« 大変身のイメルダ・メイIMELDA MAY 「LIFE. LOVE. FLESH. BLOOD」 | トップページ | やりますね!輸入企画盤 「JAZZ SEXIEST LADIES」 »

2017年5月30日 (火)

ロジャー・ウォーターズRoger Waters 「the US + THEM Tour」 スタート

相変わらずのバック映像が圧巻~ニュー・アルバムからも5曲

Roger Watersの北米ツアー「The US + THEM Tour」

 ”Creative Genius of Pink Floyd(ピンク・フロイドの創造的鬼才)”と言われるロジャー・ウォータースのライブ・ツアー。今回は、昨年来のトランプ批判、そして彼のニュー・アルバムの社会問題意識をバックにした社会に訴える色彩が強い。
 この5月26日、Cansas Cityの Sprint Center からスタートした。これから延々と10月まで各地で演奏される。いやはや70歳を超えたウォーターズのエネルギッシュなステージには驚きだ。それには社会問題への彼の意志があるからこそ出来ることのようにも思う。

Usthem

Rw5jpgw

 ツアー・メンバーは、「The Wall Tour」からのDave 'Killer' Kilminster (guitar)、Jon Carin ( keyboards & guitar)の二人と、昨年の「Desert Trip 2016」からはIan Ritchie (saxophone)と、 女性Vocals のLucius (Jess Wolfe & Holly Laessig)である。特にJon Carinのバックで果たす役割も大きいと思う。
 そしてそれに 新メンバーとしてアメリカン・ミュージシャンJonathan Wilson を代表に4人が加わっての10人バンド。この辺りが、新風を吹き込んでいる。今やウォーターズはアクターではあるが、ディレクターとしての才能をも大いに発揮している。下記のような構成で相変わらず豪勢そのもの。

18740712_1434169053w_3
Roger Waters - bass, Guitar and Vocals
Joey Waronker - drums
Jonathan Wilson - guitar and vocals
Gus Seyffert - guitar and bass
Dave 'Killer' Kilminster - guitar
Drew Erickson - Hammond organ and piano
Lucius (Jess Wolfe & Holly Laessig) - vocals
Ian Ritchie - saxophone
Jon Carin - keyboards & guitar

18358546w

 Setlistは、ピンク・フロイド・アルバム「狂気」「炎」「アニマルズ」「ザ・ウォール」が中心というところだが、ロジャー・ウォーターズの6月発売のニュー・アルバム『Is This The Life We Really Want?』から5曲登場。
 相変わらず、さすがアメリカというところで、スケールの大きいライブを展開。
 スタートは”Speak to Me”締めは”Brain Damage ,Eclipse ”。 アンコールは”Vera & Bring The Boys Back Home ”(この曲はJess Wolfe と Holly Laessigの二人の女性とウォーターズの三人でのアコースティック・バージョン)からお決まりの”Comfortably Numb ”という形で以下の通り。

  演奏では、相変わらずの Dave 'Killer' Kilminster のリード・ギターはピンク・フロイドを十分に演ずる。それとギターとヴォーカルで米国組Jonathan Wilsonが健闘、ウォーターズのニュー・アルバムの印象は、このアメリカ組の色彩が結構強く、ウォーターズの新境地も見え隠れする。

18671007_14320909w<Setlist>
Speak to Me (Pink Floyd song)
Breathe (Pink Floyd song)
One of These Days (Pink Floyd song)
Time (Pink Floyd song)
Breathe (Reprise) (Pink Floyd song)
The Great Gig in the Sky (Pink Floyd song)
Welcome to the Machine (Pink Floyd song)
When We Were Young (New Album 「Is This The Life We Really Want?」)
Déjà Vu (New Album 「Is This The Life We Really Want?」)
The Last Refugee (New Album 「Is This The Life We Really Want?」)
Picture That (New Album 「Is This The Life We Really Want?」)
Wish You Were Here (Pink Floyd song)
The Happiest Days of Our Lives (Pink Floyd song)
Another Brick in the Wall Part 2 (Pink Floyd song)
Another Brick in the Wall Part 3 (Pink Floyd song)
Dogs (Pink Floyd song)
Pigs (Three Different Ones) (Pink Floyd song)
Money (Pink Floyd song)
Us and Them (Pink Floyd song)
Smell the Roses  (New Album 「Is This The Life We Really Want?」)
Brain Damage (Pink Floyd song)
Eclipse (Pink Floyd song)

Vera & Bring The Boys Back Home (Pink Floyd song)
Comfortably Numb (Pink Floyd song)

(視聴)
1  Tour Members紹介

2  Picture That (from New Album)

3 Dogs , Pigs

4  Brain Damage,   Eclipse

5  Comfortably Numb

|

« 大変身のイメルダ・メイIMELDA MAY 「LIFE. LOVE. FLESH. BLOOD」 | トップページ | やりますね!輸入企画盤 「JAZZ SEXIEST LADIES」 »

Progressive ROCK」カテゴリの記事

ピンク・フロイド」カテゴリの記事

ロジャー・ウォーターズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

 前略、ついにニュー・アルバムを携えてライヴ活動を始めたロジャー・ウォーターズに敬意の念を捧げます。
 同時に、風呂井戸氏のロジャー・ウォーターズ愛にも頭が下がる思いです。時々刻々とロジャーの動向が分かるので、ありがたいです。これからもお願いします。

 それにしても、このセットリストもまたすごいですね。ピンク・フロイド・フィーチャリング・ロジャー・ウォーターズという感じがします。

 できれば日本公演をお願いしたいところですが…風呂井戸氏のお力で何とかならないでしょうか。ただただ祈るばかりです。

投稿: プロフェッサー・ケイ | 2017年5月30日 (火) 20時17分

プロフェッサー・ケイ様、コメント有り難うございます。
 昨年、「Desert Trip 2016」にてアルバム「アニマルズ」から"pigs"を登場させ、トランブ批判を開始し注目されたロジャー・ウォーターズ。エネルギーが再び爆発しての北米ツアーは、来月リリースするニュー・アルバム「Is This The Life We Really Want?」とも一致して大々的なツアーになりましたね。私は今回の新風の重要な一人、Jonathan Wilson にも注目しています。
 そうですね、このツアーが予想以上の成果を上げると・・・・日本公演も(?)と思いますが、とにかく仕掛けが大きいので、まずはその後はおそらくヨーロッパじゃないですかね。
私は2002年でしたかね、「In The Flesh Live」で来日、国際フォーラムでお目にかかって以来ですので、やっぱりそろそろライブ参加したいと思いますね。米国、もしくはカナダへのライブ参戦ツアーでも参加するのが早いですかね。

投稿: 風呂井戸(photofloyd) | 2017年5月30日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/70549461

この記事へのトラックバック一覧です: ロジャー・ウォーターズRoger Waters 「the US + THEM Tour」 スタート:

« 大変身のイメルダ・メイIMELDA MAY 「LIFE. LOVE. FLESH. BLOOD」 | トップページ | やりますね!輸入企画盤 「JAZZ SEXIEST LADIES」 »