« 名器ファツィオリFAZIOLI を聴く ~大石学、山本英次 | トップページ | イヴィ・メンデスIve Mendes : 「MAGNETISM」 »

2014年8月21日 (木)

映画「ミッドナイト・ガイズ」でジョン・ボン・ジョヴィを聴く

久々にDVD映画鑑賞~全編16曲のロックが堪能できる
アルパチーノの渋さ、ジョン・ボン・ジョヴィの歌”Not Running Anymore”

 考えてみると我が家ではDVD、Blu-ray などは、プロジェクターにて投映してサラウンド・サウンドで堪能できるのですが、このところジャズやロックのライブものばかりで、しばらく映画から遠ざかっていた。久々にレンタル・DVDによって観た映画です。

          (この映画のテーマ) ~老いぼれも魂は変わらない~

<映画> <Rock>

「ミッドナイト・ガイズ MIDNIGHT GUYS」
            (原題) STAND UP GUYS
            アメリカ映画、2012製作(公開日本2013年)

Midnight_guys
 

 そう大袈裟に評価する映画でも無いが、久々のアル・パチーノの映画で、結構好感の持てる娯楽作。
 ギャング映画と言えばその範疇なのかも知れないが、もう成人した立派な孫のいる歳になった3人の男の友情とその生き様を描いた人間模様で、後味は決して悪くない映画。そこに主人公演ずるアル・パチーノの渋い男が見物だが、それになりきったようなジョン・ボン・ジョヴィの切々とした歌声が何とも言えずマッチしている。最近の作品としては、あまり醜いシーンは描かないオーソドックスな映画といえる快作だ。
 映画の筋立てはそれはそれ観ていると何となく解ってくるのだが、そこに流れるなんと全16曲のロックが結構いけるんです。

(Cast)
Al Pacino
Christopher Walken
Alan Arkin

 この3人のベテラン演技派によって描かれる

<スタッフ>
監督:フィッシャー・スティーヴンス
製作:トム・ローゼンバーグ
脚本:ノア・ハイドル
主題歌:ジョン・ボン・ジョヴィ
音楽:ライル・ワークマン


<ストーリー>
 28年の刑期を終えて出所したギャング、ヴァル(アル・パチーノ)は、ギャング仲間のドク(クリストファー・ウォーケン)と再会を果たす。しかしドクは彼らのボスであるクラップハンズ(マーク・マーゴリス)に、ある難題を押し付けられていた。それは、“翌朝の10時までにヴァルを殺す"こと。しかし、ヴァルを目の前にしたドクには、男として、かっての仲間としての気持ちが流れてくる。そこで二人はスポーツカーを盗み3人目の仲間、ハーシュ(アラン・アーキン)を連れ出し、久しぶりに3人での変わらぬ魂を感じ合う。・・・・・・

Jon_bon_jovi さてそこに流れるジョン・ボン・ジョヴィの歌と曲。

   ”Not Running Anymore”
      ”Old Habits Die Hard”

 この”Not Running Anymore”は、それなりに好評でヒットした曲だが、アル・パチーノら老兵2人が最後には、自己の魂は売らずに昔の気持ちを取り戻して、人生の最後に相応しいところを決断し、その場に向かって行くところに流れてくるなかなか味わいある曲。
 その前にアル・パチーノが3人の仲間の一人のアラン・アーキンが亡くなったときに送った弔辞は、"俗に人は二度死ぬという、一回目はその魂が肉体を離れるとき、そして二度目は人々からその者の名が語られなくなった時・・・"と語るシーンがあるが、なかなか味わいある言葉で・・・、それを思い起こしつつこの場面を観るのである。

 この映画の音楽担当はライル・ワークマンだが、なかなか選曲が良い。全編ロックで彩られている。聴き応え十分。
 そしてエンディングに、やはり ジョン・ボン・ジョヴィの”Old Habits Die Hard”が、老いぼれギャング3人の魂のある人生を讃えるが如く流れてくるのであった。

(視聴1)

(視聴2)

|

« 名器ファツィオリFAZIOLI を聴く ~大石学、山本英次 | トップページ | イヴィ・メンデスIve Mendes : 「MAGNETISM」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

業務連絡
ありがとうございます。相変わらずブルーレイは見る事が出来ません。

高校生の頃、アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなたというのがありました。
あれから数十年、趣味の音楽魂は変わりませんが、膝が時々痛みます。痛風ではありません。

投稿: nr | 2014年8月22日 (金) 08時39分

3人がいずれもが悪役どんぴしゃり。今年の「じじばばアクション」部門のベストに間違い入るでしょう。

投稿: 爵士 | 2014年8月22日 (金) 17時05分

nrさん、
 老いぼれも魂は変わらない~ってのが私の場合は好きですね。まだまだnrさんはヲジさんですから、これから更にロック道を極めて下さい(笑)。それにしてもアル・パチーノ(今はパシーノって言うのでしょうか?)の一癖も二癖もある俳優になろうとは、昔は思わなかったです。
 そうそう、膝痛とか?どこかにぶつけたのでしょうか?お大事に。そうそうそれとBlu-rayは何とかして下さい。

投稿: 風呂井戸 | 2014年8月22日 (金) 20時45分

爵士さん、
 ”しじはばアクション”ですか、どうも私は人ごとには思えないのです(笑)。
 どうでしょうか?、ロックもいいでしょう・・・・と、言いたいのですが(これも笑いです)。

投稿: 風呂井戸 | 2014年8月22日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/57139270

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ミッドナイト・ガイズ」でジョン・ボン・ジョヴィを聴く:

« 名器ファツィオリFAZIOLI を聴く ~大石学、山本英次 | トップページ | イヴィ・メンデスIve Mendes : 「MAGNETISM」 »