« ダニーロ・レアDanilo Reaのピアノ・ソロ・ニュー・アルバム「SOMETHING IN OUR WAY」 | トップページ | 新キング・クリムゾンKing Crimsonの復活の謎~ロバート・フリップの逆襲? »

2016年1月31日 (日)

新キング・クリムゾンKing Crimsonのライブ盤「Live at the Orpheum」

クリムゾンと来れば、又もや哀しき習性が・・・・

     <Progressive Rock>
           KING CRIMSON 「Live at the Orpheum」
           Panegyric / DGMSP2 / 2015 (CD + DVD-Audio)
            Live at The Orpheum Theatre LA, CA  Sep.30 & Oct.1, 2014

Orpheumc
 今回は騙されないぞと、購入せずにじっと我慢を続けていたが、結局のところキング・クリムゾンとなると哀しき習性といったところか、ロバート・フリップの術中にはまって、このアルバムもちょっと廉価になったので、遅まきながら手に入れたという結末。
 2014年に行われたキング・クリムゾンのUSツアーから、9月30日と10月1日LAのOrpheum Theatreで行われた2公演の、スタンダード16/44.1ステレオ音源を収録したCDと24/96ハイレゾ音源を収録したDVD-Audioのセット(しかしそれほど驚きの好録音というわけでは無い。まあ並)。

Org_20150901001201
 聴くには聴いてきたエイドリアン・ブリュー時代のクリムゾン、どこかあのヴォーカルがひっかかってしまったのだが・・・・。
 この新キング・クリムゾンには、なんとあのコピー・バンド(?)とも言える「21st Century Schizoid Band」が、ご本家を乗っ取りかと言いたくなる懐かしのメル・コリンズ(Sax,Fl.)が復帰、それもジャッコ・ジャコスジク(vo, g)と共に。そしてトニー・レヴィン(b, stick)は順当なところだが、驚きはパット・マステロット(dr)、ギャヴィン・ハリソン(dr)、ビル・リーフリン(dr)と三人ドラムス。そしてロバート・フリップ(g)ご本尊での7人編成である。

Orpheumlist_2 そうは言っても、2014年6月からリハーサルを開始し、完全主義者のフリップ様の取り敢えずの納得のもと、9月9日から10月6日にかけて全19公演のアメリカツアーを行った。このアルバムはその15公演目と16公演目のロサンゼルス公演を収録したものである。
Jj
 中身は実質6曲みたいなもんだが、3ドラムスが効いてドスン、バタンは迫力がある。しかしジャッコ・ジャコスジクのヴォーカルは、とにかく過去にオフィシャル以外に山ほど積み上がったブートで鍛えられた耳には、やっぱりそれほど馴染んで来ないですね。むしろ新曲ならそれなりに聴けそうだとも思う。

News_photo02  まあメル・コリンズのサックスで色づけした感はあるが、全体的に大人になったクリムゾンと言った感じで、カリッとした危機感が薄れ、ちょっと間延びのクリムゾンと言っておく。
  それでもいいやと言いながら、何か面白い刺激でもあるのかと聴くのだが、フリップ翁だけあって、曲の盛り上げはやはり旨いが、それ以上はやっぱりちょっと無理な注文と言ったところだった。

 又新曲で無く、過去の遺産をリニューアルしての新曲と言ってライブ演奏を繰り広げて来たのだが、このアルバムは、又もやフリップ商売術か?と疑問を抱く内容だ。いまやCDと言っても70分は収録可能だが、なんと40分・・・・これは何故の結果だろうか、不満ですね。日本公演でも一晩に20曲弱は演奏しているのだから、この当時だって音源はあるはず、こりゃー、ブート対策で取り敢えずは穴埋めしたのと、ライブ寄せのデモ盤なんじゃないだろうか。

 またまた今回も肩すかしのアルバム、この後せっかくのメンバーなんだからパワーを見せつける新曲をどっさり収録しての入魂のニュー・アルバムをリリースしてくれなければ・・・と、怒りながら期待してしまう哀しき私なのであった。

(参考視聴)

|

« ダニーロ・レアDanilo Reaのピアノ・ソロ・ニュー・アルバム「SOMETHING IN OUR WAY」 | トップページ | 新キング・クリムゾンKing Crimsonの復活の謎~ロバート・フリップの逆襲? »

Progressive ROCK」カテゴリの記事

キング・クリムゾン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

 私も購入しようかどうか迷ったのですが、とりあえずニュー・アルバムまで待とうという結論に至りました。いつ出るかはわかりませんが…

 アマゾンのレビューを読んでも、評価は低いですね。出し惜しみするなという声が多いようです。レコードならともかく、今どき40分のCDでは満足はできないでしょうね。

 新作か「ライヴ・イン・ジャパン」のブートレッグが出るまで待つことにします。

投稿: プロフェッサー・ケイ | 2016年1月31日 (日) 21時14分

プロフェッサー・ケイさん、今晩わ。
それが正解かと思います。
録音も、DVD-Aを出すほどのものではありません。もっと標準CDでも良いモノが沢山あると思いました。
ジャッコ・ジャコスジクのヴォーカルも、悪いわけではありませんが、過去の曲はイメージが我々には焼き付いているので・・・・抵抗あり、是非とも新曲で聴きたいものです。

投稿: 風呂井戸 | 2016年2月 1日 (月) 00時16分

昨年末の日本公演は素晴らしかったですよ。
国内で高音質のブートも出ています。
要はライブに来なさいと言う翁のメッセージではないでしょうか。

投稿: | 2016年2月 3日 (水) 14時27分

せっかく2月3日にコメント頂きましたが、「名無しの権兵衛」さんでした。でもresいたします。
 日本公演ちょっと侮っていて参戦できなかったんですが・・・残念でした。
 しかし、ブートは、2014年のUSツアーものを聴いてます。やっぱり気になってしまうんですね(笑い)。
 ステージほゞフル収録のオフィシャルものが欲しいですね(映像ものならなお良いのですが)。
 それにも増して、せっかくのメンバーなんですから、ここで気合いを入れて、記念碑的なアルバム作りをしてみせると本物なんですがね。

投稿: 風呂井戸 | 2016年2月 3日 (水) 21時52分

失礼いたしました

Joe's Garageに問合せされたら如何でしょうか

投稿: 名無しの権兵衛 | 2016年2月 4日 (木) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/63685947

この記事へのトラックバック一覧です: 新キング・クリムゾンKing Crimsonのライブ盤「Live at the Orpheum」:

« ダニーロ・レアDanilo Reaのピアノ・ソロ・ニュー・アルバム「SOMETHING IN OUR WAY」 | トップページ | 新キング・クリムゾンKing Crimsonの復活の謎~ロバート・フリップの逆襲? »