« <時にはクラシック?> ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ「クロイツェル」「スプリング」 | トップページ | 久々のアデルADELEのニュー・アルバム:「25」 »

2015年11月28日 (土)

エンリコ・ピエラヌンツィEnrico Pieranunzi ニュー・ライブ・アルバム「TALES FROM THE UNEXPECTED」

エンリコ・ピエラヌンツィの詩情ピアノ・トリオ・ジャズが帰ってきた!

  <Jazz>
    Enrico Pieranunzi 
    「TALES FROM THE UNEXPECTED」
                                  ~Live at Theater Gütersloh~
           ETERNAL MOMENT / KKE054 / 2015

Talesfrom

Enrico Pieranunzi(p)
Jasper Somsen(b)
André Ceccarelli(ds)

Recorded live at Theater Gütersloh 29. 08. 2015

Proximity エンリコ・ピエラヌンツィ(1949年イタリアのローマ生まれ)は、いろいろと動いていますね。このところのCAM JAZZ最新作は、ラルフ・アレッシ(tp,cor,flh)、ダニー・マッキャスリン(ts,ss)、マット・ペンマン(b)というNYの世界でしょうか”アメリカン・カルテット”で挑んだまたもややや変則と言いたくなる意欲作の「PROXIMITY」というアルバムもリリースされたが、・・・・ここで取り上げたこちらは今年のドイツにおける「European Jazz Legends」においての、ヨーロピアン・トリオ・ライブの登場だ。全10曲オリジナル曲で4曲が即興演奏。ドラマーにアンドレ・チェカレリAndré Ceccarelliが参加。

1. Improtale 1 (4:46)*
2. The Waver (8:03)
3. Anne Bloomster Sang (6:59)
4. Improtale 2 (6:13)*
5. B.Y.O.H. (6:41)
6. Tales From The Unexpected (8:41)
7. Improtale 3 (7:41)*
8. Fellini's Waltz (6:41)
9. Improtale 4 (2:24)*
10. The Surprise Answer (6:22)
(11. Interview with Enrico Pieranunzi by Götz Bühler (11:50))
Total Time 76:33
               (*印 即興演奏)


Enricopieranunzi3 スタート曲” Improtale 1”からBassのアルコ奏法から入る即興曲を展開、これが又魅力的なヨーロッパ的な美しさが伝わってくる。これはしめしめと聴き入るのである。
 M2”The Water”、M3”Anne Bloomster Sang ”と、懐かしきピアノの繊細にして美旋律が聴き取れる。特にM3でこのアルバムの良さが全開、Bassが思いの外哀愁感ある旋律を奏で、そこにピアノの流れるようにして艶やかな緻密なピアノ・タッチは端正なヨーロッパ詩情そのもので、両者の交互に描き展開する彩りは快感。
 しかしやっぱりピエラヌンツィの演奏は何時聴いても優雅にして清々しい。

 そして一方、” Improtale (不体裁?)”という4曲の即興演奏は、特に2曲目からドラマティックの3者の交錯が非常に前衛的なセンスを生かしての展開で、その他の曲との対比が素晴らしい。その為M5”B.Y.O.H.”、M8”Fellini's Waltz ”が非常に抒情的な印象を倍増して迫ってくる。私は即興演奏の中では” Improtale 3 ”がお気に入り。
 そしてM6アルバム・タイトル曲”Tales From The Unexpected”が、このトリオのテクニック的な充実度を見せつけるが如きの心憎い快演である。

(参考) これは参考までにVillage Vangardでのライブ

|

« <時にはクラシック?> ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ「クロイツェル」「スプリング」 | トップページ | 久々のアデルADELEのニュー・アルバム:「25」 »

エンリコ・ピエラヌンツィ」カテゴリの記事

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お邪魔いたします。
ヨーロッパには疎いので全く存じませんでしたが、良さそうですね。
これからの季節に合いそうです。
まだまだ知らないアーティストがたくさんあります。

投稿: jamken | 2015年11月29日 (日) 10時40分

 jamkenさん、こんにちわ。
 どうも最近は、私はユーロ系に次第に傾倒していますが、このエンリコ・ピエラヌンツィは是非とも攻めてて欲しいです(笑)。最近は彼は多方面に挑んでいますので、そうそう古い方からが聴き落とすのが良いかもしれません。

投稿: 風呂井戸 | 2015年11月29日 (日) 14時52分

そうですか、あの詩情がもどってきましたか。最近の発散ぶりに、どうしようかと思案していたアルバムです。

投稿: 爵士 | 2015年11月30日 (月) 17時27分

爵士さん、こんにちわ。
 そうですね、このアルバムの方が確かに最近の新分野への挑戦的なものよりは、それ以前のものに近いです。ピアノ・トリオとして聴かせてくれます。

投稿: 風呂井戸 | 2015年12月 1日 (火) 11時58分

古井戸さん、こんにちはmonakaです。
このようなアルバムをつってくれることでヨーロッパのアルバム・レベルが維持できていくのだと思うとピエラヌンィには頭が下がります。

投稿: monaka | 2015年12月 6日 (日) 20時34分

monakaさん、コメント・TB有り難うございます。
いつもmonakaさんの御評価も見させて頂いてます。ピエラヌンツィもやっぱり抒情的世界が私は好きです。まだまだ多く期待できる人ですものね。

投稿: 風呂井戸 | 2015年12月 8日 (火) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/62664010

この記事へのトラックバック一覧です: エンリコ・ピエラヌンツィEnrico Pieranunzi ニュー・ライブ・アルバム「TALES FROM THE UNEXPECTED」:

» 自由な老人になる  BTALES FROM THE UNEXPECTED / ENRICO PIERANUNZI [JAZZ最中]
1曲目、インプロとは思えない整然としたピアノのフレージングで始まるので、これはと思う。ライヴでのチェカレリとの共演となると、要所要所で二人は共演しているのでこれもその一つになるようは予感がします。録音はドイツ。 2曲目優雅さを湛えていながらキリッとし...... [続きを読む]

受信: 2015年12月 6日 (日) 20時35分

« <時にはクラシック?> ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ「クロイツェル」「スプリング」 | トップページ | 久々のアデルADELEのニュー・アルバム:「25」 »