« これは素晴らしい! ジョヴァンニ・グイディ・トリオGiovanni Guidi Trio「THIS IS THE DAY」 | トップページ | キース・ジャレットKeith Jarrett 久々のピアノ・ソロ新録音盤「CREATION」 »

2015年5月16日 (土)

原点回帰 ジョバンニ・グイディ・トリオGiovanni Guidi Trioの1st「Tomorrow Never Knows」

       <My Photo Album> ~花の季節(2)~

Dsc_1417web1

                *    *    *    *

<今日のミュージック>

 前回若きイタリアのピアニスト・ジョバンニ・グイディのECMからのピアノ・トリオ・アルバム「THIS IS THE DAY」を取り上げたが、彼は約十年前2006年に20歳そこそこで、Venus Records から1stリーダー・アルバムをリリースしている(1985年生まれ)。それはジャズ・ピアノ界のスタンダード曲中の逸品ポーランドのKomedaの曲”ローズマリーの赤ちゃん”を取り上げているので手に入れてあったもの。ここで紹介しておく。

<Jazz>
    Giovanni Guidi Trio 「Tomorrow Never Knows」
    Venus Records /JPN / VHCD 4128 / 2006

1st
 とにかくジョバンニ・グイディの初リーダー作、今やECMでManfred Eicherの気合いの入ったアルバムを作る(演ずる)ところまでに成長しているわけで、そんな意味でももう一度聴いておくに価値十分である。

      Giovanni Guidi : piano
      Francesco Ponticelli : bass
      Emanuele Maniscalco : drums

      Recorded at The House Recording Studio in Roma on Jan.5&6,2006

1stlist
 収録13曲、彼のオリジナルは3曲、そして特徴はロック・ナンバーを取り上げているところだが、そのあたりが若さかなぁ~と思う。特にビートルズの曲が3曲を占めていて、その他に注目はイーノとかビョークとか、彼の多分好みの世界がここに見えるような気がする。
  ビョークBjörkはアイスランド生まれの先鋭的なオルタナティブ・ロックのシンガーソングライター。そしてイーノB.Enoは、プログレッシブ・ロック界に多大な影響をもたらしたミュージシャン。こんなところに彼がまず1stアルバムで試みたところに前衛的な感覚の一面が見えるのだ。
 そしてジャズ・ピアノとしては多分誰もが演奏してみるコメダの曲”Sleep Safe And Warm”(ローズマリーの赤ちゃん)を演じている。これも我が愛するポーランドの誇る新世代ジャズ・ピアニストのマルチン・ボシレフスキーに多分影響されたんだろうと推測するところだ。若きときの挑戦の姿が見えてきて頼もしい。この曲もグイディらしい編曲が施されていて、2番煎じになっていないところは、なかなか意志も強そうだ。

Giovanniguiditriosm1
 アルバム通して聴くと、若干荒削りな感もないではないが、叙情的な美しさを持ちつつ、ビートルズの”Tomorrow Never Knows ”をアルバム・タイトルに採用し、その曲の演奏は原曲とはかなり異なったアヴァンギャルドな演奏をみせ、かなり自己の線を示しているところはお見事と言える。
  Venus Records の録音も良く、なかなかこれも味なアルバムなのである。

(参考視聴)

|

« これは素晴らしい! ジョヴァンニ・グイディ・トリオGiovanni Guidi Trio「THIS IS THE DAY」 | トップページ | キース・ジャレットKeith Jarrett 久々のピアノ・ソロ新録音盤「CREATION」 »

ジョバンニ・グイディ」カテゴリの記事

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

風呂井戸さんこんにちは.

本文にはちっとも関係ありませんが、写真がステキですね.

投稿: la_belle_epoque | 2015年5月21日 (木) 21時53分

la_belle_epoqueさん、こんにちわ。

ミュージックも写真も・・・・なにか感動があると良いですね。何故か写真も結構撮影者の心が現れるので不思議です。もっともそれが醍醐味でもありますが・・・・。

投稿: 風呂井戸 | 2015年5月22日 (金) 09時16分

こんにちは、お邪魔いたします。
このアーティストは知らなかったです。
非常に聞いてみたいですね。
最近、私も年取ったせいか、じっくり聞いてみる音楽の方に片寄りがちです。
それよりは風呂井戸さんのプレゼンのうまさの方が光っています。
と思いました。

投稿: jamken | 2015年6月13日 (土) 09時06分

jamkenさん、コメント有り難うございます。
 どうも私の好みはユーロ系に傾きますが、こうしてイタリアから又々素晴らしいピアノ・トリオは嬉しい限りです。クラシック・タイプのニュアンスとアヴァンギャルドな面の交錯も味付けに更なる一役買っていると思います。ECMで更に磨きをかけて発展して欲しいです。特に私はピアノ・トリオを好みのジャズのベースにしていますので・・・・。

投稿: 風呂井戸 | 2015年6月13日 (土) 14時45分

風呂井戸さん,こんにちは。TB頂きながら,多忙にかまけてこちらにコメントを差し上げられず,申し訳ありませんでした。

こちらのアルバムは未聴ですが,選曲も面白いので,これはちょっと関心がありますねぇ。ECMでのアルバムを聞いていると期待できると思ってしまいます。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

投稿: 中年音楽狂 | 2015年9月 5日 (土) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/60018636

この記事へのトラックバック一覧です: 原点回帰 ジョバンニ・グイディ・トリオGiovanni Guidi Trioの1st「Tomorrow Never Knows」:

» 新譜でもなんでもないが,ECM未聴盤聞き:Giovanni GuidiのECM第1作 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
City of Broken Dreams Giovanni Guidi Trio (ECM) 私はECMレーベルのそこそこのファンだが,買ったはいいが,全然聞けていないアルバムが実は結構残っている。 [続きを読む]

受信: 2015年9月 5日 (土) 14時27分

« これは素晴らしい! ジョヴァンニ・グイディ・トリオGiovanni Guidi Trio「THIS IS THE DAY」 | トップページ | キース・ジャレットKeith Jarrett 久々のピアノ・ソロ新録音盤「CREATION」 »