« ヨーナ・トイヴァネンJoona Toivanen 「LONE ROOM」 | トップページ | チャンピアン・フルトンChampian Fulton 「After Dark」 »

2017年2月23日 (木)

ロジャー・ウォーターズの1992年以来の完全ニュー・アルバム「Is This The Life We Really Want?」

いよいよ完成か? 近々リリース!!

Usthemw

  今年は春からの北米を中心としてのピンク・フロイドの新解釈リニューアル版ライブ「US+THEM 2017」(→)で話題のロジャー・ウォーターズ。

 ここに来て、噂のニュー・アルバムが現実化した。

 ロジャー・ウォーターズのロツク完全ニューアルバムとなれば、いやはや1992年『AMUSED TO DEATH 死滅遊戯』以来ですね・・・・ピンク・フロイドの進化=待望の登場です。

          ↓          ↓
<Progressive Rock>
 Roger Waters
『Is This The Life We Really Want?』

 アルバム・タイトルからして現代社会への問題提起、社会批判となりそうだ。これぞ彼の真骨頂、ロック魂老いて盛んというところ。まさに『AMUSED TO DEATH 』の続編か?。

 思い起こせば、とにかく1992年『AMUSED TO DEATH 』以来、この25年は長かったが、クラシック・オペラ作品『Ça IRA 希望あれ』とか、「To Kill the child/Leaving Beirut」があったり、印象の強い曲としては”Each Small Candle”、”Hello(I love you)”、”flickering flame”、”Knock'n on heaven's door”、”Song for Palestne” 等々結構味のある曲の披露もあった。   

C3xljj7vmae9btjw


(参考)

|

« ヨーナ・トイヴァネンJoona Toivanen 「LONE ROOM」 | トップページ | チャンピアン・フルトンChampian Fulton 「After Dark」 »

Progressive ROCK」カテゴリの記事

ピンク・フロイド」カテゴリの記事

ロジャー・ウォーターズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

オフィシャルで流れて来ましたねぇ…。
久々に重鎮新作、重さと強さに期待です。

投稿: フレ | 2017年3月 3日 (金) 21時42分

フレさん、今晩わ。
いよいよと言うか、やっとと言うか・・・・とにかく確実な線になりました。噂では、ウォーターズのこと、今更単なる音楽アルバムとはいかないようですね。一部では語りが綴られた作品とも言われていますが、期待度は高いです。この北米ツアー前には間に合うのでしょうかね?

投稿: 風呂井戸(photofloyd) | 2017年3月 5日 (日) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/69703736

この記事へのトラックバック一覧です: ロジャー・ウォーターズの1992年以来の完全ニュー・アルバム「Is This The Life We Really Want?」:

« ヨーナ・トイヴァネンJoona Toivanen 「LONE ROOM」 | トップページ | チャンピアン・フルトンChampian Fulton 「After Dark」 »