« PC欲張り大作戦~遂にXP脱落 | トップページ | 今にしても心に響くアルバム~アイリーン・クラールIrene Kral「where is love?」 »

2015年2月25日 (水)

ソフトでマイルドな唄声:ニッキ・パロットNicki Parrottのアルバム~「Angel Eyes」

        <My Photo Album 瞬光残像 = 南イタリア編>

Dsc01277monowh

アルベロベッロAlberobelloの夜(4)
                                                             (photo 2014.12)

              *    *    *    *

        <Jazz>
              Nicki Parrott 「Angel Eyes」
               VENUS RECORDS / JPN / VHCD1167 / 2014

Angel_eyes

 オーストラリア出身で、ニューヨークで活躍中のニッキ・パロットNicki Parrottのベースと、彼女のアルバムでお馴染みのJohn Di Martinoのピアノとのデュオ作品。もちろん彼女のヴォーカルが全編で彩る。

Tracklist は、下のように全15曲スタンダード・ラブ・ソング集

1.  アイ・ワナ・ビー・アラウンド 
2.  ユー・メイク・ミー・フィール・ソー・ヤング   
3.  ザ・ニアネス・オブ・ユー 
4.  アイル・ネバー・ビー・ザ・セイム   
5.  あなたを想いて
6.  ワン・フォー・マイ・ベイビー 
7.  アイ・ガッタ・ライト・トゥ・シング・ザ・ブルース    
8.  アイ・トールド・ヤ・アイ・ラブ・ヤ、ナウ・ゲット・アウト 
9.  灯りが見えた 
10.  キャン・エニワン・エクスプレイン   
11.  サムシングス・ガッタ・ギブ 
12.  アイム・グラッド・ゼア・イズ・ユー   
13.  アイ・クライド・フォー・ユー
14.  ユ・ードント・ノウ
15.  エンジェル・アイズ

26
 デュオ作品で、とにかく落ち着いた曲展開で聴いて疲れないアルバム。ピアノも丁寧な演奏をみせ、彼女のベースも語るような響きで休息にはピッタリである。
  もともとシンガーとしてのスタートではなかった彼女のヴォーカルは、まろやかで角がなくソフトにしてマイルド、響きも良いので快感。しかも曲はバラード調で歌われ、尚更心休まる休息向きだ。このところのヴィーナス盤アルバムでは完全にジャズ・ベーシストというところから、ヴォーカリストというところが強調されてきている。

 そして売れどきが勝負とばかり、ヴィーナス・レコードは頑張って、彼女のニュー・アルバムをハイピッチでリリースしている。更にこのアルバムと2013年のアルバム「The Lock of Love」などを今度はSACD盤で立て続けにリリースするが、それはそれでまあ結構なことではあるのだが・・・・。

 ニッキ・パレットについては過去に何回か取り上げているので以下のものなどを参照して欲しい。
 ① http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/nicki-parrott-t.html
 ② http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/nicki-parrott-b.html

 ところでここでも紹介した昨年のARBORS RECORDS盤のピアノ・トリオもの「IT'S GOOD DAY」は、なかなか彼女のベーシストとしてのジャズ盤としての高評価をしたところだが(http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/its-a-good-day-.html )、どうもヴィーナス・レコード盤は、いつも通りやっぱり一般受けの狙いが強く、彼女の演奏よりはヴォーカリストを前面に出していて、その線は全く変わっていない。それはちょっと空しいところもないではないが、それでも曲の中盤には両者のデュオ演奏部もそれなりに取り入れて、ベースの音もしっかりと聴こえてくるので、まあこうして我々も楽しんでいるのである。そんなところで大いに歓迎しておくことにしているのだ。
 アルバムとしては、若干単調に流れている。その為か8曲目の” I told Ya I Love Ya,Now Get Out”、9曲目の”I'm Beginning To See The Light ”はややアップ・テンポの演奏もみせ、又 10曲目”Can Anyone Explain”で、突然男性ヴォーカルが入るも、そう大きな効果は上がっていない。
 曲や演奏など何か山や谷がもう一つ欲しいような気がするのだ。そこで一工夫をと言いたいところだが、彼女のヴォーカルのパターンがこれなんで、ちょっと難しいかもしれない。そうは言っても、とにかく万人向きの良盤であることには間違いない。

(参考試聴)

|

« PC欲張り大作戦~遂にXP脱落 | トップページ | 今にしても心に響くアルバム~アイリーン・クラールIrene Kral「where is love?」 »

ニッキ・パロット」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

ニッキ・パロット気軽に聞けていいですね。私は車の中に置いてあり、運転中に良く聞いています。でも、長時間ドライブのときには、テレサ・テン、ちあきなおみも聞きます。

投稿: 水戸老公 | 2015年2月27日 (金) 13時05分

 水戸老公様、こんばんわ。こちらに出向いていただいて有り難うございます。
 おっしゃるようにニッキ・パロットというのは不思議に聴いて疲労感がなく休まるんですね。これも一つの大事なことなんでしょうと思っています。
 結構長距離運転なされるのでしょうか?、くれぐれもお気を付けてどうぞ。

投稿: 風呂井戸 | 2015年2月27日 (金) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/59016754

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトでマイルドな唄声:ニッキ・パロットNicki Parrottのアルバム~「Angel Eyes」:

« PC欲張り大作戦~遂にXP脱落 | トップページ | 今にしても心に響くアルバム~アイリーン・クラールIrene Kral「where is love?」 »