« ナイトウィッシュNightwishの力作新譜登場「ENDLESS FORMS MOST BEAUTIFUL」 | トップページ | シゼル・ストームSidsel Storm のニュー・アルバム : 「CLOSER」 »

2015年3月30日 (月)

イリアーヌ・イリアスEliane Eliasの新譜「メイド・イン・ブラジルMade in Brazil」

       <My Photo Album 瞬光残像 = 南イタリア編>

Dsc01315monowh2

南イタリア・マテーラMATERA・・・・・洞窟住宅を使ってのレストランにて(岩の削られた壁)
                                                                    (photo  2014.12)

            *    *    *    *

ブラジル色・・・・・一色に包まれたヴォーカル・アルバム

<Jazz>
         Eliane Elias  「Made In Brazil」
         CONCORD JAZZ / UCCO-1154 / 2015

 

Brasil
 もうとにかく徹底してのブラジル一色のアルバムです。彼女の24作目のアルバムということのようだが、今回は彼女のルーツのブラジルに思いを馳せての作品。過去のアルバムを全ては持っている訳ではないが、私としては彼女のモノは発売と同時に買うミュージシャンなんですね。
 ジャズ・ピアニストである実力が評価される彼女ですが、よって、勿論ピアノ・プレイが全編飾ってますが、やっぱりこれは彼女の”ヴォーカル・アルバム”主力ものです。

Brasillist2 Tracklistは左のごとく(クリック拡大)・・・。

 彼女のオリジナル曲6曲と、ブラジル作曲者3人の6曲(Antonio Carlos Jobim の曲も3.8.の2曲)という構成で、ボサ・ノヴァ・スタイルを主体に歌い上げるが、ちょっとムーディーな曲も歌ってくれる(特に彼女自身の曲”Searching”、”A sorte do amor”)。

 全曲彼女のアレンジであり、今回は、ゲスト・ミュージシャンも多く、ストリングス・オーケストラ(Rob Mathes のアレンジと指揮によるロンドン・シンフォニック・オーケストラ)も入ると言うところで・・・・ポピュラーからジャズ・ファンまでカヴァーする売れ筋狙いの彼女の魅力たっぷりアルバム仕上げ。
 ただしこうしたストリングス・オーケストラの音がバックに流すのは、Jazzy not Jazz路線のムードを盛り上げる一つの手法だろうと思うのですが、私の好みからはオーケストラなしの小編成で仕上げてもらった方がボサ・ノヴァ・ムードは高まると思うところだが、如何なところか。

 彼女のソフトにしてマイルドな低音部を中心とたハートウォーミングな歌声と評されるボッサ・ヴォーカル(特に”Vida”)で、はやく暑い夏の夜に聴きたいというところである。

Brasilphoto
 とにかく彼女は1960年ブラジル・サンパウロ生まれですからもう既に55歳、夫のベーシストであるMarc Johnson が当然参加し、プロデュースも行っている。更に5曲目の”Some Enchanted Place”では、娘のAmanda Breckerがヴォーカルで参加している。
 また「テイク6」のヴォーカル・グループの参加も話題の一つ。こうしてブラジル・テイクなムードの彼女のヴォーカルのバックに彼らのハモッた歌声が見事に色づけしている(特に”Incendiando”)。
 こんな調子で広い範囲に向けてのミュージックとして作り上げられていて、単なるジャズ世界でなく多岐にわたったミュージック・ファンに受け入れられそうなアルバムの印象だ。

(参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/cat45434491/index.html

(試聴)

|

« ナイトウィッシュNightwishの力作新譜登場「ENDLESS FORMS MOST BEAUTIFUL」 | トップページ | シゼル・ストームSidsel Storm のニュー・アルバム : 「CLOSER」 »

イリアーヌ・イリアス」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

イリアーヌ・イリアスの新譜が出たのは知っていましたが、多分風呂井戸さんがいち早く取り上げるだろうと思っていました。もちろん彼女は私のご贔屓の範疇なんですが、オーケストラ、ストリングスがバックですか ・・・。先だってのダイアナ・クラールの新譜もそうでしたね。流行りなんですかね。ボッサやバラードなら、トリオ、あるいは小ぶりのコンボをバックに小粋に歌ってみせるというのが好みなんですが。

投稿: 爵士 | 2015年3月31日 (火) 00時31分

 爵士さん、こんばんわ。
 おっしゃる通りですね・・・・、私もその線のボサ・ノヴァがほんとは好きですね。そうです小編成の描く世界にさりげなく歌うところに味がありますね。もともとそうした世界のモノですよね。
 イリアーヌ自身の歌声もそんな世界がピッタリなんですがね~~。ダイアナ・クラールの良さとは又違った持ち味があると思ってますが・・・。

投稿: 風呂井戸 | 2015年3月31日 (火) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/59402972

この記事へのトラックバック一覧です: イリアーヌ・イリアスEliane Eliasの新譜「メイド・イン・ブラジルMade in Brazil」:

« ナイトウィッシュNightwishの力作新譜登場「ENDLESS FORMS MOST BEAUTIFUL」 | トップページ | シゼル・ストームSidsel Storm のニュー・アルバム : 「CLOSER」 »