« ドリーム・シアターDream Theaterのニュー・アルバム 「Astonishing」 | トップページ | 北欧ノルウェーからエスペン・バルグ・トリオEspen Berg Trio / 「mønster」 »

2016年2月25日 (木)

ヨーナス・ハーヴィスト・トリオJoonas Haavisto Trio のニュー・アルバム「oku」

フィンランドからの日本との共通性のある精神性を描いている作品と言うが・・・

     <Jazz>
       Joonas Haavisto Trio 「oku」
       Blue Glean / JPN / BG-007 / 2016

Oku
Joonas Haavisto : piano
Antti Lötjönen : double bass
Joonas Riippa : drums

<Tracklist>
1.One For Jean/2.Winter Sleep/3.Frozen/4.Xibalba/5.Singularity/6.Fourth Dimension (Bonus Track)/7.Chilling At Shinjuku/8.Band Wagon/9.When I Fall In Love

Joonastriow 2年半ぐらい前にこのフインランドの若き逸材と言われるヨーナス・ハーヴィストのピアノによるトリオ・グループを注目株として取り上げたのだが・・・・(彼らの2ndアルバム『Micro to Macro』 )。
 あのアルバムは、私の印象としては、”哲学的・思索的・宇宙空間”という表現で、その印象は素晴らしいアルバムだった。
 そしてここに2009年1st『blue waters』から同メンバーのフィンランドのトップ・ベーシストと言われるアンティ・ロジョネンと実績のあるドラマー、ヨーナス・リーパによるトリオで、ニュー・アルバムが登場したのだ。

(参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/joonas-haavisto.html

 さて収録曲をみると、最後のM9以外は、ヨーナス・ハーヴィスト自身の曲で占められており、相変わらず如何に彼が自己の世界を求めて作り上げているかがよく解る。
 又、解説によると、本作は、ヨーナスが敬愛する著名な作曲家ジャン・シベリウスのゆかりの地のヤルヴェンパーにあるスタジオで録音されたようであり、彼自身がシベリウスのために書き下ろした曲M1”One For Jean”では、「この曲にはシベリウスの精神があるんだ」とコメントしいるという。
 更に興味のある事は、彼は日本の伝統的な建築文化の背景にある概念や哲学を通して、日本の精神性に深く興味を持っていて、そのキーワードとなる「オク」をタイトルとした。「オク」とは日本語の「奥」を意味するのだそうだ。

Oku605x548 今回の作品も前作に劣らず、思索的曲群で占められている。やはりアメリカン・ジャズとは一線を画し、ヨーロッパ特に北欧の大地から生まれる文化であるのか?、自然との対話、宇宙空間という印象を与える独創性の高い曲である。(←ユーロ盤のジャケ・デザインはこれで日本盤と比べると面白い)

 キース・ジャレット、チック・コリア、ブラッド・メルドー、エスビョルン・スヴェンソンなどの影響を受けているとは言うが、それに止まらず、コンテンポラリーなニュアンスを持った彼らなりきの世界を既に構築しているのだ。

 録音も良好で、ホール感も適度であり、ベースの響き、シンバルの余韻は良好、そしてピアノはやや硬質で澄んでいる。このことは、このアルバムの曲には是非とも必要にして重要で、特にM4.”Xibalba”、M6”Fourth Dimension”のような3者の前衛的、実験的ニュアンスを持った緊張感の持った曲や、更に一方M3.”Frozen”に聴ける静かに美しい旋律をピアノが奏でるという両タイプにとっても必要なところである。

 いずれにせよ、彼らの感ずる東洋の日本の神秘的精神性をも意識したもので、意欲の感ぜられる良質なアルバムだ。

(試聴) ”One For Jean”

                              *          *          *          *

(参考視聴) 前作「Micro to Macro」から”Circling Planets”

|

« ドリーム・シアターDream Theaterのニュー・アルバム 「Astonishing」 | トップページ | 北欧ノルウェーからエスペン・バルグ・トリオEspen Berg Trio / 「mønster」 »

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ」カテゴリの記事

北欧ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

ヨーナス・ハーヴィストは、この4月に来日しますが、どういう風の吹き回しか、長野市のお隣の須坂市で17日(日)に公演があるので聴きに行くことにしました。

風呂井戸さんがご紹介している新譜がおすすめなようなので、今から楽しみです。シベリウスへささげた曲にも興味が湧きます。なお、西山瞳トリオも出演しますが、そちらも全く初めてです。

投稿: azumino | 2016年2月25日 (木) 21時18分

azuminoさん、コメントどうも有り難うございます。
 そうなんですね、ヨーナス・ハーヴィスト・トリオのジャパン・ツアーが4月にあるんですね。私もどれかには馳せ参じたいと思っていますが、丁度いろいろと行事が重なりますので、どうなるか、うまくゆくように今から工夫というところです。
 実は、エスビョルン・スヴェンソンの精神をしっかり繋いで欲しいとも期待しているのですが。

投稿: 風呂井戸 | 2016年2月26日 (金) 10時00分

「Micro to Macro」はよく覚えています。久しぶりに聞く名前ですね。引っ張り出して聴いてみます。

投稿: 爵士 | 2016年2月27日 (土) 14時04分

こんにちは、お邪魔いたします。
このアーティストは、知りませんでした。
しかし、これは、いいですね。
この雰囲気。
たまりませんね。
これは早速デスヨ。

投稿: jamken | 2016年2月27日 (土) 17時41分

爵士さん、コメントどうも有り難うございます。
彼らのアルバム「Micro to Macro」に魅せられたのは2013年でしたね。つい先日のような感覚ですが、もう2年半前で、そうですね今回の新作とのタイミングは丁度よいというところですね。このトリオはやっぱり期待株であることは今作で実証しています。

投稿: 風呂井戸 | 2016年2月27日 (土) 21時35分

jamkenさん、こんばんわ。
北欧ジャズというのは、日本人感覚にはたまらない魅力があると言うところですね。
このトリオは是非究めて頂ければと思います。

投稿: 風呂井戸 | 2016年2月27日 (土) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/64025744

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーナス・ハーヴィスト・トリオJoonas Haavisto Trio のニュー・アルバム「oku」:

« ドリーム・シアターDream Theaterのニュー・アルバム 「Astonishing」 | トップページ | 北欧ノルウェーからエスペン・バルグ・トリオEspen Berg Trio / 「mønster」 »