« ピンク・フロイドPink floyd 前代未聞のスケールで=ボックス・セット「The Early Years 1965-1972」 | トップページ | シェリル・ベンティーンCheryl Bentyneのソロ・アルバム考察(2) »

2016年8月13日 (土)

シェリル・ベンティーンCheryl Bentyneのソロ・アルバム考察(1)

ベテランのムーデイーなヴォーカル・アルバムは味なものだ

564017_10150756819470851_922965618_  何故か、CDアルバムを少々持ちながらここで取りあげなかった女性ヴォーカリストとしてこの米国のベテラン・シンガーのシェリル・ベンティーンCheryl Bentyneがいる。
 彼女の最新アルバムは今までにリリースしたアルバムからのベスト盤での『Lost Love Songs』(Summit Records 2016)だろうか、ここ何年か彼女の新作には触れて来ていない。

 彼女は男2+女2の4人ジャズ・ヴォーカル・グループ「The Manhattan Transfer」のメンバーで、このタイプのジャズ・ヴォーカルはどうも私の好みと違っていて何となく敬遠してしまっていた。
 しかし彼女はもう60歳を超えてのベテラン、従って彼女を中心として(ソロ)のアルバムは現在まで14枚リリースされているが、その中の『The Book of Love』(Telarc Distribution 2006)、 『Sings "Waltz for Debby"』(king 2004)、 『Something Cool』(Columbia 1992)の3枚のアルバムは私のいつも聴ける棚に鎮座している。その為ふと良く拝見しているジャズ愛好家のブログで彼女のアルバムに触れているのを拝見すると、そうそう・・・と釣られてなんとなく聴くことになるのである。
  そして最近、爵士さんからも『MOONLIGHT SERENADE』(King 2003)、『Talk Of The Town』 (Telarc 2003)の2アルバムを聴かせて頂いて、なんとなく彼女の世界も頭に描けるところに至っています。

そんな訳でこのあたりで取りあげておくと言うことになったのだ。

<Jazz>
Cheryl Bentyne 「Sings "Waltz for Debby"」 
KING / JPN / KICJ 477 / 2004 

 
Waltz_for_debby_2Cheryl Bentyne(vo)  Kenny Barron (p)  Ray Drummond (b)

1.Last night when we were young
2.Blue moon
3.The boy next door
4.I must have that man
5.But Beautiful
6.Thou swell
7.When your lover has gone
8.Easy living
9.In a Sentimental mood
10.Stopin' at the savoy
11.I get along without you very well
12.Walts for debby

                 *      *     *     *     *     *

<Jazz>
Cheryl Bentyne 「The Book of Love」
TELARC / US / CD83652 / 2006


The_bbok_of_loveCHERYL BENTYNE(vo) JOHN PIZZARELLI(vo),  MARK KIBBLE(vo),ALVIN CHEA(vo)

1. YOU DON'T KNOW ME
2. BE MY LOVE
3. BLUE MOON
4. LET'S DO IT
5. DON'T SAY A WORD
6. THE BOOK OF LOVE
7. YOU TAUGHY MY HEART TO SING
8. YOU GO TO MY HEAD
9. CRY ME A RIVER
10. I'M A FOOL TO WANT YOU
11. GOODBYE
12. THE BOOK OF LOVE (REPRISE)

 この2枚のアルバムが取り敢えずここ10年来の中での愛着ものである。彼女のソロ・アルバムはあの「The Manhattan Transfer」ものとちょっと違って、所謂スタンダード曲を中心にバラード調のムーディーなジャズ・ヴォーカルを展開してくれてなかなか聴き心地が良い。そして彼女の声はグループではソプラノ領域の担当ではあるが、これらのソロ・アルバムでは中低音になかなかソフトにして説得力のある魅力があり良いですね。高音域はそれなりに特徴あり若い時と違って若干堅めにハスキーなって、イマイチと感ずるところもある。そうは言っても全体にはテクニック的にも百戦錬磨のジャズ・ヴォーカルで好感度抜群で迫ってくる。

 アルバム『The Book of Love』の方は、近年流行のパターンであるストリング・オーストラをも導入してムーディーに仕上げていて、こちらの方が一般受けするのかも知れない。ただ私の好みとしては、どちらかというとアルバム『Sings "Waltz for Debby"』に軍配を挙げる。これはピアノにKenny Barron 、ベースにRay Drummond の二人のみのバックで、ジャズ因子が高く、バラードをしっとりと歌い上げてくれて更に好感度抜群なんですね。まあそれぞれ好みはひとによって違うとは思うところだが・・・・・。

Manhattantransfer シェリル・ベンティーンは、1954年1月17日米国ワシントン州生まれ。父はディキシーランド・ジャズのクラリネット奏者であった。それによったかどうか解らないが、高校の時からクラブで歌い始めたようだ。卒業後はスウィング・ジャズのバンドに入る。79年にオーディションを受け、ローレル・マッセイの後任のソプラノ担当としてジャズ・ヴォーカル・グループ「マンハッタン・トランスファー」に加入し活躍。92年になって初のソロ・アルバム『Something Cool』を発表し好評、ソロのジャズ・シンガーの道も歩み始める。

・・・・と、言うところが私のシェリル・ベンティーンのお話。
  実は彼女の1stアルバム『Something Cool』(Columbia 1992)は、既に20年以上前になるので、今回触れなかったんですが・・・、これが彼女のアルバムとしては実に中身が多彩にして快作であるので、次回に触れたいと思っている。

(視聴)

|

« ピンク・フロイドPink floyd 前代未聞のスケールで=ボックス・セット「The Early Years 1965-1972」 | トップページ | シェリル・ベンティーンCheryl Bentyneのソロ・アルバム考察(2) »

シェリル・ベンティーン」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/66867888

この記事へのトラックバック一覧です: シェリル・ベンティーンCheryl Bentyneのソロ・アルバム考察(1):

« ピンク・フロイドPink floyd 前代未聞のスケールで=ボックス・セット「The Early Years 1965-1972」 | トップページ | シェリル・ベンティーンCheryl Bentyneのソロ・アルバム考察(2) »