« ノ-サウンドNosoundのニュー・アルバム「ALLOW YOURSELF」 | トップページ | この10月は、ちょっと「城巡り」~その2 »

2018年10月29日 (月)

聴き落としていたアルバム(5) ~ ビル・キャロザースBill Carrothers 「CASTAWAYS」

*この「聴き落としていたアルバム」シリーズは、諸々の事情で遅まきながら聴いたところ、なかなかの聴きどころのあったものを取りあげている~~~

内省的な抒情性が支配するピアノ・トリオ盤

<Jazz>

Bill Carrothers 「CASTAWAYS」
PIROUET / Germany / PIT3067 / 2012

Castaways

Bill Carrothers (p)
Drew Gress (b)
Dre Pallemaerts (d)
All Tunes by Bill Carrothers except "Siciliano"by J.S.Bach

List ビル・キャロザースのピアノの響きは何処か内省的というか、心に訴えてくると言うか、そんなところが魅力である。
 名盤と言われるアルバムBill Carrothers 『After Hours Volume 4』 (Go Jazz Records/GO 6037 2)や、Dave King with Bill Carrothers『I've been ringing you』 (Sunnyside Communications/SCC 1336)を聴いての感動により、もう少し更にというところで2012年リリースのこのアルバムに手を付けてみたのである。

 このアルバムは先日取りあげたDave Kingのアルバム『I've been ringing you』と期を一にして同年のリリース。こちらは彼のリーダー・ピアノ・トリオものである。  これが又期待を裏切らない。

Bc

 M2."Siciliano" 、このアルバムでは唯一カヴァーでJ.S.Bachの曲だ(BWV1053)。これがピアノ・ソロの美旋律で始まり、それを支えるが如くのブラシによるドラムス・プレイ、更にベースも美しい情景を奏でる。この抒情的美しさは素晴らしい。これが彼の真髄でもある。
 そしてそれはM5."Araby"も同様に非常に内省的とも言える世界が美しく展開する。
 M3."Trees"は、トリオそれぞれがゆったりとした演奏で、その音の余韻を生かしての美が漂う曲。
 又"Scottish Suite"は、まさにクラシックの延長線上にある感覚で、ジャズを織り込みながらもそれを超越した感覚になる組曲。

                           *         

 とにかくピアニスト Bill Carrothersが、Drew Gress(b)とDre Palleamaerts(ds)のメンバーをそろえて自己の世界を思うがままに演じたアルバムという印象だ。そこには彼独特の内省的とも言える世界が聴く者に共感を呼ぶが如く構築されている。
  私のお気に入りはM2."Siciliano"あった。

(評価)
□ 曲・演奏  ★★★★★☆
□ 録音   ★★★★☆

(My Image Photo)

Dsc04721trw
Sony ILCE-7M3, FE 4/24-105 G OSS,  PL

(試聴)

|

« ノ-サウンドNosoundのニュー・アルバム「ALLOW YOURSELF」 | トップページ | この10月は、ちょっと「城巡り」~その2 »

ビル・ギャロザース」カテゴリの記事

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

たしかに美旋律。彼の「内省的とも言える世界」の表現に吸い込まれるよう。

投稿: 爵士 | 2018年11月 2日 (金) 23時30分

 爵士さん、こんにちわ。
 コメントどうも有り難うございます。
 この秋は好天で屋外作業もはかどっておられますか?。健康的な昼間の作業と、長い夜はこんなアルバムを聴いていると至福の時ですね。

投稿: photofloyd(風呂井戸) | 2018年11月 3日 (土) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/74458982

この記事へのトラックバック一覧です: 聴き落としていたアルバム(5) ~ ビル・キャロザースBill Carrothers 「CASTAWAYS」:

« ノ-サウンドNosoundのニュー・アルバム「ALLOW YOURSELF」 | トップページ | この10月は、ちょっと「城巡り」~その2 »