« ヨーナス・ハーヴィスト・トリオJoonas Haavisto Trio のニュー・アルバム「oku」 | トップページ | カナダからパスカル・ラボーレPascale Lavoie の復刻版 「moods」 »

2016年2月29日 (月)

北欧ノルウェーからエスペン・バルグ・トリオEspen Berg Trio / 「mønster」

現代主義を主張する俊英ピアノ・トリオの登場

     <Jazz>
            Espen Berg Trio「mønster」
           Blue Glean / JPN / BG-006 / 2015

Monster
Espen Berg : piano
Báròur Reinert Poulsen : double bass
simon Olderskog Albertsen : drums


 北欧のジャズにはなかなか魅せられるものが多いのだが、前回フィンランドのヨーナス・ハーヴィスト・トリオを取り上げて、ふと思い出したのが、友人からの紹介で知ったこのノルウェーのピアノ・トリオである。それは同じBlue Gleenからのリリースで、ノルウェーの俊英ピアニスト、エスペン・バルグEspen Bergの待望の日本デビュー盤『モンステルmønster』というものだった。
 ノルウェーはこのところ私にとって気になるジャズ・ピアニストが多く、ブッゲ・ヴェッセルトフトトルド・グスタフセンヘルゲ・リエン、ヤン・グンナル・ホフなどと、アメリカン・ジャズとは違った北欧独特の透明な空気感を持った美しいメロディを聴かせる作品に魅せられてきた。

Photo
 このエスペン・バルグというのは、キース・ジャレット、ブラッド・メルドー、エスビョルン・スヴェンソン等に影響を受け、フレッド・ハーシュに師事したというピアニストだと言うから、押して知るべしというところ。

(Tracklist)
1.Lenticularis/2.Revenge of the Sixth/3.Trettifem/4.All Erase/5.Attack of the Tones/6.Left at the Right Moment/7.Maple Noise/8.Folkejohnny/9.B13* /10.Smoll *
(*
印:日本盤限定ボーナストラック)

Eb 全曲、エスペン・バルクによるオリジナルもの。
 結構冒険心あるアルバムであって、オープニングからは非常に親しみやすい美しく印象的なメロディーから始まるのだが、M2、M3曲目になると一変して、かなりダイナミックなアグレッシブな曲を展開する。
 そしてM4、M5では彼らがモダニズムを求めていることが明白になる曲となり、静と動を織り交ぜて甘さを許さない硬派に繋がる様相を見せる。しかしその後、M6”Left at the Right”では静寂と聴きやすさと美しいピアノの調べを回帰する。
 こんな展開はなかなか手慣れたところで、アルバムの印象を多彩にする。M7.”Maple Noise”は、トリオとしての面白さをそれぞれのセンスで曲を築いて行く様が面白い。
  そして日本盤ボーナストラックの2曲があるが、なかなか詩情ありながら動的なところもあって面白く聴ける曲で、珍しくこのサービス・トラックも意味あるというアルバムだった。

 いや~、これは北欧ノルウェーの大地に営々と築かれてきたトラッド的音楽的流れはベースにあるであろうが、しかしそれとは一線を画して、現代主義的アプローチをみせる注目作と感じた。

(視聴)    「mønster」から”Trettifem”

|

« ヨーナス・ハーヴィスト・トリオJoonas Haavisto Trio のニュー・アルバム「oku」 | トップページ | カナダからパスカル・ラボーレPascale Lavoie の復刻版 「moods」 »

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

北欧ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

風呂井戸さま、トラバありがとうございました。

美しさもありスリリングな面もあり 楽しみなトリオですよね。
しかし、このアルバムをリリースしたBLUE GLEAMさんからは、イタリアのAlessandro Galati、フィンランドのJoonas Haavistoとツボのピアニストが続きました!

来日も楽しみにしております。

投稿: Suzuck | 2016年6月21日 (火) 12時24分

Suzuckさん、コメント、TB有り難うございます。
 楽しみなピアニストの出現ですね。
 ブラッド・メルドーの味付けを感ずる中に、エスビョルン・スヴェンソンの実験性の流れもあって、そして一方叙情性も描くところなかなかの逸材と感じてます。そうですね、来日も楽しみです。

投稿: 風呂井戸(photofloyd) | 2016年6月21日 (火) 14時34分

風呂井戸さん,こんにちは。TBありがとうございました。

貴ブログをちゃんと拝見していれば,もう少し早くこの人の魅力に気がつくことができていたかもしれません。まぁ,どういうかたちにしても認知できたのはよかったです。

ライブでどういう演奏をするのかが楽しみです。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

投稿: 中年音楽狂 | 2016年7月 2日 (土) 14時46分

中年音楽狂さん、わざわざこちらまで顔を出して頂いて、コメント、TB有り難うございました。
 このトリオもまだ若いですしあまりメジャーで無いところが、この7月の日本ライブはかえって楽しみですね。
 北欧の血でフレッド・ハーシュに師事したというだけで、まさに期待してしまいます。

投稿: 風呂井戸(photofloyd) | 2016年7月 2日 (土) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/64025539

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧ノルウェーからエスペン・バルグ・トリオEspen Berg Trio / 「mønster」:

» Mønster (Monster) / Espen Berg Trio [My Secret Room]
祝 来日! Espen Bergは、北欧はノルウェーのピアニストです。 洗練され [続きを読む]

受信: 2016年6月21日 (火) 12時20分

» Espen Bergのピアノ・トリオが何とも美しい。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
mønster Espen Berg Trio(Blue Gleam) ブログのお知り合いであるSuzuckさんが取り上げられており,そこにアップされていた映像を拝見して,これは間違いないということで [続きを読む]

受信: 2016年7月 2日 (土) 14時47分

« ヨーナス・ハーヴィスト・トリオJoonas Haavisto Trio のニュー・アルバム「oku」 | トップページ | カナダからパスカル・ラボーレPascale Lavoie の復刻版 「moods」 »