« アルゼンチンからの女性ジャズ・コンピレーション盤「JAZZ SEXIEST LADIES VOLUME Ⅲ」 | トップページ | ホリー・コールHolly Coleのニュー・アルバム 「HOLLY」 »

2018年4月15日 (日)

ポーランド・ジャズ・コンピレーション盤「POLISH LYRICISM」

[My Photo Album (瞬光残像)]  四月の高原

P4260238trmnw

「融雪の時」・・・・・ No4

ポーランドのリリシズムを追って・・・・・・

<Jazz,  Contemporary Classical>
「POLISH LYRICISM」
CORE PORT/ JPN / RPOZ-10040 / 2018

Pl

Tomasz Mrenca 、 Adam Kowalewski feat.Piotr Wylezol 、 Babooshki 、 Slawek Jaskulke Trio 、 Early Birds 、 Sebastian Zawadzki、 Krzysztof Herdzin、 Paweł Kaczmarczyk

 ポーランド・ジャズといえば、その道を極めんと奮戦しているのは、オラシオ(白尾嘉規)氏ですね。ポーランド・ジャズ界から彼の選曲により先般コンピレーション・アルバム『ポーランド・ピアニズム』(RPOZ-10037)がリリースされ喜んだのだが、ここに来て続いて第2弾の登場だ。
 今回はリリシズム・抒情美が味わえるトラッドやクラシックをベースとしたポーランド・ジャズ音楽を特集している。ポーランド独特の魅力をリリシズムというテーマで一歩深めた作品とみて良いだろう。ジャケ(↑)もなかなか印象深い代物。

(Tracklist)

1 トマシュ・ムレニツァ/ランドスケイプ
Tomasz Mreńca / Landscape
(Tomasz Mreńca) from "Land" album PC 2016 For Tune
*Tomasz Mreńca (vln, synth)

2 アダム・コヴァレフスキ feat.ピョトル・ヴィレジョウ/ララバイ・フォー・ユー
Adam Kowalewski feat.Piotr Wyleżoł / Lullaby For You
(Adam Kowalewski) from "For You" album PC2013 Hevhetia
*Adam Kowalewski (b), Piotr Wyleżoł (p)

3 バブーシュキ/ジャリ・モイ、ジャリ
Babooshki / Żali Moji, Żali
(Trad; Karolina Beimcik, Dana Vynnytska, Michał Jaros) from "VESNA" album PC2013 Multikulti Project
*Karolina Beimcik (vo, vln), Dana Vynnytska (vo), Jam Smoczyński (p), Michał Jaros (b), Dima Gorelik (g), Bogusz Wekka (perc)

4 ヤスクウケ・トリヨ/チリ・スピリット
Jaskułke 3yo / Chili Spirit
(Sławek Jaskułke) from "SUGARFREE" album PC 2003 Sławek Jaskułke
*Sławek Jaskułke (p), Krzysztof Pacan (b), Krzysztof Dziedzic (b)

5 アーリー・バーズ/ニェ・モジュナ・ザビチ・ミウォシチ
Early Birds / Nie Można Zabić Miłości
(Martyna Kwolek / fragment wiersza Odłamałam gałaź miłości Haliny Poświatowskiej) from "Świt" album PC 2017 Hevhetia
*Martyna Kwolek (vo), Marcin Pater (vib), Mateusz Szewczyk (b), Patryk Zakrzewski (perc), Piotr Budniak (ds), Marta Fedyniszyn i Gabriela Szymańska (back vo)

6 セバスティアン・ザヴァツキ/エクリプス・オブ・シャドウズ
Sebastian Zawadzki / Eclipse Of Shadows
(Sebastian Zawadzki) from "Luminescence" album PC2014 For Tune
*Sebastian Zawadzki (p)

Dsc_8603_w2
7 クシシュトフ・ヘルヂン/07ズグウォシ・シェン
Krzysztof Herdzin / 07 Zgłoś Się
(Włodzimierz Korcz) from "Seriale Seriale" album PC1998 Krzysztof Herdzin
*Krzysztof Herdzin (p, arr), Mariusz Bogdanowicz (b), Piotr Biskupski (ds), Krzysztof Bzówka (vln), Józef Kolinek (vln), Andrzej Staniewicz (vln), Robert Dąbrowski (vln), Piotr Reichert (viola), Jan Kuta (cello)
 (Krzysztof Herdzin →)

8 パヴェウ・カチュマルチク・オーディオフィーリング・トリオ&ミスター・クライム/インヴィテイション
Paweł Kaczmarczyk Audiofeeling Trio & Mr. Krime / Invitation
(Bronislaw Kaper) from " VARS & KAPER deconstructiON " album PC2016 Hevhetia
*Paweł Kaczmarczyk (p), Maciej Adamczak (b), Dawid Fortuna (ds), Mr.Krime – Wojciech Długosz – (turntablism & electronics)

9 スタニスワフ・スウォヴィンスキ・セクステット/ライフタイム
Stanisław Słowiński Sextet / Lifetime
(Stanisław Słowiński) from "Visions / Between Love and Death" album PC2017 Hevhetia
*Stanisław Słowiński (vln), Zbyszek Szwajdych (tp), Szymon Mika (g), Kuba Płużek (p), Justin Małodoby (b), Dawid Fortuna (perc)

10 スフェア/ブルゴーニュ
Sphere / Burgundy
(Ania Rybacka) from "Synesthesia" album PC 2014 Hevhetia
*Ania Rybacka (vo), Marek Kadziela (g), Kuba Dybżyński (cl)

             - - - - - - - - - -

▶▶
 上記のように全10曲、なかなか中身はジャズの色づけはあるのだが、ピアノ・トリオ、女性ヴォーカル、トラッド、クラシック・ベースの演奏、弦楽6重奏の味付けなどと多岐に渡って多彩だ。ポーランドの民族的な感覚を大事にしているといった選曲。

 M1.Tomasz Mreńca ."Landscape"はアンビエントもの、ちょっとピンと来ないのだが・・・、まあアルバムとしては、次に来たるモノを期待させるには面白いオープニング。
 M2.Adam Kowalewski feat.Piotr Wyleżoł "Lullaby For You"は、ベーシストのコヴァレフスキのピアニスト・ヴィレジョウとのデュオ作品。ベースが結構重く響いてくるが、ピアノがリリカルだ。
 M3.Babooshki "Żali Moji, Żali" 女性ヴォーカルによる民謡ベースのローカル・ムード。
 M5.Early Birds "Nie Można Zabić Miłości" 女性ヴォーカルものでファンタジックな世界。
 M6.Sebastian Zawadzki "Eclipse Of Shadows" クラシック・ピアノ・ソロの世界
 M7.Krzysztof Herdzin"07 Zgłoś Się" 美しさと優しさでは出色。なんとピアノ・トリオと弦楽6重奏の合体。まさにピアノは抒情的そのもの。
Pawel_kaczmarczykw  M8.Paweł Kaczmarczyk Audiofeeling Trio & Mr. Krime " Invitation" これは驚きのピアノ・トリオ+エレクトロニクスといった前衛的なユニットの作品。(Paweł Kaczmarczyk →)

 やっぱりなぁ~~と思わせるのはポーランド命のオラシオ氏の選曲。それはリリカルな世界を描こうとしているのは解るが、ジャズ・ファンとしてはその凝り過ぎにむしろ不満も少々というところ。
 前作の『POLISH PIANISM』もそうだつたが、ポーランドを描こうとしてどうしても”トラッドをリリカルに”に焦点を当てすぎである。その為ジャズの面白さがむしろ後退しては居ないだろうか?、そんな疑問を持ちながらも、まあこのようなアルバムをリリースしてくれたことには喜びもある。なんと言っても一聴には値する。私的にはM7.クリシュトフ・ヘルヂン(Anna Maria Jopekのヴォーカルのバックも務めている)、M8.パヴェウ・カチュマルチクが大推薦。

(評価)
□ 演奏 ★★★★☆
□ 録音 ★★★★☆

(参考視聴)  ① Krzysztof Herdzin Trio

               *          *

         ② Paweł Kaczmarczyk Audiofeeling Trio

|

« アルゼンチンからの女性ジャズ・コンピレーション盤「JAZZ SEXIEST LADIES VOLUME Ⅲ」 | トップページ | ホリー・コールHolly Coleのニュー・アルバム 「HOLLY」 »

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

波蘭(ポーランド)ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/73280842

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランド・ジャズ・コンピレーション盤「POLISH LYRICISM」:

« アルゼンチンからの女性ジャズ・コンピレーション盤「JAZZ SEXIEST LADIES VOLUME Ⅲ」 | トップページ | ホリー・コールHolly Coleのニュー・アルバム 「HOLLY」 »