« ブラッド・メルドーBrad Mehldau 「After Bach」 | トップページ | ジャズとオーディオ 寺島靖国「テラシマ円盤堂~曰く因縁、音の良いJAZZ CD ご紹介」 »

2018年3月18日 (日)

ヨアヒム・キューンJoachim Kühn New Trio 「Love & Peace」

<My Photo Album (瞬光残像)>       (2018-No5)

Img_0772trmonow
  「垂直-融解」       (Feb.2018 撮影)

ニュー・ピアノ・トリオの目指すものは?

<Jazz>
Joachim Kühn Trio 「Love & Peace」
ACT / Germ / ACT9861-2 / 2018


61jjnwxdgw
Joachim Kühn(p), Chris Jennings(b), Eric Schaefer(ds)
Recorded by Gerard de Haro at Studios La Buissonne, France, May 15&16,2017

 2015年に新結成して『Beauty & Truth』(2015 年7 月録音) をリリースし、2017年のECHO Jazz Awardにおいて、ベスト・ジャーマン・アンサンブル賞を受賞したドイツのピアニストのヨアヒム・キューンのニュー・トリオ。そしてその第2弾である最新作がここに登場した。

 ピアニストにしてコンポーザーのヨアヒム・キューンは1944年生まれで既にベテランそのものの域に入っている。過去のトリオといえば、30年前の1980 年代に結成したJ.F. ジェニー・クラーク(b)、ダニエル・ユメール(ds)とのトリオが圧倒的に有名。なかなか先鋭的なインプロヴィゼーションが話題で有りながら、そこに美的なセンスがあって人気があった。しかしメンバーを早くに失ったことから、トリオは1998年にて終結してしまっていた。それが十数年経てのここに来て、2015年にクリス・ジェニングス(b)と、エリック・シェーファー(ds)という若いメンバーと”ニュー・トリオ”と称して再び活動を再開したので、否が応でも話題になっているのである。

Joachim_kuehn_13w
               (New Trio)
(Tracklist)
1.  Love And Peace (Joachim Kühn)
2.  Le Vieux Chateau (Modest Mussorgsky)
3.  Christal Ship (The Doors)
4.  Mustang (Joachim Kühn)
5.  Barcelona - Wien (Joachim Kühn)
6.  But Strokes Of Folk (Joachim Kühn)
7.  Lied ohne Worte No. 2 (Eric Schaefer)
8.  Casbah Radio (Chris Jennings)
9.  Night Plans (Ornette Coleman)
10.  New Pharoah (Joachim Kühn)
11.  Phrasen (Joachim Kühn)


 収録曲をみるとキューン自身の曲が6曲、メンバーの曲が2曲と、11曲中8曲はオリジナル曲という構成で、ここにも意気込みを感ずる。アルバム・タイトル曲のキューンの"Love And Peace" はオープニングに登場して、2分足らずの曲で、意外と聴きやすいなぁ~といった雰囲気を作る。取り敢えずの印象だが、心配するほどの先鋭性は感じられない、彼もこうして若いメンバーと組して意外に達観したおとなしさに落ち着いたのだろうか?。
 MussorgskyのM2. "Le Vieux Chateau"がいいですね。要所要所に懐かしいメロディーがピアノによって顔を出して楽しませてくれる。
 前半数曲は珍しいことに彼の前衛性、先鋭的なところは殆どみせずに聴きやすいトリオに徹している。M4. " Mustang"なんかはリズムカルで軽快で明るくて驚きますね。
 M5.  "Barcelona - Wien"がなんとも美しい。バルセロナからウィーンへの飛行機の中で作曲されたいうのだが、クラシック的フレージングにやや哀愁帯びた美ジャズが交錯して面白いのである。私はこの曲が一押しだ。
 M10. " New Pharoah"になると前衛的なインプロヴィゼーションがやはり顔を出して、M11. " Phrasen"に流れて行くのだが、このあたりはキューンの面目躍如といったところ。

 いずれにせよ、総じてかなり聴きやすいアルバム仕立てで、ホッとするのである。
 えらい聴き惚れて・・・と言うよりは、期待が大きかったせいか、う~~んまあそんなところかなぁ~~と、それなりにと言ったアルバムであった。
 さて、このニュー・トリオはキューンにとっても如何なるところを目指してゆくのか?、まだ私には明確に見えてこない。そんなところが目下の特徴と言えば特徴なのだろうか。
(評価)
□ 曲、演奏 : ★★★★☆
□ 録音    : ★★★★★

(視聴)

 

|

« ブラッド・メルドーBrad Mehldau 「After Bach」 | トップページ | ジャズとオーディオ 寺島靖国「テラシマ円盤堂~曰く因縁、音の良いJAZZ CD ご紹介」 »

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

ヨアヒム・キューン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

どうも往年の(’80年代90年代の)トリオでインパクトが強すぎたので、その後のトリオは、とも思いますが、それでも枯れてきた年齢でもあるし(って本人全然枯れてませんが)、バランス的にはけっこういいんじゃないかと思います。何回も聴きました。

TBさせていただきます。

投稿: 910 | 2018年3月22日 (木) 17時10分

910さん、コメント・TB有り難うございます。
 Joachim Kühn New Trio となると、やっぱりほっておく訳にもゆかず、こうして聴くところとなるのですが、私の聴く力量(笑)としては、この程度が適量かも知れません。ただ面白いことに彼のトリオとなると、ちょっと刺激も欲しくなると言う私は天の邪鬼(あまのじゃく)でもあります。
 しかし彼の歳からも円熟感は十分感じられるアルバムですね。私からもTBさせてください。
 

投稿: photofloyd(風呂井戸) | 2018年3月22日 (木) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/72990959

この記事へのトラックバック一覧です: ヨアヒム・キューンJoachim Kühn New Trio 「Love & Peace」:

» Love [ジャズCDの個人ページBlog]
ヨアヒム・キューン、やっと今月3日に発売された新譜にたどり着きました。11曲目な [続きを読む]

受信: 2018年3月22日 (木) 17時08分

« ブラッド・メルドーBrad Mehldau 「After Bach」 | トップページ | ジャズとオーディオ 寺島靖国「テラシマ円盤堂~曰く因縁、音の良いJAZZ CD ご紹介」 »