« (友人から勧められた本)與那覇 潤 「知性は死なない」 | トップページ | ヤスクウケ・セクステットJaskułke Sextet 「Komeda Recomposed」 »

2018年7月 6日 (金)

セルジュ・デラート・トリオSerge Delaite Trio 「SWEET AND BITTER」

何故か心が躍る~ピアノ・トリオを楽しむならこのアルバムだ!!

<Jazz>
Serge Delaite Trio 「SWEET AND BITTER」
Atelier Sawano / JPN / AS162 / 2018


Sergedw_2

Recorded, Mixed & Mastered by Francois Gaucher

Sdtrio1Serge Delaite : piano
Pascal Combeau : bass
Jean-Marc Lajudie : drums

(Tracklist)
1. Take Five
2. It Could Happen to You
3. Lover Man
4. Amazonas
5. ’Round Midnight
6. St. Louis Blues
7. Hi Fly
8. Step Lightly
9. My One and Only Love
10. Minor Mishap
11. I Fall in Love Too Easily
12. That’s All

 今年は例年より梅雨が早く明け、猛暑が襲って来ていたのだが、昨日今日は全国的な雨。梅雨の鬱陶しさが戻ってきてしまった。しかしそんな鬱陶しさを吹き飛ばす心が躍るトリオ演奏に浸ることが出来るのがこのアルバムだ。
As084_540x 澤野工房からのリリースで、既にこのトリオは多くのアルバムを蓄積している。私が最近納得したのはアルバム『Comme Bach...』(AS 084)/ 2008)(→)だった。あのバッハの捉え方には驚きでしたが、そのお洒落な発想はさすがフランス人ですね。そして今回のアルバムでもセルジュ・デラートのピアノ・タッチは優美というか、軽快というか・・・・暗さが全くない。これもピアノ・トリオの一つの楽しみ方であることをしみじみと教えてくれる。

 このアルバムは、誰もがよく知ってるM1."Take Five"からスタートするが、これが又4拍子の明るいアレンジが見事で驚かされる。そしてM6." St. Louis Blues"も、なんと心が躍ってくるから不思議。
 M3. "Lover Man"はベース、M4. "Amazonas"はドラムスと、それぞれ役どころをちゃんと持った演奏だ。  
 M9. "My One and Only Love"になって初めてしっとりした優しさのある心の安まる曲の展開となる。あまり躁状態にならないようにと、諫(いさ)められるというか慰められる気分である。アルバム・タイトルの「Sweet and Bitter」は、”甘く快くそして苦く”と言うところか?、しかし幸いにあまり苦さが無いところが味噌。
 M11. "I Fall in Love Too Easily"もしっとりとして、心に優しさと共に安らかさを与えてくれる。

 このアルバムを喩えると、懐かしのメンバーの集まる同級会のバック・クラウンド・ミュージックとして最高です(笑)。リラツクス・ムードが満載だから。
 そしてなかなか録音も楽しさを伝えるトリオのバランスとそれらの音質がお見事である。

S_d_1 セルジュ・デラートSerge Delaiteは、フランス・オーヴェルニュ生まれ。父親はバンドマスターで、その影響か7歳からピアノを始めたらしい。父が主宰するオーケストラに参加したり、後にジョ一ジ・ムラ一ツ等著名なミュージシャンと共演。彼自身のトリオでは何とも言えない快い明るさを振りまき、一方フランスらしいお洒落なジャズが人気で、ヨーロッパ各地を中心として幅広い活動を行なっている。

(評価)
□演奏: ★★★★☆
□録音: ★★★★☆

(参考視聴)

|

« (友人から勧められた本)與那覇 潤 「知性は死なない」 | トップページ | ヤスクウケ・セクステットJaskułke Sextet 「Komeda Recomposed」 »

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

うわー! なんか染みてきます。

投稿: /ten | 2018年7月 7日 (土) 19時50分

/tenさん、こんばんわ。
 又、少しづつ征服していってください(笑い)。協力します。

投稿: photofloyd(風呂井戸) | 2018年7月 7日 (土) 23時14分

2008年にアトリエ澤野がプロデュースする兵庫県立芸術文化センターでのXマス・コンサートを聴きました。リラックスした雰囲気に包まれ、優しさとぬくもりと甘さがほどよくミックスした極上のスイーツ・コンサート。この時は、若い女性やカップルの姿がいつもよりかなり多いようでした。普段はJAZZに縁のない妻も楽しめたようです。

投稿: 爵士 | 2018年7月10日 (火) 21時16分

 爵士さん、今晩わ。
 このところの地震、そして豪雨と・・・そちらは如何かと、若干心配しておりました。
 セルジュ・デラートは参戦しておられるのですね。ライブ会場も楽しそうだと想像いたします。私はCDのみの接点ですが・・・私好みはピアノ・トリオでも若干違うのですが、しかしこうして聴いてみると、なるほどこれも有りだなと・・・・やはりリラックス・ムードの楽しさも大切ですね。
 

投稿: photofloyd(風呂井戸) | 2018年7月10日 (火) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/73795025

この記事へのトラックバック一覧です: セルジュ・デラート・トリオSerge Delaite Trio 「SWEET AND BITTER」:

« (友人から勧められた本)與那覇 潤 「知性は死なない」 | トップページ | ヤスクウケ・セクステットJaskułke Sextet 「Komeda Recomposed」 »