« ショレ・ケンチッヒ・パポー・トリオCholet Känzig Papaux Trio「EXCHANGE」 | トップページ | マルチン・ボシレフスキ絡みで・・・イェジィ・マウェクjerzy małek 「ON AIR」 »

2016年12月14日 (水)

ヨアヒム・キューンJoachim Kühn 「Birthday Edition」

革新的ジャズ・ミュージックへの道

514ydjifhl 今年もYasukuni Terashima の『for Jazz Audio Fans Only vol.9』 (13アーティストの13曲)(→)を楽しんで来たのですが、そこに登場する曲で気になったものが納まっているアルバムを聴いているんです。こんな具合に「for Jazz Audio ・・・」は、私の知らなかったところに焦点を当てる一つの手段として定着してきています。

  まずはヨアヒム・キューンJoachim Kühn です。

<Jazz>
Joachim Kühn Birthday Edition
「Trio Kühn Humair Jeny-Clark」
「Europeana」

ACT Music / Germ / 6017-2 / 2014

Birthdayedition

 このアルバムはCD2枚組でCD1は Berlin での '87 & '95年のライブもの

<CD1> 「Trio Kühn Humair Jeny-Clark」
       Live at JazzFest Berlin '87 & '95

Joachim Kühn (p)
Daniel Humair (ds)
Jean-François Jenny-Clark (b)
Recorded live at JazzFest Berlin by SFB / rbb (Rundfunk Berlin-Brandenburg), Music previously unreleased
M1~3 recorded at the Berlin Philharmonie, November 6, 1987
M4~6 recorded at Auditorium im Haus der Kulturen der Welt, November 3, 1995


A2566671258884687_jpeg_21. Pastor
2. Easy to read
3. Heavy birthday
4. Heavy hanging
5. Guylene
6. More Tuna


 これはまず1枚目。このアルバムのタイトルになっているヨーロッパ屈指と言われるトリオによる未発表ライブ音源。ベースにはJ.F.ジェニー・クラーク(1998年死亡)、ドラムにはダニエル・ユメール。
Danielhumairdr  とにかく私が何時も納得してしまうこのレーベルACTのリアルなサウンドをまず評価ですね。1987年と1995年のライブ録音だが、まさに彼らの演奏のステージの中に居るような錯覚を起こすほど素晴らしい。
 そして肝心の演奏も・・・例の如くダイナミズムとスピード感の革新的スリリングな展開。ピアノ、ベース、ドラムスがそれぞれの役割を主張しつつお互いのインタープレイが、録音の良さによって見事に描かれている。
  私はこの冒頭のM1.”Pastor”に圧倒されてグーの音も出.ない状態に。
  M2.” Easy to read”は、その美しさとスリリングな展開の妙は傑出している名演。
 M3.” Heavy birthday”はヘビーで強烈。荒々しさをここまで描く気合いに脱帽。
 
<CD2> 「Europeana」
              Jazzphony No1. by  Michael Gibbs

Joachim Kühn (p)
Jean-François Jenny-Clark (b)
Jon Christensen (ds)
Music arranged by Michael Gibbs.
Soloists: Django Bates, Douglas Boyd, Klaus Doldinger, Richard Galliano,Christof Lauer, Albert Mangelsdorff & Markus Stockhausen
Radio Philharmonie Hannover NDR conducted by Michael Gibbs
Konzertmeister: Volker Worlitzsch

Joachimkuehn1_teaser_700x この2枚目は、マイケル・ギブス率いるオーケストラ・アンサンブルとヨアヒム・キューン・トリオの共演もの(全13曲)。
 民族音楽的な因子がみられる曲がある反面、やはりキューン(→)のトリオの革新的にしてアヴァンギャルドな演奏とオーケストラのクラシックな響きとの皮肉な対立・協調が面白い。
 ホルン、オーボエ、ソプラノ・サックス、トロンボーンそしてヴァイオリン等の主旋律の奏でるところとのクラシカルな曲が流れ、そこにこのトリオが食い込んで行く奇妙な曲仕立てを楽しむことになる。

 このアルバムの宣伝文句は ”東ドイツに生まれ、冷戦時代に西側に亡命するなど、苦難にも満ちたヨアヒム・キューン。ヨーロッパに生を受けたものとしての音楽的なルーツをめぐる表現と、革新的表現が詰まった作品。今後の活動にも注目のアーティストの歴史的リリースです!”・・・と言うところで、参考になる。

(参考視聴) Joachim Kühn Piano solo

|

« ショレ・ケンチッヒ・パポー・トリオCholet Känzig Papaux Trio「EXCHANGE」 | トップページ | マルチン・ボシレフスキ絡みで・・・イェジィ・マウェクjerzy małek 「ON AIR」 »

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/68702782

この記事へのトラックバック一覧です: ヨアヒム・キューンJoachim Kühn 「Birthday Edition」:

« ショレ・ケンチッヒ・パポー・トリオCholet Känzig Papaux Trio「EXCHANGE」 | トップページ | マルチン・ボシレフスキ絡みで・・・イェジィ・マウェクjerzy małek 「ON AIR」 »