« (再発盤検証)パスカル・ラボーレPascale Lavoie 「You and the night and the music」 | トップページ | ピンク・フロイドPink floyd 前代未聞のスケールで=ボックス・セット「The Early Years 1965-1972」 »

2016年8月 6日 (土)

(問題盤)メラニー・デ・ビアシオMelanie de biasio 「NO DEAL」

ベルギーからの物憂い陰影漂う完璧なジャズ・ヴォーカル
    ~このダークなムードは??~

      <Jazz>
            
Melanie de Biasio「NO DEAL」
      Hostess Entertainmen / UK / PIASR-690CDX / 2014

Nodeal
MELANIE DE BIASIO(vo, flute)
DRE PALLEMAERTS(ds)
PASCAL PAULUS(clavinet analog synths)
PASCAL MOHY(p)

 なんと言っても評価が難しく、私のところで埋もれていたアルバムを今この夏に登場させる。とにかく重い、深く暗い、ジャケの黒そのもの、その響き渡る物憂げな歌声。そしてそれは欠点の無い恐ろしいほどの完璧なジャズ・ヴォーカル。

(Tracklist) 1.I Feel You   2.The Flow   3.No Deal    4.With Love   5.Sweet Darling Pain   6.I'm Gonna Leave You   7.With All My Love

  唄うは、ベルギーの個性派シンガー、メラニー・デ・ビアシオMelanie de biasio 。ビリー・ホリデイの再来かと比較され期待されているが?。
 このアルバムは彼女がデビューしてから7年目の2014年リリースの2ndアルバムだ。そしてこのアルバムを今となってここに登場させるのは、現在3rdアルバム( 『Blackened Cities』(PLAY IT AGAIN SAM / UK / PIASLO 50 CD / 2016))もリリースされ、それにも焦点を当てたいからである。

 とにかく彼女はフルートを演ずるが、このアルバムでのヴォーカルはその録音もやや残響を聴かせホール感を十分に出したもので、クールにして官能的なところがあり、その深さは尋常では無い。
 又曲の仕上げはなかなか現代的であり、スムースジャズとして評価も受けている。
 このアルバムは上記のとおり7曲の30分少々の短いものだが、過去に無かった世界で強烈な印象を受ける。最近で言うとメロディ・ガルドーのアルバム『CURRENCY of MAN』 に近い印象のところもあって、若干ロックっぽいところも私には好評、その重厚な陰影の世界はまさにピカイチ。

Resize_1464360147
 紹介文はこんなところだ・・・・→「古き良きジャズ、ブルース、ソウルの影響を受けるメラニーはベルギーの名門大学、ブリュッセル王立音楽院で音楽の才能を開花させ、2007年に『Stomach Is Burning』でアルバム・デビュー。母国ベルギーやフランスなどのフランス語圏の国で高い評価を受けた。クラシック・ダンスからフルート、ヴォーカルの勉強を続けてきた彼女の歌声はビリー・ホリデイやニーナ・シモンを彷彿とさせ、本作からは大人のスムースジャズのフレイヴァーが漂う。またポーティスヘッドなどのトリップ・ホップの世界観も見事に表現している」・・・・・・と。

A328269114659421017140_jpeg さて、このアルバムは「好きか?」と聞かれれば、私は即「好きだ」と言える。それほど暗い中にバック陣のハイレベルな演奏と曲仕上げ、重厚な魅力のあるヴォーカルが漂っているからだ。ちょっと類の無い恐ろしいどちらかというとクールなヴォーカルのコンテンポラリー・ジャズ・アルバムだ。

 本人に言わせると・・・・・・・・”前作と比べるとよりジャズの要素が少なくなっていると思う。空間の広がり、反響するものがそこにはあって、もっとインディーでアンダーグラウンドな雰囲気を出すことができた。プロデュース、ミックス、マスタリング……すべての工程に私が関わったから、より私らしい作品になったわ”・・・・・・・と。
 彼女の意志がこの世界を構築しているようだ。やっぱり恐ろしい。

 このアルバム聴いたことのある方は・・・・是非感想聞かせてください!!(聴く人により、いろいろな感想があるのでは?と思うのである)

(視聴)

① ”The Flow

② ”.I'm Gonna Leave You

|

« (再発盤検証)パスカル・ラボーレPascale Lavoie 「You and the night and the music」 | トップページ | ピンク・フロイドPink floyd 前代未聞のスケールで=ボックス・セット「The Early Years 1965-1972」 »

メラニー・デ・ビアシオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/66791542

この記事へのトラックバック一覧です: (問題盤)メラニー・デ・ビアシオMelanie de biasio 「NO DEAL」:

« (再発盤検証)パスカル・ラボーレPascale Lavoie 「You and the night and the music」 | トップページ | ピンク・フロイドPink floyd 前代未聞のスケールで=ボックス・セット「The Early Years 1965-1972」 »