« ポーランドのプログレ ANAMOR 「ZA WITRAŹEM」  | トップページ | 白の世界 (その1)5題 / (今日のJazz)大橋祐子Yuko Ohashi Trio 「BUENOS AIRES 1952 」 »

2019年2月22日 (金)

マッツ・アイレットセン・トリオMats Eilertsen 「And Then Comes The Night」

ECMからのリリカルにして深遠なる前進性をみる世界

 <Jazz>

Mats Eilertsen Harmen Fraanje Thomas Strønen
「And Then Comes The Night」
 
ECM / Germ. / ECM 2619 770 2569 / 2019
 
Andthencomestn

Harmen Fraanje, piano
Thomas Strønen, drums
Mats Eilertsen, bass
 
 Produced by Manfred Eicher
Recorded May 2018
Engineer : Stefano Amerio

Metriow

Me  ノルウェーのベーシスト、マッツ・アイレットセンMats Eilertsenのリーダーによるピアノ・トリオ作品である。彼はTord Gustavsenの(初期のトリオでなく)最近のQuartetなどに共演していて知るところにある。いずれにしても彼は過去に北欧系の多くのピアニストのリーダー・アルバムにベーシストとして共演している。
 このトリオは活動10年目にあたるというところで、やはりECMからニュー・アルバムがリリースされた。
 アルバム・タイトルは解説によるとアイルランド人の作家Jón Kalman Stefánssonの小説から引用されているとか、集まったミュージシャン達による持ち寄った曲集という会話的トリオ作品なんだろうか。

(Tracklist)
List

 曲は10曲収録。全曲彼らのオリジナルで占められている。そして主としてピアニストのHarmen Fraanje(オランダ) と Mats Eilertsenの貢献度大きい。
 やはりプロデューサーのManfred Eicherの元での製作で、アルバム全体の印象はECM盤そのもので、なかなか深遠なところにある。

 そしてアルバム・タイトルと関連の曲"Then Comes The Night"は8番目に登場。3者による曲となっているが、演奏も3者の主張と語りが即興的な展開で折り合って、前衛的な印象もあり興味深い。後半のThomas Strønen(ノルウェー)のドラムスのソロによる纏め上げも独創的で面白い。
 M1.M10."22"は、同曲の別バージョン。M1では、冒頭から静かなピアノの美旋律に唸らせられる。中盤からベースの響きが美しく印象的に展開。しかし全体的にはピアノの響きが抒情的な美旋律で魅力的なところに引き込まれる曲。これはベーシストのアイレットセンの曲である。このあたりもベーシストの抒情性が見てとれるところだ。
H_f M2."Perpetum"で静寂の中にも印象の変わる即興重視の展開が聴ける。3者によるメロディーはもとより印象的な音による世界描写が見事である。このあたりがこのトリオのありきたりのスタイルと違った創造性豊かな前進性を印象づけられる。
 中盤の4曲も魅力的な哀愁旋律、スティックによる繊細な音、ドラムスの主張、ピアノとベースの美しき交錯などなど聴きどころが空間の中に描かれたように展開して魅力的な演奏だ。
T_s
 ECM的静寂の中の静謐なる深遠なる哲学的世界を美しく叙情的に描いたハイセンスの作品。しかも所謂歴史的ピアノ・トリオというパターンに飽き足らず、三者の音楽的現代性と前衛性もちゃんと織り込んでいて、なるほど彼らのハイレベルな音楽的センスを見事に示している。これにはアイヒヤーのリードも効果を上げているものと思うが、なかなか優秀にして好印象の作品である。
(評価) 取り敢えず満点である。
□ 曲・演奏 :  ★★★★★ 
□  録音     : ★★★★★
(視聴)

|

« ポーランドのプログレ ANAMOR 「ZA WITRAŹEM」  | トップページ | 白の世界 (その1)5題 / (今日のJazz)大橋祐子Yuko Ohashi Trio 「BUENOS AIRES 1952 」 »

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

北欧ジャズ」カテゴリの記事

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

コメント

ECM的な、という言葉を使っていいのかどうか分かりませんが、ECM的ないい塩梅のピアノ・トリオでした。フリー・インプロヴィゼーションと思われる3人の名義の曲もありますが、そこにも調和がある感じで、すんなりと聴ける、いかにも北欧的なジャズという感じでした。

TBさせていただきます。

投稿: 910 | 2019年3月 5日 (火) 06時23分

910さん、コメント、TB有難うございます。
何時も、ECM評価は楽しみに拝見しています。
 私がこのアルバムに手を付けたのは910さん、Suzuckさん方々の評価が気になったというところもあります。私はECMのアルバムは2/3は納得派といっても良いかもしれません。フリー・インプロヴィゼーションの色付けが、おっしゃるように、このアルバムとしての価値を高めているのも事実と思います。

投稿: photofloyd(風呂井戸) | 2019年3月 5日 (火) 18時04分

風呂井戸さん,こんばんは。TBありがとうございました。

まさにECM的なサウンドだと思いますが,こういう透徹な響きには無条件で反応してしまう私です。いかにも北欧的案響きと言ってもよいかもしれませんが,この響き,やはりはまります。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

投稿: 中年音楽狂 | 2019年3月 5日 (火) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッツ・アイレットセン・トリオMats Eilertsen 「And Then Comes The Night」:

» And Then Comes The Night/Mats Eilertsen [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベルの新譜聴き3日目。今日はMats EilertsenのECM2作目 [続きを読む]

受信: 2019年3月 5日 (火) 06時19分

» いかにもECMらしいMats Eilertsenのピアノ・トリオ・アルバム。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
And Then Comes the Night Mats Eilertsen (ECM) ノルウェイのベーシスト,Mats Eilertsenは,自身のアルバムに加えて,ECMの結構キーとなるプレイ [続きを読む]

受信: 2019年3月 5日 (火) 18時34分

« ポーランドのプログレ ANAMOR 「ZA WITRAŹEM」  | トップページ | 白の世界 (その1)5題 / (今日のJazz)大橋祐子Yuko Ohashi Trio 「BUENOS AIRES 1952 」 »