tarja - Colours in the Dark (2013)  Nightwishと言えばやっぱり今でもターヤ時代の人気が圧倒的であろうけど、そうだなぁ、音楽的にはターヤ末期の「Once」あたり以降の方が風格と品位を増していて王道感があるんで、自分的には好みかな〜って感じ。ボーカルでは圧倒的にターヤだけどね。そんな両者の良い所をきちんと出せたのが先日のフロール・ヤンセンとの...... [続きを読む]

受信: 2013年9月29日 (日) 08時20分

« ブログの製本化=「ココログ出版」終了に思う~アンジェイ・ワイダ、ロジャー・ウォーターズ | トップページ | アレクシス・コールAlexis Cole : 「Close Your Eyes」 »