« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月29日 (月)

北欧ピアノ・トリオ~ヨーナ・トイヴァネンJoona Toivanenトリオ「NOVEMBER」

メロディーの美しさは~北欧の地から湧く世界観?

<Jazz>

         JOONA TOIVANEN TRIO 「NOVEMBER」
         CamJazz / Europe / CAMJ7878 / 2014

November
               Joona Toivanen (p)
              Tapani Toivanen (b)
              Olavi Louhivuori (ds)

Joona1web  フィンランド出身でスウェーデン在住というヨーナ・トイヴァネンJoona Toivanen(1981年生まれ)のピアノ・トリオ作品。
 澤野工房からリリースされた『Numurkah』(ATELIER SAWANO 022 , Rec.Jan.2000)で日本にも知り渡ったのだが、当時は20歳前後の若者の作品で、その出来に驚嘆させられたというところだった。目下この作品は2014年収録のCamJazzからの第二弾。ようやく30歳代となっての作品なのだ。

 どうも私は近年は北欧のピアノ・トリオと言うと何となく愛着を感じてしまう。それは殆どが当たり外れがない叙情的な世界を感じさせてくれるためだ。このトリオの作品もその期待を裏切らない(メンバーは上記のとおりで、ベースのTapani Toivanenは弟で、ドラムスのOlavi Louhivuoriは同級生。フィンランドで結成されたトリオ)。

Novemberlist 収録曲は左のような十二曲、全てトリオ・メンバーのオリジナル曲というところが、意欲が強くかんじられるところ。
 1.”Moon illusion”冒頭から北欧の大自然を思わせる詩的にして美しき叙情的なピアノの調べが襲ってくる。
 そして4.”November”は、これから北欧の厳しき冬期を迎える大自然と人間の姿を叙情豊かな美しき姿として描いているかの如く世界に導かれる。
 5.”Duobal”、”Two steps aside”などでは、若きメンバーがジャズ・トリオ・ミュージックに正面から対峙して挑戦している姿が見える。これは叙情的世界と対比されて面白い。

Trio2_2
 技巧的にハッとする世界で無く、むしろ彼らの北欧における民族的生活経験や音楽学習から湧いてくる美旋律を演じていると言って良いのでは?。それが自然にやや暗い面と、未来志向の光明とミックスされてバランスのよいアルバムになっていると思うのだ。
 これからまだまだ成長して行く楽しみなトリオであると言えるのではなかろうか。

(試聴1)
    http://joonatoivanen.com/music/

(参考視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

バイノーラル3D録音=アレキシス・コールAlexis Cole 「A KISS IN THE DARK」

ヘッド・フォンで聴くと効果倍増のこの臨場感
         バイノーラル録音

<Jazz>

         ALEXIS COLE 「 A KISS IN THE DARK」
         CHESKY RECORDS / U.S.A. / JD366 / 2014

Akissinthedark

     Alexis Cole(vocal)
     Sail Rubin(guitar)
     Dan Block(sax,cla)
     Pat O'Leary(bass)
     Phil Stewart(drums)

Ac1 このアルバム、なんと言っても興味は録音にあります。もちろんアレキシス・コールAlexis Cole のこれぞ、ジャズ・ボーカルといったところも聴きどころですが・・・・。
 彼女のアルバムは、何度か取り上げているが、アルバム『Close Your Eyes』なんかはなかなかのモノでした。一つにはソフィスティケイトされたムードを醸し出すところが良いですね。(彼女の紹介はこちらに譲ります)
                ↓
(参考)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/alexis-coleclos.html

Akissinlist
  このアルバムは上の如くの全十四曲(クリック拡大)。なんと1920年代のポピュラー・ソングを取り上げてのアレクシス節。とにかくゆったりと、熱くなく、そうはいってもクールとはちょっと違ったさらっとした唄味。ときとしてダークな味付けもあると言うところも魅力。これぞジャズ・ヴォーカルの一つのパターンであると言って良いのでは?。
 
 まあそんな訳ですが、私の興味むしろこのアルバムの録音にあります。つまり3D感覚で我々が自己の再生機で簡単に楽しめるというところです。
 その「バイノーラル録音Binaural Recording」とは・・・・ネット(ニコニコ大百科)で解りやすいものとして拝見した解説をここに記させて頂きます。
              ↓  
人間の頭部(あるいは上半身)の模型の外耳口部分にマイクを埋め込み、ステレオ記録による左右の耳に届く音の音量差、位相差に加え、肩で反射する音や頭部を回り込む音、耳たぶで回折する音、体を通り抜けて減衰した音などを含めて記録するため、人間の聴特性と非常に近いステレオ音声を得ることができる。このため脳が経験的に収録時の音場を構築し、実際の臨場感をありのまま伝える事ができるのである。

 当然ながらバイノーラルは「ヘッドホン」、「イヤホン」で聴かないと効果が無い。スピーカーでは逆に定位が定まらなくなってしまう。また、収録時に使用したダミーヘッドと、聴取者の上半身、頭部、耳たぶの形状差によっては効果に差が出ると言われている。

 このアルバムがこんな手法で録音されていて、所謂ステレオ・スピーカーからの再生では不十分という代物。とにかくヘッドホンで聴くと、演奏者の定位は見事に解る。左ギター、後ろにドラムス、右より後ろにサックス、右にベースと・・・そして中央にアレクシスのヴォーカルが位置取る。
 このアルバムは選曲が古く、演奏もそう面白いと言うものでないが、この臨場感はお見事で、そんな意味で出来たら一度は聴く価値ありと言ったところ。

(試聴) バイノーラル録音紹介(是非ヘッドフォン又はイヤフォンで)


(試聴)  バイノーラル録音 「A KISS IN THE DARK」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

チャーリー・ヘイデン & ゴンサロ・ルバルカバ 「TOKYO ADAGIO」

10年ぶりにお目見えのデュオ作品~素晴らしい!

 昨年残念ながら逝去したチャーリー・ヘイデンを偲ぶ意味か?、ここに来て彼の2005年のブルーノート東京公演がimpulse!からCD化、あのゴンサロ・ルバルカバのピアノとのデュオ作品だ。とにもかくにも注目のアルバム。

<Jazz>

    CHARLIE HADEN    GONZALO RUBALCABA
                  「TOKYO ADAGIO」

       Universal Music France (IMPULSE!) / 0602547299260 / 2015

Tokyoadagio
         Recorded Live at Blue Note Tokyo, on March 16th-49th, 2005
            Charlie Haden : bass
            Gonzalo Rubalcaba : piano

 お相手のピアニストがゴンサロ・ルバルカバとなると『Nocturne』(2001年)を思い出しますね、そして『Land of The Sun』(2004年)も。これらはデュオではありませんが。
 チャーリー・ヘイデンのベースとなれば誰もが認めるところだが、ピアニストのキューバのゴンサロ・ルバルカバも私にとっては愛すべきピアニスト、最初に知ったのはアルバム『DIZ』(1994年)で、今でも愛聴盤。
 (参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-496c.html

 彼は更に私の愛するポーランドのアンナ・マリヤ・ヨペクのアルバム『POLANNA』でも哀愁のピアノを披露している(2011年)。
 (参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/3-4392.html

Charlie_haden21768x1024_2 しかし日本公演って、彼らにとっても気持ちに一つの何かをもたらせてくれるのか?、多くのミュージシャンは良い演奏を残してくれますね。そして一方この公演に参加された者にとっては人一倍に感動でしょう。
 そう言えば昨年は『CHARLIE HADEN  JIM HALL』が、やはり「Impulse!」からリリースされているが、あれは1990年の録音もの。又キース・ジャレットとの『Last Dance』が「ECM」からリリースされ(2007年録音)、これらはデュオものですね。デュオと言えばチャーリーってところだが、まだまだ何処かから出そうな予感・・・・・。

Tokyoadagiolist_2 さてこのアルバムは右のようなリストである。チャーリーとゴンサロがそれぞれ一曲ずつで、その他はスタンダード曲。しかしこれが又チャーリーの十八番のアダージオ演奏曲。どれもこれも納得の演奏だ。そしてライブものであるが、さすが日本人、拍手の入れ方が、しっかり曲が演奏し終わってきちんとするところはまさに録音向き。このアルバムでは曲間に拍手が入っているが、これならアルバム制作時に無理に入れなくとも良いと思うぐらいである。
 この二人は1986年に初めて会ったと言うことであるが、チャーリーはゴンサロを結構お気に入りであったようだ。

Gr2_2 1曲目からお馴染みの曲が、説得力のあるアダージオに変身して聴く者を魅了させる。この曲”En la orilla del mundo”は、2001年のアルバム『Nocturne』にやはり1曲目に登場。更に最後の曲”Transparence”も収録されていたもの。
 しかしこのアルバムの絶妙なコンビは”Solamente una vez”に見るが如くで、ゴンサロが美しくメロディーを流して行くうちに、バックで静かにチャーリーのベースが演じられているが、ピアノが次第に音を下げて行き、いつの間にかバックに回って、ベースが静かであるにも関わらず前面に出て曲を演ずる。そこは心に響く世界が生まれている。そして再びピアノの旋律がよみがえり曲が終了する。こうした流れの味は繊細な両者のデュオ作品であるからこそ一層その美しさに感動してしまうのである(この曲もデュオではないが、アルバム『Land of The Sun』に登場している)。

Tokyo1
 いずれにしてもこのアルバムは誰にでも勧められる良盤。

(試聴)

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2015年6月15日 (月)

エンリコ・ピエラヌンツィEnrico Pieranunziの新盤 「DOUBLE CIRCLE」

ギターとピアノの落ち着いた中にも美と実験的センスを持ったデュオ

 イタリアの我が愛するピアニスト、エンリコ・ピエラヌンツィも近年色々な姿を見せるピアニストだが、今回は珍しくアコースティック・ギターとのデュオだ。

<Jazz>

  E.PIERANUNZI - F.CASAGRANDE  「DOUBLE CIRCLE」
     CamJazz / ITA / CAMJ 7885-2 / 2015

Doublecircle_2

               Enrico Pieranunzi (piano)
               Federico Casagrande(acoustic guitar)

 エンリコ・ピエラヌンツィの前作は昨年リリースされたピアノ・トリオもの『Stories』であったが、私が彼を愛する所以は、あの叙情的なピアノの調べで迫ってくるところである。しかし単なる叙情派ではない彼の姿も魅力的で、あのアルバムではアグレッシブなインプロヴィゼイションを聴かせてくれたところも忘れられないのだが・・・・・・。
(参考)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/enrico-pieranun.html

Doublecirclephoto この最新作は、新進の注目ギタリスト、フェデリコ・カサグランデとのデュオ作品。カサグランデは“ギブソン・モントルー・ジャズ・ギター・コンペティション”の2007 年優勝者とか。いかなる繋がりで、又何を目指しての今作となったかは知るよしも無いが、相当のキャリアの違いを超えての共作となったものだ。

 カサグランデのアコースティック・ギターの醸し出す音色は、このアルバムで聴く限りは、どちらかというと静かな柔らかな優しい音色であって、私の期待するピエラヌンツィの叙情的なピアノの調べとのマッチングが興味を呼ぶところである。

Doublecirclelist トラックリストは右のような11曲(クリック拡大)。ピエラヌンツィの曲が5曲、カサグランデの曲は3曲、両者の共作が2曲、そしてカヴァー曲1曲登場する。

 冒頭から両者のアンサンブルの妙が展開する。ギターとピアノが対等にまみえると両者の響きはこうゆうものなのか、しかし意外にピアノがバックにまわるところが多かったせいか、期待のピアノの響きは後退していて、ギターの音の方が前面に出るところからスタート。
 しかしこのアルバムの曲調は非常に落ち着いた世界にある。最後の曲”Charlie Haden”はピエラヌンツィがチャーリー・ヘイデンに捧げた曲で、1980年代に共演して以来の彼らにはまさにお互いを尊重した素晴らしい関係が続いていたようで、ピエラヌンツィの心の響きを聴くことが出来る。ふと考えて見ると、このアルバムはこの曲に止まらず、チャーリーへのトリビュート・アルバムなのかも知れない。そんな世界に連れて行ってくれる。

Rigonhd2 3.と10の2曲は、両者のインプロヴィゼイションであろうか、このアルバムでは若干異色であるが、彼らの試みの一つであろう。
 4.”Clear”、6.”Within The House of Night”、8.”Beija Flor”の三曲は、カサグランデのギターの美しさもさることながら、ピエラヌンツィのピアノは、その美しさ、メロディーの美しさ、そして心の落ち着きの世界に誘ってくれる。
 又7.”Non-nonsense”はゆったりとした中に不思議な世界に導かれる。このあたりは両者の感覚の一致性を感ずるところでの一つの結晶でしょう。

 旋律を奏でるにふさわしい楽器のピアノ、ギターというもののデュオは、やはり難しい取り合わせの一つと思われるが、特に1.5.曲での両者のアンサンブルはお見事と言いたい。
  しかしこのアルバムでも聴きようによっては主役の無い曲となってしまいがちな難しい面もあったし、更にアンサンブルを生かそうと思うと、ソロであれば両者いずれでも演ずる音の楽しめる余韻というか繊細なところがあると思うが、それがかき消されてしまう状況も生まれる。私の個人的な希望としては、もう少しピエラヌンツィのピアノにしっとりと浸りたかったというところもあったのは事実で、その為なのか若干残念に思うところもあった。

 (フェデリコ・カサグランデは、これまでに3枚のリーダー・アルバムがある=「Federico Casagrande ” Spirit Of The Mountains”(2009)」、「Federico Casagrande ”Ancient Battle Of The Invisible”(2013)」、「Federico Casagrande ” At The End Of The Day”(2014)」)

(CAMJazzの当アルバム紹介=当アルバムの各曲のさわり部分が聴ける
http://www.camjazz.com/releases/8052405141545-double-circle-cd.html

(試聴)Pieranunzi & Casagrande (当アルバムの曲とはイメージは異なりますが)

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2015年6月 9日 (火)

(続)メロディ・ガルドーMelody Gardot の新譜「CURRENCY of MAN」 ~考察その2~

201506092021_2
「スタンダード盤」の完成度は?

 メロディ・ガルドーのニュー・アルバムを考察しているのだが・・・実は是非対比してみなければならないことがある。
 それは前回このニュー・アルバム『CURRENCY of MAN カレンシー・オブ・マン~出逢いの記憶~』の感想を書いたのは、基本的には2種あるバージョンのうち所謂「Delux Edition」(全15曲)であったわけだが(日本盤はこれを取りあげてリリースしている)、しかし「スタンダート盤」は全10曲であって、全くの曲の配列が異なっている。実はそこが面白いところで比較して聴いてみるとかなり印象が異なってくるのだ。

Melody Gardot 「CURRENCY of MAN」
Universal / International / 54724682 / 2015

New2 スタンダード盤では、まず3曲のインスト曲がない。それとこのアルバムでの最高のパワーを効かせる”Preacherman”が2曲目に登場して、アルバム冒頭近くから哀しい怒りを叩きつけるパターンをとる。
 これは「デラックス盤」の問題点を積み上げながら、徐々に最高潮に盛り上げて行く手法とは異なっている。

 そんな相違が意外に印象を変えているのだ。

   つまりアルバムの流れは以下のようになる。これが・・・・

Album2list1.2.先ずは問題意識を叩きつける

3.そして 光明を見いだそうとする

4.反省

5.自己の要望

6.自分相応の世界へ

7.美しき悟りへ

8.悪しき展開

9.哀しきストリート・ガールの姿に未来はあるか

10.過去の貴重な記憶に未来を託す

  ・・・・こんな流れであるが、つまるところ、デラックス盤の”No Man's Prize”と”Byrying My Troubles”の2曲が納められていない。まずメロディ・ガルドー節の典型の”No Man's Prize”が無いのは寂しい。そしてデラックス盤の最終曲”Burying My Troubles”の一つの光明を信じて行くところがやっぱり無いのは更に空しいのである。
 そんなところと、曲間の繋ぎの3曲のインスト曲が又ムードを盛り上げるのに良い味があるが、それが「スタンダード盤」には無いわけで、これからこのアルバムを聴くならば、やっぱり「デラックス盤」にして欲しい(日本盤はこれを取り入れている)と思うのだが・・・・・いかがであろうか?

 いずれにせよ、2種あるとどうしても比較してしまうのだが、「スタンダード盤」はメロディ・ガルドーのCD一枚を聴いたという感じには満たされるが、「デラックス盤」は、物語を感ずる一編の映画を見終わったという感覚になる。
  両者には、そんな違いを感ずるのだが・・・・。

(試聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

メロディ・ガルドーMelody Gardot渾身の注目新譜「Currency of Manカレンシー・オブ・マン~出逢いの記憶~」

           <My Photo Album> ~花の季節(6)~

Dsc_1532ttrw3
                                            NIKON D800 , AF-S NIKKOR 50mm 1:1.4G
             *    *    *    *

<今日のミュージック>

  私の一押し=メロディ・ガルドー待望のニュー・アルバム
~闇、哀しき訴え、光明、悟り・・・「社会意識」
へのアプローチ~
             今年の問題作

<Jazz、Rock、 Soul、 Root's Music>

             Melody Gardot 「Currency of Man」
        Universal Classics & Jazz / UCCU-1488 / 2015

Currency_of_man

 今回のニュー・アルバムも気合いが入ってますね。新譜発売からいくつかのバージョンがあって、お付き合いが大変です。少なくとも輸入盤で3タイプ?(10曲アルバム、15曲アルバム、デラックス・エディション(The Artist's Cutヴァージョン収録))あり、それに日本盤(16曲・SHM-CD)がリリースされた。

 前作『The Absence』からもう3年ですかね、あれはメロディ・ガルドーのラテン版というか、それまでのイメージを変えての彼女の意志でのセルフ・プロデュース作品であったが、今回は2009年のヒット作『My One & Only Thrill』のラリー・クラインのプロデュース。

(参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/melody-gardot-a.html

Mg2_2 彼女は1985年生まれのアメリカ・フィラデルフィア出身だが、19歳の時の交通事故で現在も後遺症が残っている。2009年に来日した際も光刺激を避けるためのサングラスと、下肢の障害をカヴァーするためのステッキによる歩行をしていた(しかし我々にはサービス精神旺盛な対応をしてくれたあの時からもう6年経つんですね)。
 しかし彼女のシンガー・ソングライターとしての才能は素晴らしく、都会的センスのジャジーな曲作りと歌唱力は魅力たっぷり。ピアノやギターも操っての弾き語りも得意で音楽そのものへの拘りも大きい。

Currencydlist
 さて今回のアルバムは左のような15曲。全曲メロディ・ガルドーのオリジナル(3曲に共作者が入る)、そして3曲のインスト曲もある。ロックやソウルっぽいところから、ジャズ、ブルースまでのまさにアメリカ南部文化と言うべき”roots music”への挑戦でもある。そしてそこにメロディ・ガルドー節が詰まっている。

  しかし最も注目は、勿論彼女のミュージックとサウンドにこだわったものである事だが、又それ以上に彼女の社会派活動と関連したコンセプト・アルバムだと言うことだ。彼女の言う”「社会意識」の世界”がテーマなのだ。それは彼女がこの数年に出会った印象深い人々を取り上げて歌い訴える・・・・。
 ”currency of man”つまり”人間の声価”に心を馳せるべきと言うところか?。彼女の言葉を借りると”今の世界における我々自身の価値の再認識。肌の色、社会的地位、出自に関わらず、誰もが人生の目的を持っている”と・・・・・人間の価値を訴える。

 既に公開されているプロモーションビデオにも描かれているように、”It Gonna Come”はストリート生活のホームレスのインテリジェンシーの高い老人の姿に何を見るか?。
 更に問題のPreacherman”は、1955年の黒人少年の虐殺事件の「エメット・ティル事件」を取り上げている。この母親の悲しみ・憤りを歌い上げ、この人種差別に関わるテーマをロック調のミュージックで迫ってくる。

 このアルバムの前半は社会の陰の部分に焦点を当て、”No Man's Prize”で彼女の唄が堪能できる。そして10曲目の”Preacherman”で問題意識の頂点に叩きつけるリズムで達する。しかしその後”Morning Sun”では心を広げる一つの光明を与え、12曲目の”If Ever I Recall Your Face”のこのアルバムでピカイチの美しい曲が流れ、自己を説得する。そして最後の”Burying My Troubles”で希望を感じさせて幕を閉じる。
 このアルバムは一つの映画を見たような展開をみせる。メロディ・ガルドー自身の音楽人生と人生観を集約したアルバムの完成だ。
       Still I know     I will find my happiness at last
        Somewhere in the bottom of a bottle  of a stone cut glass

 かって来日の際の、”日本の饅頭が旨かった”と笑いながら話す明るさの影には、「死」や「絶望」を一度見た人生の経験から作り上げられた彼女のもう一つの姿がこのアルバムには込められているのだろう。今年の一押しアルバムになることは間違いない。

                (credit ↓クリック拡大
Credit

(試聴1)

(試聴2)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »