« 聴き落としていたアルバム(5) ~ ビル・キャロザースBill Carrothers 「CASTAWAYS」 | トップページ | ロジャー・ウォーターズの世界~ストラヴィンスキー「兵士の物語The Soldier's Tale」 »

2018年11月 1日 (木)

この10月は、ちょっと「城巡り」~その2

名城四国編

 昨年の10月に続いて、今年もちょっと城巡りの機会がありました。
 城でもやはりなんと言っても天守閣が魅力があるのですが、現在日本全国でも「現存天守」と言われるものは、寂しいことですが12城しかないわけで、そのあたりは全て見ておきたい気持ちがある。つまり再建した城はどうしても味わいに欠けると言うか、どこか空しいのですが、現存天守はやはり心に響きます。

 (参考1)「天守閣の分類」
    ■ そのまま現存している天守
     ①現存天守 : 江戸時代からのそのまま現在に残った天守
    ■ 復元した天守
     ②木造復元天守 : 図面をもとに忠実に復元
     ③外観復元天守 : 図面の外観のみ復元
    ■ 忠実な再現なし
     ④復興天守 : 天守はあったが忠実な再現はせず
     ⑤模擬天守 : 本来は天守なしの場合に作られたもの 
 
(参考2)「現存天守」
   全国見渡してわずか12城しかない。それは弘前城、松本城、丸岡城、
犬山城、彦根城、
   姫路城、松江城、備中松山城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城、の12城。

 

□ 高知城 (現存天守) 2018.10.19

Pa190567w2_4 好天の高知城を拝見できた。高知市の中央にある。規模は大きいとは言えないが、なかなか美しいたたづまいである。日本100名城に選定されている。別名鷹城(たかじょう)。
 江戸時代に建造された天守や本丸御殿、追手門等が現存している貴重な城。

 江戸時代初期(慶長8年1603年)に、関ヶ原の戦いの功績者・土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、2代忠義の時代に完成したもの。3層6階の天守は、一豊の前任地であった掛川城の天守を模したといわれているらしい。名称は一豊により河中山城(こうちやまじょう)と名付けられたが、その後、高智山城と名を変え更に現在の高知城。 
 一度城下町の大火で焼失し、寛延2年1749年に再建されたもの。
 追手門が現存し、そのバックに天守が見られ、美しい。現在、自由民権運動の板垣退助の像も置かれている。

Dsc04536trw



□ 松山城  (現存天守) 2018.10.20

 愛媛県松山市にある城。現在は「松山城」と呼ばれいるが、別名金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。(各地の松山城と区別するため『伊予松山城』と呼ばれることもある)。この10月好天の下、訪れることが出来た。

Img_1221trw 松山城は、松山市の中心部である標高132mの城山(勝山)山頂に本丸があり(今回宿泊した道後温泉から見た写真→)、裾野に二之丸(二之丸史跡庭園)、三之丸(堀之内)がある、広大な平山城だ。
 大天守(現存天守の1つ)を含む21棟の現存建造物が国の重要文化財に、城郭遺構が国の史跡に指定されている。
 昭和初期の1933年に大天守を残して焼失した。その為連立式天守群の小天守以下5棟をはじめとする22棟(塀を含む)が木造で復元された。したがって現在、かっての立派な威容を誇っている。

Dsc04607trw
*
Dsc04646trw


Pa200653w2_4
  天守は安政元(1602)年に落成したもので、三重三階地下一階の層塔型天守という様式で、江戸時代最後の完全な城郭建築だそうだ。
 天守と小天守、隅櫓を渡櫓で結ぶ天守建造物群は、連立式天守を備えた城郭と言われるもの。なかなかお見事な構造である。
 親藩・松平家によって建築されており、そのことを物語る「葵の御紋」が瓦などに見られる。

Pa200677tr3w 現在はこの城址は市民や観光のための公園の形で管理され、市の中心観光地である。私の訪れたのは秋の好天で、多くの観光客で賑わっていた。山頂の天守までは昇るのは大変なため、ロープウェイ、リフトが途中まで運行されていて、かなり観光客にとってはスムーズな鑑賞が出来る(右のように地元の大学生の暖かい歓迎を受けた→)。

 昨年、ここでジャズ・ブロガーのJamkenさんに勧められた城で、是非とも、と・・・・訪れた次第。     (click to enlarge)

(参考)

① 高知城

            *              *

② 松山城

|

« 聴き落としていたアルバム(5) ~ ビル・キャロザースBill Carrothers 「CASTAWAYS」 | トップページ | ロジャー・ウォーターズの世界~ストラヴィンスキー「兵士の物語The Soldier's Tale」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

コメント

風呂井戸さん こんばんわ。
四国にいらしていたのですね、しかも松山城は、ときどき散歩コースで登っているお城です。
ただ10月博多に転勤となり松山に帰るのは、月1~2度となりそうです。
また、高知にも大分以前ですが、澄んだことがありお城にも何度か行っています。
来春には家族も博多に移住しますので、もう、松山城、高知城に行く機会もなさそうです。

投稿: baikinnmann | 2018年11月 1日 (木) 19時33分

そうそうBaikinnmannさんは松山でしたね。松山は街も立派で、松山城は人気が解る素晴らしいお城でした。ここが散歩コースとは運動にも良いし、精神安定剤にも良いところでしたね。
 今は博多ですか?。これからもよろしくお願いします。
 ところでFBで、料理のむこうにアルバムが置かれているのが写ってますが・・なるほど、なるほどと拝見しています(ニッコリ)。又いろいろと情報お願いします。
 

投稿: photofloyd(風呂井戸) | 2018年11月 1日 (木) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193563/74503491

この記事へのトラックバック一覧です: この10月は、ちょっと「城巡り」~その2:

« 聴き落としていたアルバム(5) ~ ビル・キャロザースBill Carrothers 「CASTAWAYS」 | トップページ | ロジャー・ウォーターズの世界~ストラヴィンスキー「兵士の物語The Soldier's Tale」 »