« 新キング・クリムゾンKing Crimson-その4-           「2015ジャパン・ツアー」 | トップページ | ドリーム・シアターDream Theaterのニュー・アルバム 「Astonishing」 »

2016年2月19日 (金)

フレッド・ハーシュFred Herschのチャーリーに捧ぐアルバム「ARABANDE」

チャーリー・ヘイデンに捧ぐ1987年のリマスター盤

         <Jazz>
          
 FRED HERSCH 「ARABANDE」
      Sunnyside Communications / US / SSC1432 / 2016

Sarabande
Fred Hersch (piano)
Charlie Haden (bass)
Joey Baron(drums)

1986年12月4日,5日 Classic Sound Studio, NYC 録音

 フレッド・ハーシュFred Hersch(1955~)も多くのアルバムを残しているが、近年健康を回復して健闘していることが喜ばしい。
  2014年には、トリオもの「FLOATING」 、昨年2015年はソロ「SOLO」とリリースして、このところ我々を楽しませてくれている。
 (参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/fred-hersch-tri.html

 そしてこれはあのチャーリー・ヘイデンと競演した若き頃の作品であるが、今ここにリマスターで復活させ、ヘイデンに捧げる作品とした。ハーシュのファンなら多分LPで聴いてきたであろうこの作品、音質の改良も加えて手軽なCDでの復活に喜んでいるだろうと思う。ただし私は初聴きであるが、なかなか非常に堪能しているんです。

(Tracklist)
1 I Have Dreamed (Rodgers & Hammerstein) 5:27
2 Enfant (Ornette Coleman) 6:27
3 The Peacocks (Jimmy Rowles) 7:10
4 What Is This Thing Called Love? (Cole Porter) 5:10
5 Sarabande (Fred Hersch) 5:37
6 This Heart of Mine (Arthur Freed & Harry Warren) 5:28
7 Child’s Song (Fred Hersch) 4:30
8 Blue In Green (Bill Evans & Miles Davis) 4:46
9 Cadences (Fred Hersch) 5:01

Fh1 60歳を過ぎているハーシュが、32歳の時の作品と言うことと、しかもアルバム・デビューの2作目ということで、実は私は興味津々であった。

 しかし聴いてみての驚きは、全く若さの荒さが無く詩的な世界は全く現在と変わらない。まず冒頭のM1”I Have Dreamed ”から、これから何か静かに物語を聴かせましょうというムードである。
 このアルバムでは彼の曲は3曲のみ。特にM7”Child's Song”はチャーリー・ヘイデンに捧げた曲というが、その明るさには意外であった。最後の曲M9”Cadences ”もこのアルバムでは明るい方に入るのだが、アルバム・タイトル曲のM5” Sarabande”は、彼らしい詩的な味わいを聴かせる。
  尊敬してやまないオーネット・コールマンの曲も2番目に登場させ、このアルバムではコール・ポーターの曲M4”What Is This Thing Called Love?”と並んでひときわ気合いが入った演奏を展開し、ベース、ドラムスも後半両者のデュオが洗練された響きでそれを一層引き立てる。そして続いては一転して、メロディアスにして美しいピアノの詩人と言われるリリカルな趣をM3”The Peacocks ”で披露する。この流れは若きハーシュと言うよりは、円熟した風格がある。

 どうもピアノ・トリオの興味はユーロ寄りになる私だが、アメリカ・オハイオ州シンシナティ出身のフレッド・ハーシュに関しては、こうして私好みの世界に流れてくるのである。

(試聴) ”The Peacocks”

|

« 新キング・クリムゾンKing Crimson-その4-           「2015ジャパン・ツアー」 | トップページ | ドリーム・シアターDream Theaterのニュー・アルバム 「Astonishing」 »

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

フレッド・ハーシュ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事