« アンナ・マリア・ヨペックAnna Maria Jopek のニュー・アルバム 「Minione」 | トップページ | ニッキ・パロットNicki Parrottニュー・アルバム 「Dear Blossom」 »

2017年6月 8日 (木)

ロジャー・ウォーターズRoger Waters「”怒り”のニュー・アルバム」到着

『If I had been God 』 (もし私が神ならば) 
            から
『Is This The Life We Really Want?』
これが我々が本当に望んでいる人生なのか?への怒りの展開

  「不安」そして「訴え」「抵抗」の問題作

<Progressive Rock,  Art Rock>
Roger Waters 「Is This The Life We Really Want?」
SONY MUSIC ENT. / JPN / SICP5425 / 2017

917neww_3

 (Members)
Roger Waters – vocals, acoustic guitar, bass guitar
Nigel Godrich – keyboards, guitar, sound collages, arrangements
Gus Seyffert – guitar, keyboards, bass guitar
Jonathon Wilson – guitar, keyboards
Roger Manning – keyboards
Lee Padroni – keyboards
Joey Waronker – drums

Lucius (Jess Wolfe, Holly Laessig)–  vocals
David Campbell – string arrangements

 ピンク・フロイドの“Creative Genius創造的鬼才”=ロジャー・ウォーターズの25年振り「怒り」のニュー・アルバムだ。そもそも『If I had been God (もし私が神ならば)』のタイトルで作り上げてきたアルバムが、ここに来ての世界に見る米国トランプ大統領誕生などを始めとしての納得出来ない政治情勢、収まらぬ紛争、危機そして差別問題、環境問題と不安情勢によって、彼の元々のテーマであった「不安」がエスカレート、”訴え”と”抵抗”のスタートとして『Is This The Life We Really Want?(これが我々が本当に望んでいる人生なのか?)』と題してのアルバムと化して到着した。

Rogerw8w

Nigelgodrich011trw プロデュサーはナイジェル・ゴッドリッチNigel Godrich(英国, 1971-)だ(→)。彼は英国、米国系のポピュラー・ミュージック界では40歳代にして既にプロデュサーとして実績ある重鎮で、オルタナティブ・ロック系アーティストを多く担当してきている。サウンドはメタル・ロック系とは一線を画していて、どちらかというとクリアな音が支配する。又かってのピンク・フロイド風とはちょっと異なり、近年のロジャー・ウォーターズの趣かと思われるところ。あの2015年の『Roger Waters: The Wall』でもプロデュースを担当している。そしてこのアルバムの出来をみると、今作への気合いは相当であったと推察する。実際、演奏面でのKeyboads、Guitar での介入もしている。

 このアルバム、全編を通してアコースティック・ギター、ピアノ、ドラムスがクリアに重く響き、バックのKeyboad系や、String系の音場の広がりによる立体感も素晴らしく、それによる単なる乾いたサウンドでなくウォーターズ流の重厚なところで展開する。録音の出来も最高クラス。

Jwilson2tr 近年のウォーターズ自身のサウンドの指向の色合いも変化しているが、今回そんな意味でも、バンド・メンバーを見ても、現在の彼の北米ツアー「The US+THEM Tour」に同行しているギターのJonathon Wilson (近作アルバム『Fanfare』(Downtown/USA/70373/2013) →)にも注目だ。彼はおそらくゴッドリッチとの関係で、今回のアルバムやツアーにウォーターズとの関係が出来たのでは?と思うところ。その他、Joey Waronker (drums)、Gus Seyffert (guitar,  bass )もツアー・メンバーとなっている。こんなところからも、今回のアルバムはサウンド的にもピンク・フロイド時代の流れからはかなり変化を示しており、ギルモア流のエレキによるギター・ソロ的因子は殆ど影を消していて、アコースティックでハードな因子が強い。そのあたりが、ウォーターズの意志の感ずるところで新鮮と言えば新鮮。

(Tracklist)
1. “When We Were Young” 1:38
2. “Déjà Vu” 4:27
3. “The Last Refugee” 4:12
4. “Picture That” 6:47
5. “Broken Bones” 4:57
6. “Is This The Life We Really Want?” 5:55
7. “Bird In A Gale” 5:31
8. “The Most Beautiful Girl” 6:09
9. “Smell The Roses” 5:15
10. “Wait For Her” 4:56
11. “Oceans Apart” 1:07
12. “Part Of Me Died” 3:12

18739279_14trw
(Roger Waters, Gus Seyffert & Jonathon Wilson  )

 このアルバムは、もともとタイトルが『If I had been God 』であった様に、”もし私が神だったら、何が変わるだろうか、何が変わっていただろうか”と、宗教的因子のもたらす社会現象に警告を発しつつ、M2.“Déjà Vu”から問題提起が始まる(この曲は”Lay Dawn Jerusalem (If had Been God)”で 2014年発表)。この”デジャブ”というのはフランス語で、”既視感”と訳されるが、実際には一度も体感したことが無いのに、以前どこかで体感したことがあるように感ずることを言うらしい。そんなところからウォーターズの神だったらの仮定から発展して、かなり抽象的に社会異常を皮肉たっぷりに歌いあげている。M3.“The Last Refugee”では今に生きる子供の姿から悲観的側面を描き、そしてM4“Picture That”でこの異常社会の告発を爆発させる。

 そしてハイライトはM6.“Is This The Life We Really Want?” だ。静かに始まるこの曲で、社会に渦巻く不安感、絶望感、それを生み出す世界の紛争、危機、差別を訴え、その今の社会環境、政治などへの怒りがぶちまけられる。"若い娘が人生を無為に過ごす そのたびに 大馬鹿者が大統領に就任する そのたびに"などなど・・・延々とかず数え切れない異常事態を歌いあげる。そして、『これは我々が本当に望んだ人生なのか?』と問いかけるのだ。この曲の悲劇的暗さは凄い。続くM7.“Bird In A Gale”の悲劇的不安感へのやるせない訴えは、ウォーターズの心そのものだ。

 ネガティブ因子の強いメッセージが詰め込まれたこのアルバムではあるが、ウォーターズは過去のアルバムでは、何時もその最後の曲には、必ず少しの光明を覗かせてきた。しかしこのアルバムの最後の曲M12.“Part Of Me Died”に何かの光明は感じ取れるのだろうか、悲観的因子の中でも自分の救いの居場所を感じ取れたのであろうか?、今回は、私は悲劇にしか終わらない世界の疑問の中で終わってしまった。

Live5trw

 さて、現在進行中のウォーターズの北米ツアーが、オーバー・ラップするのだが、彼はツアーとこの新作を通して、一つにはトランプと同類の勢力へのレジスタンスを起こしたいとも公に語っている。その布石がこの突如タイトルが変えられたこのアルバムであり、後はツアーを通して理解出来る仲間を通じて、力ある勢力となり得るかどうか、それが今彼の出来る運動でもある訳だ。「連中のようなナルシズム、欲望、悪意、そして他人の気持ちをなんとも思わない態度、ほかの誰とも共感しない態度」に対抗していきたいと言い、そして「ドナルド・トランプのような反社会的な社会病質者は共感の欠如が生み出したものなんだ」と説明している。もはやウォーターズが最も信じてきた「人類が第2次世界大戦の反省に立った新しい人間的世界への構築の約束」が破壊されていくことの落胆と怒りとが収まらない不満がこのアルバムに込められている。

 1960年代に産声を上げたロックの歴史は何らかの「抵抗」から始まったとも言って良い。それが多様な発展を遂げながら、社会構造に存在するエネルギーを何時も生み出してきたとも言える。しかし50年以上の歴史を経ての今日こうしたロックの力はどのように存在するのか?疑問の多い中で有りながら、何かこのウォーターズのニュー・アルバムに、一つのロックの究極の姿を見たよう気がするのは私だけであろうか?。

<追記>
  BBC : UK Top 40 Rock Album (Friday 9th June  2017)
       1. Roger Waters / is this the life we really wants? *
       2. KISS / KISSWORLD *
       3. SikTh / The Future In Whose Eyes *   
              ↓    
      
5.Pink Floyd / The Dark Side of The Moon
     15.Pink Floyd / The WAll
     21.Pink Floyd / Wish You Where Here
     38.Pink Floyd / Animals

          *印: 新登場,   Top40に恐ろしいですね、Roger Waters と Pink Floyd で
           5アルバムがチャート・インしています。

(視聴)

1  “Picture That”

2   “The Last Refugee”

“Smell The Roses”

|

« アンナ・マリア・ヨペックAnna Maria Jopek のニュー・アルバム 「Minione」 | トップページ | ニッキ・パロットNicki Parrottニュー・アルバム 「Dear Blossom」 »

Progressive ROCK」カテゴリの記事

ピンク・フロイド」カテゴリの記事

ロジャー・ウォーターズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

ロックの持つ本来の姿をそのまま打ち出している人、作品ですよね。この重さこそロジャーの真髄、実に素晴らしくじっくりと聞かせてもらってます。
それにしても相変わらず素晴らしき分析と見解の行き届いた記事で楽しみました。

投稿: フレ | 2017年6月10日 (土) 10時39分

フレさん、コメント有り難うございます。
 フレさんのように、くまなくロックを熟(こな)しきっている私ではありませんが、今回のロジャー・ウォーターズのアルバムは、このところ数年間がかりで、不安定な世界情勢をみるにつけ作り上げてきたものであり、彼が叫ぶところは共感そのものです。久しぶりにロックを聴いた思いです。だから・・・ロックは止められない、捨てられないと思っています。
 ”ピンク・フロイドの「ファイナル・カット」をもう一度聴け”と私も叫びたいです。多分あの頃よりもウォーターズは現在はもつと深刻に社会を憂えていると思います。そしてそれは彼のエネルギーの源ですから・・・ライブも作品もまだまだ続きそうです。

投稿: 風呂井戸(photofloyd) | 2017年6月10日 (土) 18時49分

風呂井戸さん,こんばんは。TBありがとうございました。

私がPink Floydを聞き始めたのは随分年をとってからのことですが,このアルバムを聞いて,Pink Floydの音楽において,Roger Watersが果たしていた役割の大きさを知らされたような気がしました。

それにしても,古希を過ぎても怒れるってのはいいことですね。人間流されるようになっては終わりです。Roger Watersの怒りをしっかり受けとめたいと思わせる作品でした。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

投稿: 中年音楽狂 | 2017年7月 1日 (土) 18時56分

中年音楽狂さん、コメント・TB有り難うございます。
 生まれて直後、戦争にて父親を失って父親を知らないで育ち、それが人生の一つのトラウマになっていたロジャー・ウォーターズにしてみれば、戦後に誓った反省からの夢が一つの救いでもあったのが、無残にも崩れて行く事に我慢ならない心情はよく理解出来ます。それをテーマにこうしたアルバムを作れるのは、これも又ロック職人として生きてきた一つの姿なんでしょうね。彼のエネルギーに感動します。

投稿: 風呂井戸(photofloyd) | 2017年7月 1日 (土) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/70727310

この記事へのトラックバック一覧です: ロジャー・ウォーターズRoger Waters「”怒り”のニュー・アルバム」到着:

» Roger Waters - Is This The Life We Really Want? [ロック好きの行き着く先は…]
Roger Waters - Is This The Life We Really Want? (2017)  ピンク・フロイドがビートルズ並みの評価を得るとか万人に聴かれるバンドになるなんて想像もしなかった。当の本人達だってそうだろう。アルバムごとにそりゃカラーは違うけど決してポップス的に聴ける音楽じゃないし、実験精神旺盛なプログレッシブな代表バンドでもあるし、それがどうして世界...... [続きを読む]

受信: 2017年6月10日 (土) 10時37分

» ようやく落ち着いて音楽に関して書ける。そこでアップするのがRoger Watersってのは強烈だが(笑)。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Is This the Life We Really Want? Roger Waters(Columbia) ここのところの国内外の出張続きで,正直なところ,ブログに記事をアップするのが難しい時期が [続きを読む]

受信: 2017年7月 1日 (土) 18時57分

« アンナ・マリア・ヨペックAnna Maria Jopek のニュー・アルバム 「Minione」 | トップページ | ニッキ・パロットNicki Parrottニュー・アルバム 「Dear Blossom」 »