« アデルADELの野外ライブ・ステージ「GLASTONBURY LIVE」 | トップページ | (問題盤)メラニー・デ・ビアシオMelanie de biasio 「NO DEAL」 »

2016年8月 2日 (火)

(再発盤検証)パスカル・ラボーレPascale Lavoie 「You and the night and the music」

「美女狩りシリーズ」カナダからの・・・贈り物

   <Jazz>
    Pascale Lavoie 「You and the night and the music」
    Gats Production / CAN / PML20022 / 2016

You_and_the_night
Pascale Lavoie(voc) / Joe Sullivan(flh) / Maxime-Samuel Seguin(p) / Kenny Bibace(g) / Dave Watts(b) / Dave Laing(ds) / Michel Berthiaume(ds) / Rene Lazaro(perc) / Bruno Lamarche(sax) / Craig Hodgson(sax)

Poster21.You and the Night and the Music
2.I've Got You Under My Skin
3.I Get a Kick out of You
4.La Fille D'Ipanema
5.Just Squeeze Me
6.The way You look Tonight
7.I Guess I'll Have to Change My Plan
8.Black Orpheus
9.Makin whoopee
10.Fly Me to the Moon
11.Nobody But Me
12.Pretend it's not a Lie

 これはまさに「美女狩りシリーズ」です。今年に入って、”埋もれさせてしまうには惜しいカナダの美人ヴォーカリスト”という宣伝で、再発盤として2004年のアルバム『Moods』がリリースされた。これを数ヶ月前にここで取りあげたのだが、又々そのアルバムより3年前に吹き込まれた(2001年)実質上彼女のデビュー・アルバムがここに再発盤としてリリースされたのだ。

(参照)「Moods」http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/pascale-lavoie-.html

 再発盤『Moods』が思いの外好評だった為か、全く手に入れることは難しかったこのアルバムが数ヶ月の間をおいて再発されたわけだ。まあ売れるならこっちも売ろうと言うことなんでしょうかね。そこでその流れに乗って、美女狩りを得意とする友人のお勧めもあって、取り敢えず聴いてみたと言うところ。

 収録曲は、最も受け入れやすいボサ・ノバ調とスタンダードナンバーを、どちらかと言うとポップなアレンジで聴かせてくれる。やはり低音が伸びて効いた歌声だが、何か物憂い歌い方と、ちょっと面倒くさそうに(ほんとはそんな事は当然無いであろうが)やや投げやり風に唄うところが面白く、そのあたりが特徴というところか。
 まあとにかく気楽に聴いてみるには結構楽しいというアルバムであった。

Pleasebelongw ところで彼女の最近動向やアルバムの話と言えば、2013年には『Please belong to me』というやはりスタンダート・ナンバーを唄った魅力的なジャケのアルバムがリリースされている。これが3枚目の直近のアルバムということになるが、それからまだ3年なのだが、その割には情報がないのが不思議。活動盛んであればそろそろニュー・アルバム(4thアルバム)が出そうなところなのだが、このように再発盤が盛んなのが、どのような意味なのであろうか?。現在年齢的には40歳代というところに推測するが、もうリタイヤということでもないと思うが、どんなところなんでしょうかね。

(視聴) Pascale Lavoie ”The way You look Tonight”

|

« アデルADELの野外ライブ・ステージ「GLASTONBURY LIVE」 | トップページ | (問題盤)メラニー・デ・ビアシオMelanie de biasio 「NO DEAL」 »

パスカル・ラボーレ」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

僕も彼女の2枚のCDを入手しましたが、ホームページを見ても、経歴とか現在の活動の様子がわかりません。ホームページが更新されていないのかもしれませんが、ジャズフェスへの参加は2000年代の初めの方ですし、パスカル・ラボーレは、いったいどういう人なのでしょうか。

「Moods」は、タワーレコードでロングセラーになって売れているようですし、歌も落ち着いたポピュラー風で僕は好きなので、まあいいのですが気にかかります。

投稿: azumino | 2016年8月 3日 (水) 23時13分

azuminoさん、コメントどうも有り難うございます。
 azuminoさんもこのPascale Lavoieに目を付けておられたことは、先日知りました。カナダは多くの女性ジャズ・ヴォーカリストを排出していますが、そんなに情報が無いというところではありませんが、その割には彼女に関しては無いですね。美人で有り、ヴォーカルにも特徴があるので、これからも注目株であると思うのですが・・・・。

投稿: 風呂井戸(photofloyd) | 2016年8月 4日 (木) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/66649843

この記事へのトラックバック一覧です: (再発盤検証)パスカル・ラボーレPascale Lavoie 「You and the night and the music」:

« アデルADELの野外ライブ・ステージ「GLASTONBURY LIVE」 | トップページ | (問題盤)メラニー・デ・ビアシオMelanie de biasio 「NO DEAL」 »