« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月27日 (火)

雑誌「ジャズ批評」ジャズオーディオ・ディスク大賞2017

毎年疑問だらけの・・・・「ジャズオーディオ・ディスク大賞」に思う

W


 今年も恒例の雑誌「ジャズ批評」では先日発売された202号で「ジャズオーティオ・ディスク大賞2017」が発表された。中身は「インストゥルメンタル部門」と「ヴォーカル部門」とに別れての発表だが、その他にも「ジャケット部門」「メロディ部門」というのもある。
  実はいつもこの大賞の結果をみて、私は不思議というか疑問というか納得に十分至らなかったというのが偽らざるところであった。
 そして今回の結果にも納得度は十分でない。果たしてそれは何なのか?、回答は簡単である、つまり私の選ぶところとかけ離れたところがあるからである。
 
51etwkwct0lw★ まず「インストゥルメンタル部門」では、上位の『Le Voyageur Sans Bagage/Georges Paczynski Trio』『Cold Sand/Alessandro Galati』あたりは解るのだが、あの『Ballads/Akira Matsuo Trio』が2位と、なんでこんなに上位に来るのでしょうか?。私から見れば内容の格違いの優秀盤であるあの『Flotin'In/Roberto Olzer Quartet』が7位に居るのですね。そんな事が理解不可能。

★  そして「ヴォーカル部門」では、『In The Still Of The Night/Calabria Foti』が3位(銅賞)です。これ(Foti)は初物で無いが、まああまりそれに変わりないところもの、初物に弱い「ジャズ批評」のクセそのものですね(お笑い)。
81i2fylmwhw その他に銅賞に『Rearrangements Of Shadow/Cheryl Bentyne』が入っていたのは救いですけど。更に26位まで並んでいるが、『Grace/Lizz Wright』が辛うじて入って24位。驚きはなんとあの『Minione/Anna Maria Jopek-Gonzalo Rubalcaba』は、全26位の中に影も形もない。ただし、ざ~と見たところ、選考委員の中で唯一Suzuckさんが6位に入れていることが解って、お見事と言いたいのです。あれが解らないのですかね、ここの選考委員は。それでも救いは、Melanie De Biasioの名前だけでも、会談で出てきたと言うことですかね(いやはや)。


 ・・・・と、先ずは疑問のほんの一部を取りあげました。そうですほんの一部です。しかしこの疑問もこの号にある特集「ジャズオーディオ・ディスク大賞2017選考委員による新春大放談!!」を読んで、賛否は別としてかなり理解が出来ました。寺島靖国の”音楽とオーディオはぼくのなかでは対等”という話、これが選考基準であるなら聴き取ったオーディオ装置を加味しなかったら全くの手落ち評価になりますね。選考委員が、それぞれ別の装置で聴いての結果では・・・?、装置による差はどこに行ってしまったのでしょうか?。
 それにつけても録音・再生音評価であれば、それも基準が全く不明、選考委員の考え方も全くの統一性も無い。これであれば「オーディオ評価」と「作品の内容と演奏評価」にはっきり分けた方がまだ少しは解りやすかったのではないだろうか?。

 そんな疑問だらけの「大賞」を今年も見せられた感想でした。それでもこうゆう企画をして楽しもうと言うことの意欲は評価したいです。まあ商業主義がからんでの事でしょうが・・・。

 そして追記ですが、この号の「MY BEST JAZZ ALBUM」(ライター編)の特集は、それぞれの個人の好みで有り、個人評価による選考で有り、この方が成る程と理解出来て面白かったですね。

Xyz4w

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2018年2月25日 (日)

ギレーム・フルザ・トリオGuilhem Flouzat Trio「A THING CALLED JOE」

ドラマー・リーダーの古き良き時代ムードのピアノ・トリオ・ジャズ

<Jazz>
Guilhem Flouzat Trio「A THING CALLED JOE」

Sunnyside / US / SSC1492 / 2017

71oy5ird8mlw

Sullivan Fortner (p)
Desmond White (b)
Guilhem Flouzat (ds)

 パリ生まれ、NYを拠点に活動するドラマー・ギレーム・フルザGuilhem Flouzatのリーダーによるピアノ・トリオ・ジャズだ。彼の事は知らなかったが、エリック・ハーランドに師事したのだという。
 中身はスタンダード演奏曲集。ジャケはいやに何かトリオ・ムードはお遊び的なところがあるが、聴いてみると特にそのようなものでなく、まあ音楽学校のクラスメイトのトリオと言うことで楽しくやったのであろう事はうかがい知るところである。

Guilhemflouzattriolg

(Tracklist)
1. There's No You (Hal Hopper & Tom Adair)
2. Oska T (Thelonious Monk)
3. Perdido (Chano Pozo)
4. When I Fall In Love (Victor Young & Carolyn Leigh)
5. Walking My Baby Back Home (Fred E. Ahlert & Roy Turk)
6. Midnight Mood (Joe Zawinul)
7. Mrs Parker of KC (Jaki Byard)
8. Happiness Is A Thing Called Joe (Harold Arlen & Yip Harburg)


  まずなんといってムードはクラシック・ジャズ。ちょっとアップ・テンポの曲となると、昔の西部劇映画に出てくる酒場でのピアノの雰囲気ですね。これが良いのか悪いのか、そりゃ好みでしょうね。私にとっては、拒否でもなく、万歳と喝采を浴びせるものでもなく、意外に肩が凝らずゆったり聴けることは事実だ。
 ピアノの音も、多分アコースティックなモノを使ったのでは無いのだろう、軽くて味わいは少ない。ただM1." There's No You"、 M4. "When I Fall In Love"、M6. "Midnight Mood"などのスローな曲は Sullivan Fortnerのピアノもなかなかテクニックのあるところを聴かせ、どこか余裕の演奏が感じられて気分はよい。こんなパターンは結構頂きだ。アメリカ的であって、陰影を求めないところはそれなりに気楽に聴くにはそれで良しと思うところなのである。
 思ったほどリーダーは、表に出てきてのドラム・プレイはしていない。仲の良いクラス・メイトリオで旧友を深め小気味の良いところで楽しんだという作品であった。

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

ティル・ブレナーTill Brönner & ディーター・イルグDieter Ilg 「NIGHTFALL」

トランペットとベースのデュオ作品

<Jazz>
Till Brönner & Dieter Ilg 「NIGHTFALL」
Sony Masterworks / EU / 88985492112 / 2018

Nightfallw

Till Brönner (Trumpet & Flugelhorn.)
Dieter Ilg (Bass) 


 ヨーロピアン・ジャズを代表するトランペッターのティル・ブレナーTill Brönner とディーター・イルグDieter Ilgのベースによるちょっと希有なデュオ作品。
 ティル・ブレナーってこのところヴォーカルも健闘するミュージシャンで売ってるのだが、このアルバムでは、全くそれは登場なしでトランペッターのみの演技だ。
 又この両者はドイツ出身で競演の歴史は長いようだが、私にとってはまるで初物。それもそのはず、私は意外にトランペットなどのラッパものは敬遠してしまって居るのです。そんな事でティル・ブレナーの接点は無いに等しい状態でしたが、しかし実は私がチェット・ベイカー等は好きなのを知っている友人が、これを聴くようにと宛がって来た事により、主体性無く聴くことになったのである。
 まあ私のトランペットなどを敬遠してきた理由は、主として大編成のジャズ・バンドものでの派手なところの事なんですが、どうもファンファーレ的なものは好まないのだ。一方小編成でのマイルドにソフトに演ずるもの、ミュートを効かしたものなど、そして特にクールな世界はむしろ逆に好きなんです。そしてこれはそれに通ずる一枚だ。

28_0110_01

(Tracklist)
1.  A Thousand Kisses Deep - Leonhard Cohen
2.  The Fifth of Beethoven - Ornette Coleman
3.  Nightfall - Till Brönner & Dieter Ilg
4.  Nobody Else But Me - Jerome Kern
5.  Air - J.S.Bach
6.  Scream & Shout - Will.I.Am & Britney Spears
7.  Wetterstein - Till Brönner & Dieter Ilg
8.  Eleanor Rigby - The Beatles
9.  Peng! Peng! - Till Brönner & Dieter Ilg
10.  Body & Soul - Johnny Green
11.  Ach, bleib mit Deiner Gnade - Melchior Vulpius

 こうして見ると解るが、、ポップス、ジャズ、クラシックの名曲を演じてますね。そしてアルバム・タイトル曲のM3. "Nightfall" はじめ、オリジナル曲は3曲登場する。
  スタートM1. "A Thousand Kisses Deep"から、晩年のコーエンのムードたっぷりに、マイルドなフリューゲルホーンが響いて、う~んこれなら行けそうだとニンマリのパターン。そしてベースがリズムを演じたり、物語ったりとデュオの為にその活躍も手に取るように解るのだが、やはりM3. "Nightfall" の世界は、如何にも哀しそうなトランペットの響きを支えて背景の描きは、どちらかというと端正で好感度が高い。こんな流れで、ベースのムード作りの貢献度は両者の息の合ったところの結果だろうが非常に高い。私の浅い経験からはトランペットをこのように支えるところの世界は初感覚にも近いものだった。
 M7. "Wetterstein" M9. "Peng! Peng!"のようなフリー・ジャズ的実験的世界をも演じてみせる味付けには驚いたが、究極のところ、彼らの基本的なところは静寂な世界を彩っていくというところにあると思うのだが、曲によっては静かな中にスリリングなところも見せて、ジャズに求める姿勢にも前衛的な面をしっかり抱えている。
 ドイツと言うことで、ピンと来ないが、このアルバムには、チェット・ベイカーにも通ずるところを持ったトランペットの味がやはりあった。

1030tillbronnerw ティル・ブレナーTill Brönner は、1971年5月6日ドイツ生まれ(40歳代後半に入った円熟期)。音楽一家に生まれ、9歳の時にトランペットを始め、クラシックの世界での訓練を積んできて、さま ざまなコンテストで優勝しているという。15歳の時にはクラシックに留まらず、ジャズのコンテストでも優勝している。更にケルン音楽大学でトランペットを専攻するなど、ベルリンでの活動も幅広い。
 1993年、22歳になった彼は、いよいよ初のリーダー・アルバムを発表。アルバム・タイトルは、『ジェネレーション・オブ・ジャズ』。さらに『マイ・シークレット・ラヴ』(1995)、『ジャーマン・ソングス』(1996)と立て続けにリーダー作を発表。日本では1999年の『ラブ』からお目見えしているようだ。
 Okehレーベルの最新作『ザ・グッド・ライフ』がヴォーカルも含め話題沸騰、”トランペット&ヴォーカルの貴公子”として君臨するに至っている。
 以下のDiscographyにみるように、活動は1990年代から20年の実績を誇っている。

<Till Brönner Discography>
Generations of Jazz (Minor Music, 1994)
German Songs (Minor Music, 1996)
My Secret Love (Minor Music, 1996)
Midnight (Universal Classics & Jazz, 1997)
Love (Verve, 1999)
Chattin' with Chet (Verve, 2000)
Blue Eyed Soul (Universal/Verve, 2002)
Jazz Seen (A&M, 2002)
That Summer (Verve, 2004)
Oceana (EmArcy, 2006)
The Christmas Album (Universal/Verve, 2007)
Rio (Universal Classics & Jazz, 2009)
At the End of the Day (Bam Bam, 2010)
Till Bronner (Bam Bam, 2013)
The Movie Album (Verve, 2014)
Canyon Songs (MPS/Naxos, 2015)
The Good Life (Sony Masterworks, 2016)
Nightfall (Sony Masterworks, 2018) (with Dieter Ilg)

(視聴)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2018年2月17日 (土)

マリア・トロMaria Toroのフルート・ジャズ「A CONTRALUZ」

フルート・フラメンコ・ジャズ

Mariatoro6w

<Jazz>
Maria Toro「A CONTRALUZ」
Jazz Activist / Imp / JA04 / 2017


Acontraluzw

Maria Toro: Flute
Jean-Michel Pilc: Piano
Ben Street: Double Bass (1, 3, 5, 7)
Justin Brown: Drums (1, 3, 5, 7)
Israel Varela: Drums (2, 6)
Andreas Arnold: Flamenco Guitar, Bouzouki (2, 6)
Auxi Fernández: Palmas (2, 6)

 どうゆう過程で、こうした取り合わせが出来上がったのか解らないが、とにかくピアノの名人格のジャン・ミシェル・ピルクJean-Michel Pilcが全面参加しての実力派と言われている女流ジャズ・フルート奏者マリア・トロMaria Toroがリーダーのフラメンコ・ジャズ・アルバムである。
 このマリア・トロに関しては全く私は白紙状態であったと言って良い。それもそのはず、このアルバムが彼女の最初のアルバムと言うことだ。いずれにしても彼女はスペインで生まれ(1979年生まれ、そろそろ40歳に近くなっている)幼少期よりフルートに接し、そしてフラメンコには馴染んできたと言うことだろう。そして2011年にはNYに進出している。
 フルート・ジャズと言えば、昔どうゆう訳けか良く聴いたハビー・マンを思い出すが、その後はむしろイタリア・プログレッシブ・ロックでたっぷり聴いてきた。しかし考えて見ると久々にフルートを主体としたジャズ・アルバムを聴くことになったのである。
 
Jmp1w2 ピアノ参加のジャン・ミシェル・ピルク(←)は、この人もなかなかの歴戦の強者であるのだが、私は殆ど彼のピアノ・トリオにも接してこなかった。まあ名前を聞いてきた程度のところであった。彼は1960年10月19日、パリ生まれ。9歳でジャズ・ピアノを始め、ほとんど独学でマスターしたのだという。87年までは、なんとフランスの国立特別研究所に勤務してロケット開発に携わっていたが、以後音楽の道へ変わったと言う変わり者。欧米の著名な音楽家との共演や映画音楽の制作などを経て、95年にNYへ渡り、自己のレギュラー・トリオを結成している。
 何故、彼のことをここに書いたかというと、このアルバムではなかなか見事なピアノ演奏で、ここでは最も重要な役を果たして、このアルバムを引き立てているからだ。これを聴くと彼のアルバムにも手を出さざるを得ない気持ちになっている。

(Tracklist)
1.  Cocodrilos 6:58
2.  A Contraluz 5:19
3.  Babel 6:23
4.  Sus agujeros 5:37
5.  Por el reloj 6:19
6.  Gitano 3:24
7.  Te mire 7:17

 
さて、このジャズ・フルート奏者マリア・トロだが、なんと15年間の音楽的探求の結果、満を持してリリースした作品ということでアルバムとしてはデビュー作品だ。そしてジャズとフラメンコなどの要素をたっぷり取り入れてのまさにオリジナリティーそのものの世界を演じて居る。そして活動の場がNYということであろうか、このようなメンバー構成であり、華々しさばかりでなく、フルートの奏でるちょっと深遠なるところも聴かせてくれる。
 ハービー・マンはロックやボサ・ノバにフルートでのジャズ展開を演じたのであるが、このマリア・トロはフラメンコを軸にフルート・ジャズを演じているのだ。しかしメンバーはピアノ、ベース、ドラムスとオーソドックスなカルテット構成である。そして2曲はギターも参加というところだ。

1455718480243w

 アルバム・タイトル曲のM2. "A Contraluz"は、歯切れのよいフルート音は、ギターとピアノのバックを生かして如何にもフラメンコ調の世界を築く。M6. "Gitano"も同様だが、やはりギターが入るとフラメンコ・ムードが盛り上がりますね。。
 M3."Babel"はベースから始まり、テンポの早いステック音をバックにピアノのフルートのスリリンクな演奏でジャズを楽しめる。
 M4."Sus agujeros"静かな中に、やはりこの曲もフルート、ピアノのインター・プレイが聴きどころで、かなり息の合ったところを聴かせる。
  M5. "Por el reloj"はフルート・ソロから始まって、ドラムス、ベースがサポート、とにかく歯切れのよいフルートはなかなかのもの。後半はフルートに替わってピアノが前面に出ての演ずるところとなり、最後はカルテットの掛け合いだ。

 全体に、マリア・トロはとにかく歯切れの良いフルートを奏でるというのが信条のようで、テクニカルにも圧倒されるし、ジャン・ミシェル・ピルクのピアノも同様にそのテクニシャンぶりには驚かされるところ。

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

フランク・ハリソン・トリオFrank Harrison Trio 「Lunaris」

ピアノによって語られる内省的、抒情的世界

<Jazz>
Frank Harrison Trio 「Lunaris」
Linus Records / UK /LRCD02 / 2014


61pew3fyffl

Frank Harrison : Piano
Dave Whitford : Bass
Enzo Zirilli : Drums

  これも寺島靖国コンピ・シリーズ『Jazz Bar 2017』(TYR-1061)の恩恵で知ることになったものだ。そこに登場した曲"My Love and I"(David Rassin)が収録されているのは、ピアニスト・フランク・ハリソンFrank Harrisonのトリオによるアルバム『Lunaris』である(2014年リリース)。私が注目することになったこのアルバムは、彼としては3作目の作品。 
  何時しかイギリスの”ピアノ詩人”と言われているらしいフランク・ハリソン。彼はバークリー音楽院で研鑽を積み、イギリスに戻ってからは自国の一流アーティストを中心に共演、活動を続けて来ている。オックスフォードを中心に活動しているようで、現在最もよい年頃を迎えている40歳だ。

81lc97xnhylw  彼のピアノ・トリオ作品としては、デビュー作は2006年に発表(アルバム『First Light』)。更に2012年にはLinus Recordsから2nd『Sideways』(LDCD01)をリリース。
 
(参考)その1stアルバム・・・・
 『First Light』Basho Music/SRCD152)
    FRANK HARRISON(p)
    AIDAN O'DONNELL(b)
    STEPHEN KEOGH(ds)  

 このアルバムはかなりの好評で彼が注目を浴びることになったものだという。そんなことから聴くことにしたのであるが、一部のピアノトリオ・ファンにひっそりと愛されて来ていたらしいが、私は今にして聴いているわけである。
 当時28歳でのデビューだ。収録9曲で、彼のオリジナルは5曲。歳に似合わずといっていいのか、静寂な雰囲気を醸し出すのが得意で、やはり内省的にして静謐な音楽性に満ちている。ジャケも上のように地味ではあるが、部屋の床の一部にさしてきた陽の光を描いていて、その心を十分に表している。なかなかの好作品。

 さて本題に戻るが、ここに取りあげたこの2014年の近作(3rd)では、ベース、ドラムスが変更されているが、相変わらず陰影に富んだクラシカルなタッチで不思議な宇宙空間を描く作品を作り上げているのだ。

Frankharrisontrio1
          (現トリオ・メンバー Harrison,  Whitford,  Zirilli)

Fkw(Tracklist)
1.My Love and I 
2.I'm Old Fashioned 
3.Stars *
4.An Evening of Spaceships and UFOs *
5.Io  *
6.Sunrise(Port Meadow) *
7.Ascent  *
8.The Bird  *
9.BoRG-58  *
10.The Recruited Collier
11.Emily 
12:Stars II  *

 収録12曲中、8曲はハリソンのオリジナル(*印、内2曲(M4、M9)はトリオ・メンバー3人によるもの)。
 M4."An Evening of Spaceships and UFOs "は注目曲。ピアノとベースの音とそこに見る間によって描くところが深遠。そして次第にテンポを上げてドラムスも活発に絡んで高揚して行く、この3者のインター・プレイが素晴らしい 。そして再び3者の音一つ一つが間を大切にしつつ静かな情景を描くM5."Io"に繋がって行く 。
 一方M6."Sunrise(Port Meadow)"は如何にも明るく、美しい。
 彼らはこのアルバムでは、宇宙空間に存在する世界の不思議さと地球の自然の美しさ、更にそこに存在する者達を描こうとしたのだろうか、M1."My Love and I"は抒情的な美しさで満ちている。 
 どうもこのアルバムは、それぞれの曲が独立しているのでなく、一つのコンセプトによってトータルに構築されていると思われた。
 陰影のある中に、深遠な哲学的世界を美と叙情をもって描いているところは素晴らしい。

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

メロディ・ガルドーMelody Gardotのライブ・アルバム「Live in Europe」

心の琴線にふれる歌心のライブ・ベスト盤

835794f4848648ew
★ライブで大切なものはただ一つ。・・・それはハートです。このアルバムには私のハートとツアー中に応援してくださった皆様の愛情が込められています。私にとって大切な思い出溢れたギフトであると同時に、リスナーの皆様にも贈りたいギフトでもあります。このアルバムは長い「ありがとう」のメッセージです。感謝しています。・・・・メロディ・ガルドー

(上記はメロディ・ガルドーのこのアルバムにおけるメッセージです。そう言えば2009年の彼女の私にくれたサインにも、”Arigato !”と記してあった)

<Jazz>
Melody Gardot 「Live in Europe」
Universal Music / JPN / UCCM-1243 / 2018


Liveineuropew

Vocals , Guitar and Piano : Melody Gardot
Trumpet: Shareef Clayton,  Sax: Irwin Hall,  Organ: Devin Greewood,  Guitar: Mitchell Long,  Bass: Edwin Livingston,  Drums: Chuck Staab


 いやはや頑張っているジャケですね。このヌードの女性はメロディ・ガルドーなんでしょうか?、ギターを弾き語りしていますね。何処かに今回のアルバムを作るに当たって彼女は自らヌードを披露することを選んだとか書いてあったような気がしますが・・・・・。と、すれば気合いが入ってますね。

 まあそれはそれとして、このアルバムはメロディの精力的な2012年から2016年までに行われた世界ライブからのヨーロッパにおけるもの。彼女自身が厳選したものを納めている。2枚組という豪華版に仕上がった。デビュー10周年記念としての意味もあるようだ。

Mg 私は彼女に直接話をしたり生演奏に接したのは、2009年の話。2ndアルバム・リリース時でした。右はその時の彼女のサイン。あれ以来ファンと言えばファンである。
  もともと彼女はライブへの力の入れ様は高い。従ってアルバムの出来とライブの出来には、そのパターンにかなりの違いがあり、それぞれ興味深いのである。ライブではよく編曲も行っているし、そんな意味でもライフ盤の価値は結構高い。又彼女のライブ盤への力の入れ様も解るのである。

 今回は初のCDライブ・アルバム盤となっているが、既にライブ映像オフィシャル版は、一昨年ここでも取りあげたようにリリースされている( 『Live At Olympia Paris』(EVB335359/2016))。
  又、ブート・ライブ・映像版『DONOSTI 2012』 (MegaVision, Live at SPAIN)もあった。

(Tracklist)
Disc 1
1.  Our Love Is Easy - Live in Paris / 2012 *
2.  Baby I'm A Fool - Live in Vienna / 2013 *
3.  The Rain - Live in Bergen / 2013 *
4.  Deep Within The Corners Of My Mind - Live in Amsterdam / 2012 *
5.  So Long - Live in Frankfurt / 2012 #
6.  My One and Only Thrill - Live in Barcelona / 2012 *
7.  Lisboa - Live in Lisbon / 2015 #
8.  Over The Rainbow - Live in Zurich / 2013 *

Disc 2
1.  (Monologue) Special Spot - Live in London / 2016
2.  Baby I'm A Fool - Live in London / 2016 *
3.  Les Etoiles - Live in London / 2016  *
4.  Goodbye - Live in Utrecht / 2016 #
5.   (Monologue) Tchao Baby - Live in Utrecht / 2016
6.  March For Mingus - Live in Utrecht / 2016 %
7.  Bad News - Live in Utrecht / 2016 %
8.  Who Will Comfort Me - Live in Amsterdam / 2015 *
9.   Morning Sun - Live in Paris / 2015 %

 *印 アルバム『MY ONE AND ONLY THRILL』より
 #印  アルバム『ABSENCE』より
 %印  アルバム『CURRENCY of MAN~出逢いの記憶~』より

 さてこのライブ盤の内容であるが、成る程、上のようにヒット曲満載の作品に仕上がっていると同時に、見事な編曲が施されているものが選ばれている。そしてファンから愛される代表曲 ”Baby I'm A Fool ”(2013年のウィーン、2016年のロンドン録音)、”My One and Only Thrill” (2012年のバルセロナ録音)、”Who Will Comfort Me”(2015年アムステルダム録音)など聴き応え十分。更に”Les Etoiles ”(2016年ロンドン録音)、”March For Mingus” (2016年ユトレヒト録音)なども収録されている。とにかくオリジナル・アルバム(スタジオ録音盤)を持っていても、このライブ盤は全く別のアルバムとして聴くに十分だ。
  ”The Rain”(2013年ベルゲン録音)は、11分以上に及ぶ曲と化して、器用なIrwin Hallのサックスなどの演奏の別仕立てによっての編曲はお見事。
 又 ”Lisboa” (  Lisbon / 2015) ”Over The Rainbow” ( Zurich / 2013 )の2曲などは、会場との一体感を表現しているなど聴き手を飽きさせない。

Live_stagew

 もともと歌唱能力が高く、ギターやピアノの演奏能力も長けているメロディのライブは聴くものにとっては魅力十分で有り、こうしたミュージャンは貴重である。
 彼女の交通事故による重体などの不幸な経歴を乗り越えての活動に喝采を浴びせるのであるが、それはむしろ彼女自身が、自己の作曲や演奏活動の力にしているところが共感を呼ぶところである。
 スタジオ最近作は、2015年の『CURRENCY of MAN~出逢いの記憶~』(UCCU-1468)であったが、勿論女性としての心の流れを描くと同時に、現在の社会に目を向けて、ジャズからプログレッシブ・ロックっぽい技法でコンセプト世界も描いてみせるところは稀有な存在である。目下は当然スタジオ次作にも期待をしているところだ。

(視聴)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

アンナ・コルチナAnna Kolchina「野生の息吹 Wild Is The Wind」

( 2017年リリース 印象に残ったアルバムを-13 )

(美女狩りシリーズ) やや物憂いミステリアスな歌声が魅力

Jazzsingeranna2w


<Jazz>
Anna Kolchina「 Wild Is The Wind」
Venus Record / JPN / VHD01228 / 2017

6199quw

Anna Kolchina (vocal)
John Di Martino (piano)
Peter Washington (bass)
Willie Jones (drums)

Recorded atTedesco Studio, New York on Sept.12,13and14,2017
Produced by Tetsuo Hara
Engineer by Tom Tedesco

 ジャズ界におけるヴォーカル部門では、まさに女性ヴォーカリストの独壇場で、いやはや尽きることを知りません。これもロシア出身の女性ヴォーカリストのアンナ・コルチナAnna KolchinaのVenus Recordsからの3rdアルバム。彼女はニューヨークでの活動のようで、それに至った経過は興味があるが、よく解らない。
 Venus Recordsですから、バック演奏はニッキ・パロットでもお馴染みのジョン・ディ・マルティーノ・ピアノ・トリオだ。彼らの演奏はどちらかというと聴きやすいタイプであり、従ってこのアルバムも非常に親近感ある仕上げだ。
 彼女のやや物憂いミステリアスな歌声が魅力で、日本では若干話題になっているようである。

(Tracklist)
01.Wild Is The Wind野生の息吹
02. So In Love
03.You Do Something To Me
04.Don't Worry 'bout  Me
05.You Won't Forget Me
06.Don't Look Back
07.Exactly Like you
08. I Never  Told You
09.With A Song In My Heart
10. It Never Was You
11.A Fine Romance 素敵なロマンス
12.You Can Have Him
13.Day By Day
14. A Sinner Kissed An Angel

25542723_1w_2

 バックのジョン・マルティーノ・ピアノ・トリオも、アンナの地に着いた落ち着きのあるヴォーカルを生かすべくなかなか頑張って、これはお手の物と言う感じでの演奏だ。彼女の物憂い歌声を支えてうまく纏め上げている。M04".Don't Worry 'bout  Me"なんかは、ピアノ演奏もじっくりと聴かせてくれてその典型だ。
 それぞれの曲は過去の名高いスタンダード曲だが、しっかりジャズとして演じられる中に、結構アンナ節に統一されて、聴く方にも意外に新鮮。冒頭のアルバム・タイトル曲のM01".Wild Is The Wind野生の息吹"も情感も入って魅力たっぷり。
 彼女については全く知らずに今回美女狩りを得意とする友人から初めて教えてもらったもので、これは意外に魅力を秘めていて今後楽しみなヴォーカリストだ。唄う声の質も”ハスキーでコケティッシュ”と言われているようであるが、私の印象では、ハスキーと言うのでなく、マイルドにして美声と言うタイプである。そしてしっとりと囁くようにも唄ってくれて好感が持てた。

 とにかくこれは彼女の1st『Street Of Dreems』(2015年)、2nd『Dark Eyes』(2016年)に続くアルバムで、Venus Recordsなのでこれからも日本に定着しそうな雰囲気だ。

(視聴)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

ケティー・サーウーKatie Thiroux 「OFF BEaT」

( 2017年リリース 印象に残ったアルバムを-12 )

女流ベーシスト・ヴォーカリストのアルバム

Katiethirouxw2


Katie Thiroux 「OFF BEaT」
CAPRI Records / USA /CPRI 74146-2 / 2017

Offbeat

Katie Thiroux (vocal except 4,5,9) (bass except 3)
Justin Kauflin (piano except 8,10)
Matt Witek (drums except 3,8,10)
Ken Peplowski (clarinet on 1,6,8) (tenor saxophone on 7,9)
Roger Neumann (soprano saxophone on 1) (tenor saxophone on 9)

  ロサンジェルスで活躍中の若手の女性ベーシスト兼ヴォーカリストのケイティー・サーウー(シロウ)の2ndアルバム。彼女のベースにピアノ&ドラムとのトリオに、曲によってはケン・ペプロフスキーらのゲストのクラリネット、サックスが加わっての演奏、そして彼女のヴォーカルが入るアルバム。 若くして多くの音楽賞を獲得し、1st『Introducing Katie Thiroux』は(私は未聴)、高い評価を受けたと言うことだ。今回、プロデュースはジェフ・ハミルトン。曲は、ジューン・クリスティー、デューク・エリントン、フランク・シナトラ、レイ・ブラウンなどの名曲を聴かせる。
 こうなると日本で人気のニッキ・パロットと比較してしまうが、ケイティーの場合は、間違いなくアメリカン・ジャズそのもので、どちらかというとご機嫌なリズムに乗っての小粋なジャズで、パロットの一連のVenus盤にみるようなJazzy not Jazzパターンのヴォーカル中心というのでなく、むしろ演奏中心と言っても良い(ちなみにM4,5,9は、インスト曲)。

Thiroux20press20photo_2_0(Tracklist)
1. Off Beat
2. When Lights Are Low
3. Why Did I Choose You?
4. Slow Dance With Me
5. Brotherhood Of Man
6. Ray's Idea
7. Some Cats Know
8. When The Wind Was Green
9. Happy Reunion
10. Willow Weep For Me

 彼女のヴォーカルは、”テンダネス溢れる瑞々しいリラクシング・ヴォーカル”と表現されているが、ほめて言えばそんなところだ。

   M1. "Off Beat"
は、サックス、クラリネットが華々しくビートが効いた曲で、アメリカン・ジャズそのもの。昔、ジューン・クリスティーが吹き込んだナンバー。
  M2. "When Lights Are Low"は、ピアノ・トリオによる一転して落ち着いたムード。しかししっかりスウィングしている。
 M3. "Why Did I Choose You?"では、しっとりと夜のムードで、彼女のヴォーカルもお話をしているが如くで私好み、この線は良いですね。
  M5. "Brotherhood Of Man"M7. "Some Cats Know" のオープニングは、彼女のベース・ソロもお目見えするが、軽妙な小気味のよいジャズを展開する。
 M8. "When The Wind Was Green"は、彼女のベース弾き語りとペプロフスキーのクラリネットの掛け合いが上出来。このアルバムでは注目曲。

 とにかく居こごちのよい和みムードをもった曲が特に冴えていて、軽妙な小気味のいい洒落たムードを持っている曲も展開する。インスト曲もしっかり聴かせるところも楽しませることが上手であるし、ダイナミックな曲も挿入してフルコースのアルバムだ。
 私のようなユーロ・ジャズ党も、時にはこのアメリカン・ジャズの線も有りというところであった。

(参考:ある紹介記事より転載↓)
Katie Thiroux (ケイティ・サーウー(シロウ))
 
1988年LAで音楽一家に生まれる。4歳でヴァイオリンを始め、8歳でダブルベースに転向。同時にジャズ、クラシックのヴォーカルも学び、10歳でオペラの主役も務めているとい才女。ハミルトン・ハイスクール・アカデミー・オブ・ミュージックに進学し、17歳でLA Jazz Societyなどで多くの賞を獲得。そして2006年にはボストンのバークリー音楽院で6人しか与えられない奨学金を授与され入学。入学後もグレッグ・オスビー、ブランフォード・マルサリスなどと共演。在学最後の年の2009年にはエクアドルのサンフランシスコ大学バークリー校で音楽教授となる。その後、LAに戻り、修士課程を終えた2012年には全米の多くのフェスティヴァルへ出演。そして2013年にはケイティー・サーウーカルテットを結成。2015年にグラミー受賞プロデューサーのジェフ・ハミルトンを迎え、ファーストアルバム『Introducing Katie Thiroux』をリリースし、各メディアでも絶賛された。その後もアメリカ、メキシコ、ドイツなど世界中のジャズフェスティバルに呼ばれ、演奏者、指導者として精力的に活動している。

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »