« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月31日 (日)

寺島靖国プレゼント「For Jazz Vocal Fans Only Vol.3」

 

今回も女性ヴォーカルで満たされた

<Jazz>

Yasukuni Terashima Presents
「For Jazz Vocal Fans Only Vol.3」
 Terashima Records / JPN / TYR-1078 / 2019 

A-41fmv8afgnl

 寺島靖国のコンピレーション・アルバム・シリーズの中ではニューフェースである「Vocal Fans Only」の第3巻目が登場した。彼のシリーズも「Jazz Bar」「Audio Fans Only」「Drums Fans Only」と増加の一途をたどって若干近頃乱発ぎみの為、このシリーズもちょっとどうなのかなぁと不安を抱きながらの購入である。
 過去の二巻、比較的マイナーなところにも焦点を当ててくれて大いに楽しんだことがあった為、どうしても注目してしまうのである。さて今回の3巻目はいかなるところに至ったか、ちょっと見てみることにする。

 

(Tracklist)

1 Carme Canela & Joan Monn / Left Alone (Billie Holiday, Mal Waldron)
2 Pascale Lavoie / Speak Low (Ogden Nash, Kurt Weill)
3 Cara Campanelli / Smile (John Turner, Geoffrey Parsons, Charlie Chaplin)
4 Connie Evingson / Close Your Eyes (Bernice Petkere)
5 Melanie De Biasio / I'm Gonna Leave You (Rudy Stevenson)
6 Orla Murphy / The Old Country (Curtis Lewis, Nat Adderley)
7 Bonnie J Jensen / Just The Two Of Us (Bill Withers, William Salter, Ralph MacDonald)
8 Jane Krakowski / Let's Face The Music And Dance (Irving Berlin)
9 Karolina / If You Go Away (Jacques Brel, Rod McKuen)
10 Lauren Koval and The Page Cavanaugh Trio / Embraceable You (Ira Gershwin, George Gershwin)
11 Anna Luna / What Are You Doing The Rest Of Your Life (Michel Legrand, Alan Bergman, Marilyn Berg man)
12 Kendra Lou / Black Coffee (Paul Francis Webster, Sonny Burke)
13 Lauren Meccia / You Don't Know What Love Is (Don Raye, Gene de Paul)
14 Shannon Forsell / Georgia On My Mind (Stuart Gorrell, Hoagy Carmichael)

A71enc3iflw_1Asonearw_1A-song-of-hope_1

 

 一番の評価はスタートM1"Left Alone"のカルメ・カネラCarme Canelaだろうか、この曲が収録されているアルバム「Ballads」(FSNT559)(上左)は2018年リリースで、それ程話題にはならなかったのだが・・こうして聴いてみると成程「ジャズ批評」で"ジャズオーディオ・ディスク大賞2018"のヴォーカル部門で金賞に選ばれたアルバムだと言える。とにかくこの曲、彼女は哀愁の伴った切なさをもって歌いあげていて聴く者に訴えてくるんですね。私は即、このアルバムを注文してしまった(感想は又いずれ)。
  M2 Pascale Lavoie / Speak Low M5 Melanie De Biasio / I'm Gonna Leave You は、特にMalanie De Biasioは注目。既に私はここで3年前の2016年3月に取り上げたアルバムからである。私の評価は良好ではあるが、そちらを見てもらうということで、ここでは省略だ。
  M3.Cara Campanelli / Smile : アルバム「So Near」(2009)(上中央)より、このアルバムはピアノ等がほぼソロ状態で静かにサポートするスタイルでデュオの形をとっている。 しっとりと彼女の細工のない唄が聴ける。高音も伸びるが低音も魅力あり、ちょっと注目したくなる歌手。Adam Birnbaumのピアノも聴きどころ。
 M9 KaroliNa / If You Go Away も注目。このカロリーナという歌手、ポーランド生まれ、アメリカ在住、ビオラ奏者だという。これがなかなかのヴォーカル、質の良さが伝わってくる。この曲の納められているアルバム「Song of Hope」(RHO7129)(上右)は2016年のリリースで今やプレミアもの。
 M11 Anna Luna / What Are You Doing The Rest Of Your Life :なかなかしっとりと聴かせる。アルバム「Sketches」(FAM22042/2007)(下左)から。
   M12 Kendra Lou / Black Coffee : アルバム「To The End Of The World」(CALI111/2010)(下中央)から。このケンドラ・ルーはデンマーク国籍、このアルバムは殆ど彼女のオリジナル曲で埋め尽くされているが、このスタンダードがここでは選ばれた。情感たっぷりの唄で、意外にユーロ的でないクラシック・ジャズ・ムードがある。
   M14 Shannon Forsell / Georgia On My Mind  : アルバム「The Nearness Of You」(LML CD 254/2011)(下右)から 、これは米国ピアニストで歌手の"スターダスト"を作曲したHoagy Carmichaelのトリビュート・アルバム。ヒット曲"我が心のジョージア"をなかなかの芸達者な歌声で聴ける。

SketchesTo-the-end-of-the-worldThenearnessofyouw

 今回も女性ヴォーカルものになっている。寺島靖国流の選曲にはやはり女性独特の世界を追求する姿勢があって参考になる。ただ少々古いアルバムからの選曲もあって苦労しいる様子が伺えた。もっと新しい発掘に期待したいのだが。

(評価)
▢ 選曲・歌 :  ☆☆☆☆★
▢ 録音        : ☆☆☆☆★

(視聴)  Carme Canela "LEFT ALONE"

  



| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

弘田三枝子のニュー・ジャズ・アルバム 「Isn't It Romantic ?」

恐ろしや、なんとハイレゾMQA-CDにて登場
<Jazz>
Mieko Hirota 「Isn't It Romantic ?」
doLuck Jazz / JPN /  DLC-19 / 2019

71to48ufz9lw

Mieko Hirota : vo
Naoki Kitajima : P
Yusuke Nakaishi : b
Gaku Hasegawa : ds

 出る出るとは言ってましたが、ここにきて弘田三枝子のジャズ・ニュー・アルバムの登場にはやはり驚きですね。昨年奥村チヨがニュー・ア ルバムのリリースがあって( 「卒業アルバム--サイレントムーン」(UPCY-7465) )、これまた驚きでしたが、70歳を超えたお婆様達のアルバムの出現とは、日本も一歩前進したんでしょうか。

Hirotamiekomukashiseikeimae_1  
とにかく彼女は1947年生まれで71歳、デビューは歌唱力と何と言ってもパンチの効いた歌声で話題になった1961年(↑)、それから55年以上の経過。
 1969年には川口真の曲「人形の家」を歌い込んで大ヒット、日本レコード大賞を勝ち取った。この当時は、デビュー当時の顔とは全くの変貌(↓)で、整形手術の凄さが話題になった。私はもともと彼女の唄はお気に入りの方であったので「ロダンの肖像」、「私が死んだら」、「この大空に捨ててしまおう」、「涙のドライヴ」、「燃える手」などの曲は記憶に十分ある。

S337

 アメリカ生活で話題から離れたが、しかしここ近年には何となくテレビでもその姿を観ることとなったが、その整形手術の副作用顔貌で世間の同情もかっていた。まあそんなところは別にしても、今こうしてジャズ・ヴォーカル・アルバムをリリースするという事はいずれにしても彼女の実力からして良いこととして受け入れたいのである。
 とにかくジャズ・シンガーとしての挑戦作。前橋の夢スタジオでの2018年録音。
 そしてしかも今話題のハイレゾ・サウンドのMQA-CDでのリリースである。

*
(Tracklist)
1 When You Wish Upon A Star
2 Black Coffee
3 Alfie
4 Isn’t It Romantic?
5 All of me
6 But Not For Me
7 Laura
8 One Note Samba
9 The Things We Did Last Summer
10 Hi Fu Mi Yo
11 The Good Life
12 星に願いを
 
 バックの演奏はピアノ・トリオ編成で、完全なジャズ・スタイルを貫いている。北島直樹のピアノはなかなか聴き所有り。MQA-CDの特性もあって録音も良い。
 このアルバムの彼女のヴォーカルは、ウィスパー・スタイルに徹して、昔のパンチ力と言うものでは全くない。”枯淡の境地”なんて表現されているがそんなところであろう。
 収録曲12曲、M10"Hi Fu Mi Yo"のオリジナル曲以外はスタンダード曲。洒落ているのはM1."When You Wish Upon A Star"でスタートして、最後は日本語でのM10."星に願いを"と歌っているところだ。まあ年齢からも声量は望めないが、あまりにも吐息型発声が全てを貫いていて、聴く方には少々しつこく疲れる。
 M3."Alfie"とバカラックの曲の登場など、選曲はなかなかのもの。
 M4."Isn't It Romantic?"はアルバム・タイトル曲。これは少々リズムカルで愛嬌がある。
 M11."The Good Life"のような曲には、彼女の昔のパターンがちらっと見えて、曲に乗っての姿が聴ける。

  いずれにしてもデビュー55周年記念新録アルバムのリリースは、お目出度うと言うところでしょうね。
 
(評価)
歌・曲:☆☆☆☆★
▢ 録音 :☆☆☆☆☆★

(視聴) 昔の弘田三枝子「人形の家」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月20日 (水)

円熟のヴォーカル:クレア・マーチンClaire Martin 「Bumpin'- Celebrating Wes Montgomery」

風格あるしっとりとした情感と語り、そしてブルージーなスウィングの展開も

<Jazz>

Claire Martin & Jim Mullen 「Bumpin'- celebrating Wes Montgomery」
Stunt Records / IMP. / STUCD18112 / 2019

61oooaxc1ylw

Claire Martin (vo)

Jim Mullen (g)
Mads Bærentzen (p) except #11
Thomas Ovesen (b) except #11
Kristian Leth (ds) except #11

 クレア・マーチンの歌声も久しぶりですね。これは昨年7月のロンドンに於ける新録音盤だ。基本的にはギター、ピアノ、ベース、ドラムスのカルテットをバックと言うところだが、ギターはいつも共演しているスコットランドのベテランのジム・マレンで、アルバム・タイトルは彼との二人名義になっている。そしてこれはデンマークのStunt Recordsからのリリース。この二人、昨年英国で英国ジャズ賞を受賞している。その他のバックの三人はデンマークのミュージシャン。

 偉大なギタリストで没後50周年になったウェス・モンゴメリーのトリビュート・アルバムだ。

48409124_1974169395998763_43216775387000

(Tracklist)

1. Road Song
2. Polka Dots And Moonbeams
3. Willow Weep For Me
4. 'Round Midnight
5. If You Could See Me Now
6. Goin' Out Of My Head
7. I Could Get Used To This (Bumpin')
8. West Coast Blues
9. Back In The Room (Bock To Bock)
10. Born To Blue
11. The End Of A Love Affair (vocal & guitar duo)

 やはり円熟のヴォーカルを披露。相変わらずややハスキーであり包容力のある情感の込められた歌声だ。とにかく余力を残した余裕のあるところが聴いていてもほっとする。
  オープニングM1."Road Song"はおやっと思わせる小気味の良い軽快なスタート、M2."Polka Dots And Moonbeams"は彼女らしい風格あるところ、結構ギターが物語調に聴かせるし、ピアノもいい語りをしてくれる。そして次第にM3"Willow Weep For Me"になるとジャズ・ムードが盛り上がってくる。 
 そしてM4."'Round Midnight"のバラードになって最高潮を迎える。しっとりとした夜を歌い上げる。この奥深い情感はさすがである。ギターもしっかりその夜のムードを盛り上げてくれる。
 M6."Goin' Out Of My Head"も独特な歌いまわしを入れた編曲が聴ける。
   M7."Bumpin'"はちょっと幻覚的ムードもあって面白い。
 M10,M11はしっとりと歌い込んで聴き応え十分。
 全編多彩に展開させて、聴く方も安心して聴ける円熟のヴォーカルを楽しめるアルバムだ。

 (評価)
□ 曲・歌 ★★★★★☆
□ 録音  ★★★★☆

(視聴)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

取り敢えず注目株、エレン・ドティEllen Doty 「COME FALL」

カナダからの女性シンガー・ソングライターのソウルフルにして優しく美しいヴォーカル

<Jazz>

Ellen Doty 「COME FALL」
Alma Records / IMP. / ACD32182 / 2018

Comefallw

Ellen Doty (vocals)
Mark Lalama (piano)
Davide Di Renzo (drums)
Audio Mixer: John "Beetle" Bailey.

 カナダからのシンガー・ソングライター・女性ヴォーカルのエレン・ドティの登場。これは彼女としては2ndアルバムらしい。いずれにしてもカナダはジャズ・ポップス女性シンガーを多数輩出してますね。
 それはそれとして、このアルバム・ジャケからみても単なるジャズ・アルバムでなく、個性の強いものを感じさせる。
 この曲作りの編成をみても彼女のヴォーカルに、ピアノとドラムスという構成で、なかなかやりそうなところは窺える。このアルバムは実はカナダではかなりの反響を呼んだものらしく、日本上陸となったもの。
 とにかくこのアルバム作りに50曲以上書き、その中から下のリストに見るように12曲を選んだらしい。又もともとは多くの編成バンドがバックにあったらしいが、ふとこの簡素なメンバーで演奏したら、しっくり来たという個性派だ。

Ed3w
(Tracklist)

01. You're Too Late
02. Maybe I Knew
03. Sea Of Hearts
04. September Moon
05. Midnight
06. Dreams You Don't Remember
07. Go Easy
08. Give Love
09. Favourite Sweater
10. Give It Up
11. Stranger
12. Tried To Sing

  M01. "You're Too Late" 、 まず冒頭から美声と言うよりはややハスキーな歌声が印象に残る。しかも半分囁くような、物語を語るような繊細な響きの間の置いたヴォーカルだ。そしてどこかソウルフルな味のあるコンテンポラリー・ジャズというところか。
  バックのピアノは美しい旋律を奏でると言うよりは重い低音でやや暗いイメージを描き、ドラムスも重くリズムを刻む。
 M02. "Maybe I Knew "になってやや暗さは解消して、むしろ優しさの感ずるところに。
 M03. "Sea Of Hearts" さらに美しさが感じられる世界に、そして優しさも明るさも加わって・・・。
 M04. "September Moon"これはアルバム先行シングルとしてリリースされた曲。やはり優しくここではむしろ美しい声でゆったりと心落ち着くところに歌いあげる。簡素なバックと無音の間をおき奥深い世界をイメージづける。
Ed2w

 全編このような流れで構成されているが、驚いたのはM06. "Dreams You Don't Remember"M09. "Favourite Sweater"の2曲では、突然男性ヴォーカルが登場して二人のデュエットが展開する。とくにM06は、美しいメロディーを歌いあげ、どこかサラ・マクラクランを思わせる世界になる。 M07."Go Easy"は再び彼女のヴォーカルとなり美しく優しくしっとりと歌いあげ、やっぱりカナダですね、これもサラ・マクラクランの世界だ。
 M12. "Tried To Sing"のヴォーカルの間の置き方は見事で、それより印象を深め、又ピアノの美しさも聴かれ、短い中に充実感たっぷりの曲。

 とにかく冒頭は”暗さが襲うのか”と思ったが、意外にハートフルと言うか、抒情的であり、又どこか安堵感の伴う優しさの満ちた大自然を思わせるところにある。そしてジャズというかポップにも近いものでの情緒豊かな世界だ。これは既にベテランの雰囲気すら漂っているお見事なアルバムである。

(評価)
□曲、歌 : ★★★★★☆
□録音  : ★★★★☆

(視聴)  "September Moon"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

白の世界(その4) 5題 / エミール・ブランドックヴィスト・トリオEMIL BRANDQVIST TRIO 「FALLING CRYSTALS」

早い春の到来

  今年は例年よりはかなり早くいよいよ春の雰囲気が身近になってきました。通常の年よりは1~2週間は早いのではないでしょうか。
 これ(↓)は我が家の山茱萸の老木です。もう明らかに黄色の色に被われ、開花して数日経過しています。我が家にとっては毎年これが春のスタートなんです。

Dsc07275tr

 そこで写真撮影による今年の冬の回顧シリーズ「(冬の記憶)白の世界=雪中撮影行」も4回目になるが、こう春の到来が早いと、そろそろこれは早めに仕上げて、ここらあたりで一締めとしたいと・・・・・・。

 

[白の世界]

        雪中撮影行 2019  (4)

 ~別室 「瞬光残像」https://photofloyd.exblog.jp)と連携

Dsc06579trbwhw_3

[16] 「一蓮托生」  ~仲間と行動や運命を共にするが如く冬に対峙している姿は可憐。

*

Dsc06604trbww_2

[17]  「孤軍奮闘」

*

Dsc06740trbww

[18]   「肝胆相照」  ~自然の世界は、流れ木々などそれぞれ親密な関係の上に存在している。

*

Dsc06708trbww_2

[19] 「堅忍不抜」  ~我慢強く堪え忍んでいる姿は美しい。

*

Dsc06735trbww_3

[20]    「暮色蒼然」   ~真冬の一日は短い、あっと言う間に訪れる夕暮れ時

(撮影機材)
CAMERA : SONY ILCE-7M3
LENS : ①ZEISS Vario-Tessar FE4/16-35 ZA OSS,   ② FE4/24-105 G OSS
FILTER : Kenko PRO1D  C-PL(W)

      *       *       *       *

美しさは・・・ここに

<今日のJAZZ>

EMIL BRANDQVIST TRIO 「FALLING CRYSTALS」
SKIP Records / Germ / SKP 9135-2 / 2016


Fallingcrystalw


Emil Brandqvist : Drums, Percussion, Keyboards
Tuomas Turunen : Piano
Max Thornberg : Bass

  このスウェーデンのドラマーの結成したこのエミール・ブランドックヴィスト・ピアノ・トリオの美しさは群を抜いているため、先日ここで2018年の最近作「WITHIN DREAM」(SKP 9141-2)を紹介したが、もう少し深入りしてみようと昨年仕入れた2016年のアルバム。
 相変わらずTuomas Turunen のピアノが美しく(彼のピアノ・ソロ・アルバム「Ornaments of Time」(skp9139-2/2017)も先日紹介したとおりだ)、曲の流れにうっとりしてしまう。

Fallinglist

 メロディーの美しさ、ピアノのリリカルな響きがまず印象的。更にストリングスが入ったりして(M5、M9、M12)、その美しさを倍増させる。リーダーのドラムスはそれ程前面に出ず、ひたすら曲の展開をサボートする。 しかしクラシック的印象もあるが、なんとオルタナティブな前衛的展開ももせるし(M7)、彼らの現代性をも十分感じざる。そして再び叙情的なピアノがソロ的にも展開して見せて、上に登場させた雪景色の静かさも感じさせるところはアルバム造りも一流と言える。

(評価)
□曲・演奏 : ★★★★★☆
□録音  : ★★★★☆

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

白の世界 (その3) 5題 / チャールス・ロス・トリオCharles Loos Trio 「French Kiss」

[白の世界]
        雪中撮影行 2019  (3)

 ~別室 「瞬光残像」https://photofloyd.exblog.jp)と連携

 今年の冬の回顧シリーズ3回目。3月に入って更に今年の暖冬が顕著になっていて、白の世界はウソのような気分にもなります。ところが今朝はまだやっぱり3月ですね、外は白銀の世界となりました。そんなところで、少々今年の撮った記録を続けておきます・・・・。

(画像はクリック拡大)

Dsc06691trbww

[11] 「則天去私」 ありのまま自然に生きる心境、私心にとらわれず自然の道理に身をゆだねあるがままに生きる。そうした心境にあること。

                                              *

Dsc06759trbww

[12] 「韓信匍匐」  大きな目的のために、一時の苦労だと耐え忍ぶ

                                             *

Dsc06740trbww

[13] 「肝胆相照」  お互い心の底まで理解し、打ち解けあっている間柄。・・・・自然の姿とそれに寄り添って力強く生きる植物(木々)が、こんなところから気になるのです。

                                             *         

Dsc06091trbww

[14] 「外柔内剛」 見た目は弱々しいが実は強い意志を持っている。

                                             *

Dsc06040trbww

[15]  「暮色蒼然」 あたりが徐々に暗くなってゆく夕暮れ時の気配。空の変化が非常にドラマチックです。

 取り敢えずは、こんなところで冬期の”白の世界”を求めての「雪中撮影行」の数枚を公開した。

(撮影機材)
CAMERA : SONY ILCE-7M3
LENS : ①ZEISS Vario-Tessar FE4/16-35 ZA OSS,   ② FE4/24-105 G OSS
FILTER : Kenko PRO1D  C-PL(W)

       *       *       *       *

<今日のJAZZ>

ちょっと洒落たピアノ・トリオだ!

Charless Loos Trio 「French Kiss」
LYRAE Records / JPN / LY0206-c / 2003

Frenchkiss

Charles Loos : piano
Bas Cooijmans : bass
Bruno Castellucci : drums

List_3


 このアルバムは、やはり寺島靖国が彼のメインのコンピレーション・アルバム「Jazz Bar 2018」(年一回リリース、これで18巻目)にて、Charless Loos Trioの曲”La chanson des vieux amants”を紹介したことにより知ったもの(何故、昨年になって2007年ものを取り上げたのかは不明)。
 ベルギーのベテラン・ピアニストのチャールス・ルースのピアノ・トリオ・アルバムである。とにかく彼は大御所といった感じでもはや重鎮。そのトリオ盤はもう全てのジャズの要素を取り込んで安心して聴ける洒落たアルバム作り。スウィングする快適、しっとりとした情緒たっぷりのバラード、シャンソン調のリズム、抒情性豊かな展開と楽しませてくれる。フランス、ベルギーのヒット曲の演奏集だ。

(評価)
□ 曲・演奏 :★★★★★☆
□ 録音   :★★★★☆

(参考視聴)  charles Loos  solo piano play

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

白の世界 (その2) 5題 / ミケ-レ・ディ・トロ・トリオMichele di Toro Trio 「il passo del gatto」

[白の世界]
        雪中撮影行 2019  (2)     

      ~別室 「瞬光残像」https://photofloyd.exblog.jp)と連携

 今年の冬期は既に2月末から春の気配が感じられ、雪国でも降雪量は例年より少なく異常な天候であったと言える。日本各地でも桜の開花は例年より早く予報されていて既に開花の始まった地域もある。
 そんな中でも、まだ例年であれば3月前期は雪国では「雪の世界」であって、「白い世界」が当然と言うことで、今年2月に撮影した一部を続けることにする。

Dsc06053trbww

[6] 「外柔内剛-3」  見た目は弱々しいが、実は強い意志を持っている。

                                          *

Dsc06840trbww3

[7] 「剛毅朴訥」 意志が強く武骨で無口な様子
    騒ぐ様子もなく冬季には葉を落としじっと耐えている木々の意志の強さを感じる。

                                             *

Dsc06636trbww

[8] 「宏大無辺」 広々として限りのない様。

                                            *

Dsc06661trbww

[9] 「堅忍不抜」 我慢強く耐え忍んで、意志を貫き通すこと。

                                          *

Dsc06850trbww

[10] 「独立自尊」 他の援助に頼らず自力で行うこと。自己の尊厳や品性、人格を保つこと。

                     (画像はクリックにて拡大)

(撮影機材)
CAMERA : SONY ILCE-7M3
LENS : ZEISS Vario-Tessar FE4/16-35 ZA OSS,    FE4/24-105 G OSS
FILTER : Kenko PRO1D  C-PL(W)

     *        *        *        *

<今日のJAZZ>

ミケ-レ・ディ・トロ・トリオ
Michele di Toro Trio 『il passo del gatto』

Abeat for Jazz / Italy / AB JZ 045 / 2007


Ilpasso2

Michele Di Toro (p)
Yuri Goloubev (b)
Marco Zanoli (ds)


List


Trio 昨年一月に、ここで取り上げたイタリアのピアニストMichele Di Toro のトリオ作品。これは2007年のアルバムである。
  昨年末の寺島靖国の『for Jazz Audio Fans Only Vol.11』に、このアルバムから"Ultimo giorno in Via Palazzi"が選ばれており、現在手に入る彼らのアルバムでは、これのみ手持ちになかったので取り寄せて聴いている。相変わらずテクニシャンぶりと斬新なセンスと抒情性を加味した素晴らしい演奏。曲にはベーシストYuri Goloubev の貢献も演奏と共に大きくしかも録音がこれ又良い。

(参照) ミケーレ・ディ・トロ・トリオのその他アルバム
       ①『PLAYING WITH MUSIC』(BA161CD/2017)
       ②『PLAY』 (ABJ2134/2014)
     (http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/jazz-bar-2017.html

(評価)
□ 曲・演奏 : ★★★★★☆
□ 録音   : ★★★★★☆

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

フレッド・ハーシュ・トリオFred Hersch 「FRED HERSCH TRIO '97」

ハーシュ“人生を変えた一週間”の記録

 <Jazz>

Fred Hersch   Drew Gress  Tom Rainey
「FRED HERSCH TRIO '97 `@ THE VILLAGE VANGUARD 」
King International / JPN / KKE9003 / 2018
97w

Fred Hersch (piano)
Drew Gress (bass)
Tom Rainey (drums)

Recorded July 18, 1997 at The Village Vanguard

   抒情派ピアノの名手と言われるピアニスト、フレッド・ハーシュFred Herschが、自己の当時のレギュラー・グループで初めて米ニューヨークの名門ジャズ・クラブ“ヴィレッジ・ヴァンガードThe Village Vanguard”(1935年オープン)に出演した1997年の記念すべき演奏がリリースされた。このジャズ・クラブは歴代のジャズ・メンが名演・名盤を残してきた場所だけにハーシュもかなり意識しての出演であったようだ。

  このアルバムは、もちろん未発表音源で注目されたものだが、このジャズ・クラブでの演奏は、ハーシュはそれ以前にも出演依頼があったらしいが、納得出来る状態での出演を期していて、これは遂に彼自身が自信を持っての7年熟成したトリオとして臨んだものらしい。それはピアノもお気に入りのスタンウェイを運び込んだという気合いの入れ様だったという。“人生を変えた一週間”と彼が称する貴重な公演の収録したものと評価されている。

Fh1w(Tracklist)

1. Easy To Love (Porter) 9:50
2. My Funny Valentine (Rodgers) 10:06
3. Three Little Words (Kalmar / Ruby) 6:00
4. Evanessence (Hersch) 5:47
5. Andrew John (Gress) 7:36
6. I Wish I Knew (Warren) 5:48
7. Swamp Thang (Hersch) 5:44
8. You Don't Know What Love Is (Raye / DePaul) 7:28

<日本盤ボーナストラック>
9. The Nearness Of You (Carmichael / Washington) 9:43

 歌心があり詩情豊か、そして耽美という彼の演奏かと思いきや、もちろんそのパターンは十分認められるが、それだけでなく力強いアップテンポの曲も織り交ぜての充実感あるライブであったことが解る。

 アルバム冒頭のM1."Easy To Love "は、彼の得意の抒情性というものでなく、実際のクラブでの演奏順とは異なると思われるが、ジャズ・トリオの楽しさを前面に出したトリオ挨拶といったメンバーのめくりめくる充実の演奏の展開である。
 しかし、M2. "My Funny Valentine"は、ぐっと静かに物思いに耽るが如くのハーシュのピアノ・タッチからの展開で、おや、こんな曲だったかと思うくらいに美しいピアノの調べを堪能できる。 又ライブらしく中盤にはベースが流れを演出し、そしてピアノが締めくくるという楽しさも味わえる。
 このアルバム、おおよそ急そして緩の演奏を聴かせる多彩な曲を収録している。M3. "Three Little Words"、M4. "Evanessence"はどちらかというとハイテンポ。
 M5. "Andrew John"はぐっと落ち着いた深い叙情を感ずるパターンからスタート。これぞハーシュと言わせる美演奏。
 M6. "I Wish I Knew "の完成度も凄い。繊細さ、リズム感、ピアノタッチの美しさなどトリオとしての完璧な姿だ。
 M8. "You Don't Know What Love Is"は、このアルバムの最後を飾る曲だが、アップテンポにして三者の楽しそうな力強さが漲っている。
 嬉しいことに、この日本盤はボーナス・トラツクのM9. "The Nearness Of You" がM8と対比をみせてのバラード曲。日本人好みの美しいピアノの旋律が深く抒情的な世界に誘って余韻を残して終わる。  
(評価)
□ 演奏 :★★★★★
□ 録音 :★★★★☆

*
(試聴)
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »